*All archives* |  *Admin*

2018/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
きれいな心
保護っ子を新しいご家族のもとへ無事に送り届けた後は、まず保護部屋の窓を開け放って掃除です。

リビングに移動していたハンガーラックなども元の場所に戻して、トイレや食器も全部片付けて、急いでその子がいた気配を消し去ります。

後に残るのは元通りのガランとした納戸。

2018040903.jpg

「あなたはすごいわねー。別れるのが淋しいから私は絶対できないわ。」と言われることがあります。

別れは淋しい。それは当たり前。だれだってそうですね。

でも一歩ひいた目線でこうは考えられないかな?

私の最重要事項はあの子達が生涯幸せに暮らすことであって、私が淋しい思いをしないことじゃない。

2018040906.jpg

それに相手は元気で幸せに生きているし、時折幸せ便りだってくれる。

淋しさは時が経てば確実に薄れる。

なにより彼らの幸せのスタートをサポートできたことは自分だけの勲章になって、胸の奥でずっと光を放っています。

この勲章の重みと輝きは手にした人だけが感じられる。

もしも何かしたくて、でも始められずに迷っているのであれば、ぜひ一歩、近づいてみてください。

2018040909.jpg

柊は出発の前々日からは、私の布団に上ってきて短時間ではあるけれど添い寝するようになりました。

本当によくがんばってここまできたねえ。卒業の準備ができたね。

とか言ってたら当日はやられた。

というより私が未熟なばっかりに、つい気配を出してしまって、まあ~部屋中逃げる逃げる。

2018040911.jpg

お迎えにいらしてくださった里親さんをしばらくお待たせしての捕獲劇です。

でもね、押し入れに逃げ込んで奥にはりつきながら必死の反撃をしていた柊でしたが、最後に私が膝を正して「柊、がんばれ。行こう。」と静かに言った時、彼女がそれをたしかに理解したことを感じました。

こんなことは一度もなくて、病院の時も苦労したし、今回も大暴れと多少のひっかき傷を覚悟していたのですが。

静かにだっこされてまるで抵抗せずにキャリーに入ってくれました。

拍子抜けすると同時に、仮かあちゃん、誇らしさで胸がいっぱいになったよ。柊。

2018040905.jpg

里親さんのお家の窓やリビングと廊下の境などには奥様お手製のワイヤーネットの柵が設置されていました。

頑丈に作られた柵をしっかりと取り付けてあって、小柄でかわいらしい女性ひとりがほんの数日間で仕上げたものとは信じられない、それは素晴らしい出来栄えなのです。

なんてたのもしい!

2018040902.jpg

柊のために新調してくださった天井まであるキャットタワーも!

柊、キャットタワー大好きだけど、いつも独り占めできなかったもんね。喜ぶだろうな。

先代の猫ちゃんたちの写真にはおやつやアートフラワーなどをお供えして、今も共に過ごしていらっしゃいます。

私もご挨拶して「新入りをよろしく頼むね」とお願いしました。

2018040907.jpg

柊はさっきの神妙な覚悟もどこへやら、車の中では文句言いっぱなし。

お部屋に入って隠れ場所のクロゼットでキャリーから出した時も「にゃー!にゃー!にゃーーあーー!!」

最後の「にゃーーあーー!」の言い方が、たとえば女の子が男の子にいじめられて言う「も、やーだー!」みたいなイントネーションで。

かわいかったなあ。

2018040910.jpg

私がありがとうとさよならを言う間もずっと大きな声で鳴いて聞いてもくれないんだから。

でもわかってます。

うちに来た時の鳴き声と全然ちがう。

確かに恐がってはいるけど、その度合いが全然ちがう。

2018040904.jpg

柊、最後のおうちだよ。

最後のもうひとがんばり。

その後はもう安心と幸せばっかり。

いつか天国に行くまでずーっとだよ!

2018040912.jpg

帰り道にふと寄ったタリーズコーヒーでまたあの本に出会えました。

以前にもこの記事で書いたけど、もう6~7回は買った本です。でもその度に誰かにあげたくなってしまう。

この本はほぼ絶版に近い状態なので、置いている店はもうほとんど無いのですが、どういうわけか私は縁があって、手離しても次の一冊に必ずめぐり合うのです。

2018040913.jpg

主人公の猫ちゃんの生き方が私のあこがれです。

こんな風に、ただきれいな心で生きたいです。

そういえばこの子も、まるで柊みたいな黒白のハチワレだったね。

外で生き抜くための武装を解いた柊は、素直でやさしい、きれいなきれいな心の女の子でした。

2018040908.jpg

出会った時、駆け寄ってきてくれてありがとう。

名前を読んだらかならずお返事してくれてありがとう。

膝の上で喉を鳴らして、優しい重みでうとうとしてくれてありがとう。

2018040411.jpg

柊が来てくれて、本当に楽しい3ヶ月半でした。

卒業おめでとう、柊。

ずっとずっと幸せに。

2018040901.jpg








わたしはねこです。
わたしはねこです。

名まえはひいらぎというらしいです。

クリスマスイブに仮かあちゃんのおうちに来たからって。

2018040415.jpg

いつからかわたしはお外でくらしていました。

気がついたときにはひとりぼっちでした。

ちょっとはなれた所にいるねこたちには、まいにちごはんをもって来てくれる人がいたみたいだけど、わたしのところには来ませんでした。

でもわたしはかわいいので、いろんな人がいろんなたべものをかわりばんこにくれて、おなかが空くことはそんなにありませんでした。

小川の水はつりの人が、なんだっけ、まきえ?それをたくさんするのでとてもよごれていますが、いつもそれをのみました。

そこまで行くのがたいへんなときは、道の水たまりの水をのみました。

小川よりもっときたなかったけど、のどがとってもかわいていたから。

2018040402.jpg

だれも来てくれなくておなかがすいた時は、大きな道をわたって人のおうちがたくさんある方にも行ってみました。

車がびゅんびゅん来るのでとてもこわかったですが、ゆうきを出して走ってわたりました。なん回も。

もう冬だったのでとてもさむくて、とくに夜はどこもかしこもつめたくて、どんなにさがしてもあたたかいところなんてなくて、おなかもすくし、おかあさんやきょうだいはどこにいっちゃったんだろうとか考えたりしてさみしいときもありました。

どうしてかわかりませんが、わたしはねこの友だちができなかったのでいつもひとりでした。

あ、時々、ねこが来ましたが、それは私のごはんをとるため。ごはんがあるところから私をどかそうとして、ぶたれたりおいかけられることもありました。

でもわたしは生きていくのでがんばりました。

こわくてもさむくてもまいにちがんばりました。まいにち。

2018040403.jpg

ある日、犬と出会いました。さいしょからその犬が大すきになって、おさんぽに来たら、いつもずっとついていきました。

犬は女の人といっしょに来て、その人もわるいやつではなさそうでしたが、わたしは犬の方が好きでした。

犬と女の人はわたしとしばらくいっしょにあそんだり歩いたりしたらおうちにかえります。

わたしはれいぎ正しいので、安全ちたいのはしっこまでついて行って、2人が見えなくなるまでおすわりしておみおくりしましたよ。

ちょっとさみしいけどがまんして見えなくなるまで。

そしてちゃんとご飯をたべてお水をのんで、おしっこもして、さむかったけどひとりでねむりました。まいにち。

2018040404.jpg

でもある日そんなまいにちが変わりました。

ずっとお外にいたので、おうちというのはなんだかせまくてどこにも出口がなくて、そこにとじこめられてどんないたいことをされちゃうんだろうととってもこわかったです。

ねむっている間におなかを切られたみたいでシクシクします。

でもにげなくてはいじめられるかもしれませんから、いたいけどすごく高いホンダナというやつにひっしでよじのぼってかくれました。

そしてシャーシャーしたりパンチしたりして、わたしはこわいんだぞというのを見せつけてやりました。

いわゆるあれです。おとといき来やがれ!というやつです。

2018040405.jpg

でもひとりになるとこわくてかなしくてニャーンニャーンと鳴いてしまいました。ずっとずっと鳴いてしまいました。

だけど朝と夜がたくさんすぎたら、あれ?なんだかどうやらおうちはいごこちが良いようだぞ?ときがついたのです。

だれもわたしをいじめないし、ごはんもきれいなお水もいつももらえて、時々はちゅ~るというおいしいやつもなめられます!あぁ♪ちゅ~る!

おもちゃもあって、犬もいるし、はじめてのねこのともだちのマコにいちゃんもいます。

2018040408.jpg

女の人の名前は仮かあちゃん、おひざにのるとなでなでとかブラシというやつもしてくれて気持がいいので、まあのってやってもいいかな。なんてね!

しばらくへいわな日々がつづいて、わたしはなんだかおうちもいいな~、このままずっとおうちでもいいな~と思うようになりました。

おるすばんもよくねむれてわるくないけど、人といるほうが好きになりました。

でも仮とうちゃんはまだちょっとこわいです。

2018040407.jpg

そんなこんなでくらしていたら、ある日べつの女の人と男の人がやってきました。

わたしは知らない人はこわいので、おしいれのベッドにかくれていました。

しずかにかくれていましたが、「ひいらぎ~」と呼ばれるとおへんじはしてしまうのがわたしのいいところです。

2人の人は仮かあちゃんといろんなお話をしていました。

2018040412.jpg

2人のおうちにはきょねん?人のじかんでいうと1年まえまでずっとながくかぞくだった2匹のねこがいたそうです。

どちらも年よりになるまでみんなでなかよくくらして、3月と6月に天国に行ったって。

2番目のねこはわたしとおなじくお外でひとりでいた子だったそうです。

ひろった時からびょうきで体がじょうぶじゃなかったけど、大じに大じにおせわしたから長生きしたんですね。

今も2匹を大すきだし、ずっと大すきだけど、なんですか?インターネット?なんかそのよくわかんないところでふとわたしを見つけて、仮かあちゃんの日記もよんで、2人のそのきれいなあいじょうをもう1匹分ふやそうと思ったんだって。

2018040409.jpg

あいじょうって2匹が3匹になってもへらないの。ふえるばっかりなんです。

わたしたち犬やねこは人よりそういうことをよくわかっているのです。

べつにふだんから「あいじょうとはなにか」とか考えるわけじゃないんだけど、どうしてかわかっているのです。とてもたしかに。

2018040406.jpg

女の人はおしいれをそーっとのぞいてちゅーるをくれました。

はながわたしと同じピンクいろで、目から時々ちょっと水がでました。

仮かあちゃんと天国の子たちのお話をしたり、わたしに会いたかったことや会えても仮かあちゃんにダメと言われたらどうしようとしんぱいでドキドキして来たけど、仮かあちゃんが思っていたよりおバカだったので安心したり、そういうのがみんなごちゃまぜになって水が出たそうです。

きもちわかります。

2018040410.jpg

はじめてだったからちょっとこわかったけど、女の人はなんだか仮かあちゃんとおんなじようなしゅるいのにおいがしました。

仮かあちゃんよりずっとかわいいけど、そういうことじゃなくて、なんだかどこか同じかんじ。

かわいくておしゃれなだけじゃなくて、えーと、そうそう、DIY!それがとくいで、ねこがあんぜんにくらせるようにおうちをかいぞうするんだそうです。

あれ?でもねこはいないはず。

あたらしいねこがくるのかな?

2018040414.jpg

わたしもこんしゅう末は車でおひっこしだそうです。

ちょっとこわいけど、がんばってみます。

どこに行くのかな。

あの女の人と男の人みたいな人のおうちでありますように。

ずっとずっと、いつか天国に行く日までいっしょに生きてくれる、本当のかぞくがいる本当のおうちでありますように。

2018040401.jpg





柊の里親さん募集を開始します。
3月17日追記

里親さん募集をいったん停止いたします。


柊は私が保護/預かりした中では、人との暮らしにおそらく一番慣れていない子でした。

クリスマスイブにやって来て、それから約3ヶ月。

自分の猫生に突然降ってきた大きな変化を受け入れようと、一生懸命がんばってきてくれました。

2018031306.jpg

人の傍らにいることを好きになり、家の中に人の気配を感じると鳴いて呼びかけてきます。

最近は押入がお気に入りで、よく中で寝ていますが、「柊~♪」と呼ぶと「にゃーん」とお返事して出てきてくれます。

その時のちょっと急いで顔をのぞかせてくれる感じがなんとも健気でかわいいのです。

2018030311.jpg

頭で私の手をそっと押して「撫でてほしい」とおねだりし、撫でられながらこちらをうれしそうに見あげたり、遊びの誘いにも応えてくれるようになりました。

そういえばいつのまにかパンチも全然されなくなったなあ。

2018031305.jpg

部屋中逃げまどって悲しい声で鳴いていた子が、3ヶ月でこれだけ進歩できました。

でもこれはまだまだ序章。

若い柊の伸びしろは無限大です。

本当のお家に行ったら、もっともっと伸びるはず。

2018031304.jpg

柊は器用な方ではないし臆病なのに、次のご飯もお水も保証などない凍える寒さのお外でたったひとり生きてきました。

毎日さぞ気を張り続けてきたことでしょう。

そしてまた今、人との生活に慣れようと毎日がんばってくれています。

2018031308.jpg

新しいお家に行ったら、またちょっと後戻りしてからもう一回がんばりなおさなくてはなりません。

お膝に乗ってきてくれるまで3年かかったという子もいます。

柊はお膝は2ヶ月半でしたが、家族ではまだ私にしか慣れていません。

2018031307.jpg

家のどこでも、家族の誰とでも本当にリラックスできるようになるには、平均的な子より少し時間がかかるだろうと思います。

でも臆病で用心深いからこそ、さまざまな危険があるお外で生きてこられた。

もう日なたでお腹を見せてぐうぐう眠っていいんだと理解するには、そりゃ時間がかかるよね。

2018031309.jpg

ただ、私の見てきた限りでは、犬猫たちはどこかでちゃんとわかっているようなのです。

今いる保護宅は仮の場所で、最後に行く所が本当のお家だということを。

もうがんばらなくていい場所になることを。

2018031311.jpg

だから卒業生たちはみんな、我が家にいる時の倍のスピードで本当のお家と家族に慣れていきました。

動物との人生にはきっと完成形など無く、本当の答えは最期のお別れの時にわかるのでしょう。

答えを急ぎ、「なつかない」という理由で手離すことは、後に手にできるはずのかけがえのない宝を自ら捨てることだと私は考えます。

2018031310.jpg

シャイな彼女のすべてを笑って受け止め、その成長を長い目で見守ってくださる大らかな「家族」のご応募をお待ちしています。

里親募集サイトでも公開しますが、このブログからも応募を受け付けます。

2018031303.jpg

コメント欄の「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れた上でメールアドレスをお知らせください。

折り返し応募用アンケートをお送りします。

募集用データは以下です。どうぞよろしくお願いします。

2018031301.jpg

仮名 : 柊
性別 : メス
年齢 : 1歳~1歳半(医師推定)
体重 : 3.5kg

・白血病・エイズ陰性
・避妊手術済み
・3種ワクチン接種済み
・駆虫済み。
・血液検査異常なし。

性格 : 恐がり 健気
チャームポイント: よく動く美しいしっぽ、桜色の鼻、顔も体も目も丸いところ

2018031302.jpg









柊のジャンプ!
家に来たばかりの時の柊は、自分の身に何が起きたのかわけがわからず、不安で不安でずっと鳴いていました。

でも鳴き声はいつのまにか小さくなり、時々になり、今ではお腹がすいた時とだれかと一緒にいたい時ぐらいになりました。

2018030301.jpg

マコとはなかなかうちとけませんでしたが、どうやら食べ物や場所を奪ったりする相手ではないことを理解したらしく(ほんとはたまに奪う)、最近は一緒に過ごせるようになりました。

この子は1匹飼い向きかな~とはじめは思っていましたが、どっちでもいけそうです。

2018030308.jpg

マコが保護部屋に入っていくと、柊はほふく前進でするするっと進んで、マコのアゴの下に自分の頭をなかば強引にさし入れます。

「なめてなめて~♪」です。

2018030309.jpg

マコはお兄ちゃんですからちゃんとなめてあげます。

でもだんだんそれが甘噛みに変っていき、互いに手足も出はじめて、結局最後はポカスカやっています。

2018030307.jpg

今までマコが面倒をみていたのは仔猫か仔猫に近いサイズの子達ばかりだったのですが、柊は女の子の中ではどちらかというと大柄なので、マコも仔猫相手ほど手加減はしていません。

なので二匹がとっくみあっているさまはちょっとばかり痛そうで危なっかしかったりもします。

2018030305.jpg

コチ丸にも相変わらずまとわりついて嫌がられていますが、人間も好きになった分気持が分散されたのでしょうね。

前ほどしつこくはなくなって、その代わり私の方にやってきてくれます。

たいてい体のどこかしら一部を私にくっつけて寝そべっていますが、ダッコはまだできないんだな~。

2018030306.jpg

手足が宙に浮くのがダメみたいです。

でもだったらお膝はどーお?と抱き上げて乗せてみました。

持ち上げて膝に乗せるまでの数秒は動揺してバタつきますが、乗ってしまったら、あれ?

2018030302.jpg

ゴロゴロ言い始めて、そのままフセの姿勢でずっと乗っているではありませんか!

頭や背中を撫でてやると、時折機嫌の良い表情で振り返って私の顔を見上げます。

やった!

いけたよ!

2018030312.jpg

この間なんて、自分からジャンプして乗ってきたんです~!

その時はそのまま反対側にすぐ飛び降りてしまったけれど。

「素通りかい!」と思わずつっこんでしまったのは言うまでもありません。

2018030303.jpg

でもすごい。

すごいね柊♪

仮母ちゃん、ちょっと感動しちゃったよ。

2018030311.jpg



友人がオーナーの手づくり猫首輪ショップ月猫堂。

このブログの読者の方もご購入くださったとのこと、本当にありがとうございました!

早く収益を出して寄付をすべく、日夜ちくちく努めています♪

これからもどうぞよろしくお願いします。






ウサギとブランケット
はじめは私がいる場所ではご飯を食べなかった柊。

今では私の後をリビングまでついて来て、控えめに入口付近でご飯待ちをするようになりました。

2018021301.jpg

用意の出来たお皿を持つ私を歓迎すると、いそいそと急ぎ足で一緒に保護部屋に帰ります。

そのままいつも彼女がご飯を食べるチェストの上にほいっと飛び上がって、私が目の前にご飯を置くのをワクワク見上げ、置くか置かないかのうちにお皿に顔を入れて熱心にハグハグ食べ始めます。

2018021302.jpg

今までの保護っ子達はリビングとの行き来を自由にしていましたが、柊はリビングには入れていません。

長女猫はるは元々ちょっと気難しくて、保護っ子の存在からストレスを受けやすいのですが、毎回ずっと我慢してもらっていました。

でも持病の状態がここのところ思わしくなく、できるだけ穏やかな気持で過させてやらなくてはならないので当面は仕方なく。

2018021305.jpg

リビングでは私が家事をしていても我が家の子達はなんとなく周りにいて、ちょっと話しかけたり、通りすがりに頭を撫でたりしてコミュニケーションを取れますが、そんな時柊はひとりです。

なので座り仕事は柊の部屋ですることにしました。

床にブランケットを敷いて、小さなテーブルでネットの作業をしたり、時にはちょっと横たわって休憩します。

2018021304.jpg

すると柊は私の脚に体の側面をくっつけてペタンと腹ばいになります。

背中の柔らかな黒い毛がピカピカで白い部分はふわふわです。

この姿勢は「撫でて~」です。

ゴーロゴーロと喉を鳴らして、頭をちょっと反らせて、気持良さそうに撫でられています。

2018021308.jpg

時々満足そうに私の顔を見上げたり、立ち上がって私のわき腹の横に移動したりします。

そしてついに顔の横にも寝そべってくれました!

猫は心を開いている相手ほど、その顔の近くで寛ぐと聞いたけどほんとかな♪

2018021307.jpg

私がうれしくてついニヤニヤ見つめるので居心地が悪かったらしく、すぐまた脚方面へ移動してしまったのですが。

あ~失敗!今度は見つめないぞ!

最近はボール遊びを覚えて、楽しげに転がしたり追いかけたりもしています。

2018021306.jpg

それと私のウサギのぬいぐるみを気に入って、抱きついてキックしまくったり、長い耳をカミカミしたりしています。

先日ぬいぐるみを床に置いたまま部屋の外に出て、しばらくしてから戻ってきたら、無い。

と思って探したら、柊のねぐらの中にありました。

2018021311.jpg

あら柊、連れ込んだのね。

けっこう大きくてそんなに軽くもないのですが、チェストの上までがんばって運んだのねえ。

すみっこの方で毛布を掛けて大事に隠してあったけど耳が出てたよ♪

2018021309.jpg

毛布の上で添い寝しているウサギと柊はやたらとかわいらしくて。

でもこのままだとあっという間にボロボロになるんだろうな。

仮母ちゃん、それけっこう大事にしてたんだけど、あきらめなきゃダメかしらねえ。やっぱり。

2018021310.jpg


2月22日(木)はニャーニャーニャーのねこの日。

友人がオーナーのネットショップがオープンします。

私もお手伝いをしています。

t_P2144209.jpg

ねこ首輪をメインにしたハンドメイドグッズのお店で、収益の一部を継続的に犬猫保護活動団体や個人に寄付していきます。

開店日以降はこのブログからもリンクしますので、もしよかったら覗いてみてください。




プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:

ハンドメイドねこ首輪 月猫堂
猫とのくらしを始めたい相談
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる