*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三毛ちゃんのこと 1/4
ここのところしばらく譲渡活動を休止して充電中で保護っ子がいないので、いわゆるうちの子ブログになっちゃってますね。

コチ丸捜索が始まる直前にアップ予定だった記事が1年近く眠っていたのを発見しまして、それも結構な長編なので最後まで読んでくれる人もいないかもしれませんが、4回に分けて掲載しておきます。

2016120406.jpg

それは私がまだボランティアを始める前、知識も常識もまるで無かった頃の話です。

時は真夏。長女猫はると暮らし始めて半年ほど経った頃、茶トラ・オスのまこがやってきました。

まこはまだ5ヶ月のやんちゃ盛り、はるはそれまで一人っ子のお嬢様でやや神経質、2匹はなかなか折り合わず、毎日ケンカを繰り広げていました。

今の私ならどうということはない、その内うまくいくよぐらいの感じで見ていると思いますが、経験が圧倒的に不足していたその頃の私は、この先どうなってしまうのか毎日悩んでいました。

2016120408.jpg

そんなある日、自宅近くのビジネスホテルの玄関前あたりで1匹の猫に会いました。

小柄で丸顔、三毛だから女の子。片側3車線の広い街道沿いで、トラックもびゅんびゅん通り過ぎている場所です。

そしてその日からほぼ毎日顔を見るようになりました。

ホテルの残飯が目当てなのか、日陰が心地良いのか、時々敷地内の屋根付き駐車場隅の植え込みにいる時もありましたが、おそらくそのたびに従業員に追い出されているようでした。

真夏の炎天下、裏道ですらなく、わざわざ日陰も無くて車が危険な街道側に。

その翌年の雪の日、まったく同じ場所でうずくまっていたケンにも会うことになります。

2016120409.jpg

その三毛ちゃんは人を信用しておらず、そばには来ません。無理に捕まえようとしたら車道に出てしまうかも。

どうにかしてやりたい。

でも今うちの中はめちゃくちゃだし、その上そこにもう1匹をを入れることはできない。

その時はそう思いました。

捕獲などの方法もその時点ではまるで知らず、何をどうしたら良いのかわかりませんでした。

そこでたまたま知り合った、ベテランのボランティアさんに相談してみました。

2016120407.jpg

するとわざわざ捕獲に来てくれ、しかもご自宅で保護するとおっしゃってくださったのです(医療費や交通費などは私が負担した上で)。

暑い中捕獲器をしかけ、三毛ちゃんが入るまで私と一緒に何時間もその場で待ってくださいました(捕獲器は放置してはいけません。もし猫がかかっていた場合、逆に虐待目的の人の恰好の標的になるからです。信じられない事ですが、そのままいたぶったり水の中に入れたりされた例がたくさんあります。)。

三毛猫は賢いとよく言われるように、その子はなかなか入ってくれず、捕獲は1日では成功しませんでした。

でも幸いにも2日目で入ってくれました。あの、安心と同時に胸の痛む、ガシャンと扉の閉まる音をたてて。

次回に続きます。

2016120404.jpg



PEACE TAILS2016年最後の犬猫譲渡会

12月17日(土)14:00-17:00

会場は、いつもの横浜市都筑区はCafe OREOです。

2016120405.jpg

アンティーク調の素敵なカフェで犬猫たちとゆっくり触れ合うことができます。

ご来場いただいた方にはワンドリンクサービス♪

詳細はこちらをご覧ください。 → PEACE TAILS


犬の尊厳、人の尊厳
先日すれ違った、勢いよく自転車を飛ばしていた小学生。

後ろから「気をつけて行きなさいよー!」と叫んだお母さんに返した一言がなんだかすごく気に入ってしまって。

2016091402.jpg

「気をつけて行くかも~!」

あなたの希望はわかった。そうした方がいいこともわかる。だけど約束はできないな~。の意味を含んだ上で先方が怒れずに笑ってしまうという絶妙な言い回し。

うまい。

話は変わります。

2016091401.jpg

夫とコチ丸と隣駅まで足をのばしたある夕方、1組の飼い主と犬が私達の前を通り過ぎました。

飼い主は中年の男性。早足でどんどん歩きながら携帯電話で誰かと会話していました。

犬は小さなトイプードル。そのスピードについて行けず、ほとんど首を吊られたような格好で一生懸命小走りに前進していました。

男性は話に夢中だからなのか犬の方をまるで振り向きませんでしたが、急に立ち止まりました。

でも変わらず犬には一瞥もくれないまま話を続けています。

2016091404.jpg

犬は、それまでガマンしていたのでしょうね。ちょうどそこにあった植え込みで急いでウンチの体制に入りました。

でも用が済む前に男性はまた歩き出したのです。

犬は当然排泄したものをお尻からこぼしながらまた必死で小走りします。

2016091403.jpg

私は思わず「ひどい!」と大声を出してしまいました。

となりを見るとそこにいたはずの夫はおらず、すでに男性に追いついて肩を掴んで振り向かせ、点々と落ちている排泄物を指差していました。

男性はしぶしぶといった感じでそこまで戻って片付けましたが、その間も電話は切らずに話し続け、片付け終わってもまだ話しながら行ってしまいました。

私達が本当にしてほしい事は片付けなんかじゃなくて、もっと大事なことだった。

2016091407.jpg

あー、なんで! 

なんで私達二人とも「電話中の人には話しかけてはいけません」という子供の頃だかいつだかの教えを無意識にバカみたいに守ってしまったんだろう。

かまわず言えばよかった。

「その子の尊厳を守ってやってください。」って。

そして、その子が自分の家族になった縁を、今日も一緒にいられる幸せを想い、散歩中ぐらい電話を切って、手をつなぐように会話をするように歩けってんだこのバカ。って。

あら、私ったら行儀が悪い。

216091405.jpg

バカの頭に「お」をつけるのを忘れたざます。

相手が犬でも人間でも、その尊厳を思い図れないってことは、ご本人もきっと尊厳などお持ちではないのでしょうね。

でももしかしたら男性のご両親に何かあったとか、緊急の知らせで頭が真っ白だったのかもしれませんね。

今度会っても同じようにしていたらその時は話しかけてお願いしてみます。

もちろん先ほどの罵倒は心の声であって、実際はもっと平和的にお行儀よくする・・・

かも~。

2016091406.jpg



思わぬ見つけ物
横浜市南部はコチ丸の目撃情報が多い地域のひとつです。

2016032212.jpg

私はそこをしょっちゅう歩き回っているおかげで、「幸か不幸か」と言うのか「不幸中の幸い」と言うのか、ところどころでささやかな「和み」も見つけたりします。

先日書いた人々の温かい気持ちはもちろん、夜明け前の空に浮かんだ白く輝く三日月や、晴天の神社の境内で豊かに香る沈丁花の花、あるいはお腹が空いて立ち寄ったパン屋さんの焼き菓子がびっくりするほど上出来だったり。

2016032210.jpg

コチ丸はどういうわけか急な傾斜の住宅地ばかりを行き、追いかける方はたまったものではありません。

捕獲道具や大量のチラシなどで荷物もとても重いので、足腰はもちろんですが肩と背中がガチガチになります。

そして小高い場所の住宅街って、荷物を置いたり腰を下ろす場所はまるで無いことがほとんどです。コンビニはおろか公園すらも意外と無い。

2016032205.jpg

ここのところは暖かくなりましたが、それまではさらに厳しくて、3分間でいいから暖房のある場所に入りたいとしばしば夜道で願いました。

でもつい先日見つけたのです。ある丘の上の、例によって何もない住宅街の中に小児専門の大病院があり、そのロビーの一角にTully'sコーヒーが支店を構えていることを。

このありがたさは尋常ではないのです。私にとって。

2016032207.jpg

物理的にはもちろんだけど、コーヒーショップってある意味「心の支え」になる時がありませんか?

気持ちを休めたり、リセットしたり、スイッチを切り替えたりできる場所。この感覚を正しくおわかりいただける方、きっと多いと思います。

さらにこれが小児病院にあるというのがまたすごいと思いました。

2016032209.jpg

この世の中に、期限が来れば開放されるトンネルと、期限など無く先の見えないトンネルがあるとしたら、コチ丸探しは後者。

重い病気の家族を持つのもまた後者で、特にそれが自分の子供だったら、そのつらさは計り知れません。

周囲には普通に、子供には笑顔で。だけどやりきれない思いや疲れでいっぱいの時もあるでしょう。

2016032206.jpg

そんな時、ちょっと一人になって温かい物を飲み、パンパンに張っているだろう翼をつかの間でも休ませる場所があったらきっと救われるだろうと思って。

おひとり様の男性、女性、お母さん待ちのお父さんと弟妹や、面会に来た家族と車椅子の女の子。いろんなお客さんがいました。

みんなそれぞれ苦しみや悲しみを抱きながらもちゃんと前を向いて歩いているんだなあ。と感じ、おまえもしっかりしろと励まされた思いがしました。

それにしてもここ、もっと寒い時期から知っていたかった。

2016032211.jpg

もう一つ見つけた物があります。タリーズには独自の絵本大賞があって、毎年入選した作品を実際に発行・販売しています。

その中にはしもとみおさんの「神様のないた日」という1冊があります。

2016032202.jpg

ずーっと以前、カフェラテ待ちのカウンターで何気なくそれを手に取って最後まで読み、人のわんさかいるその場所で大泣きしたという世にも恥ずかしい過去があります。

その時に店員さんと「これいいですよねー」と手を取り合わんばかりに言い合って1冊購入しました。

後日、お世話になった恩人にプレゼントしたのですが、やはり自分の手元にもあってほしくてもう1冊買いに行きました。でも売り切れ。

2016032208.jpg

以来ずっと何年も、支店と見たら訊ねて探していましたが、どこも完売で、増刷の予定も無いとのこと、もう入手はできないとほぼあきらめていたものです。

それを今になって、この陸の孤島のような支店で2冊見つけました。

本当は2冊とも買占めようと思ったのですが、誰かと分かち合いたくて1冊だけにしました。

2016032203.jpg

この本でどうして泣いたかというと悲しいとかじゃなくて、主人公の猫ちゃんがあまりにシンプルできれいな気持ちを持っていたから。こんな風に生きたいとあこがれるような。

後に残ったもう1冊を手に取る人が、その本から明日への力をもらえますように。

2015111618.jpg


おまけ。里親さんが励ましのメッセージとともに送ってくださった、グリム改めポチ丸のかわいいお顔をどうぞ。

2016032201.jpg


今年も終わり。
12月になると私が勤めている会社の玄関ホールに電飾のオブジェが出されます。身体が乳白色に輝く、つがいのトナカイです。

トナカイなんだけど雌の方は角が無くて、白くほっそりと優しげな風情で、私の目にはメイに見えるのです。

101903.jpg

去年の12月にメイが我が家を卒業した直後はバカみたいなんだけど、また会えたような懐かしい気持ちで、毎日退社時に少しの間立ち止まって眺めていました。

2015031701.jpg

あれからもう1年。ほんとに早いな。歳を1歳とるごとにどんどん早くなるってほんとよね。

もう今年も終わりです。

私はいつもここでエラそうなことを書いていますが、本当にちっちゃなつまらない人間です。

2015032904.jpg

この活動について、時には「万年寝不足だし、友達と約束もなかなかできないし、お金かかるから自分の欲しい物はガマンだし、それにどの子も行ってしまう。」とか文句も言いたくなります。

でも「もういやだ、やめたい。」と思ったことは無いのです(もちろんいつかは引退したいですが)。

2015040203.jpg

ボランティアを始める前の私は、そこそこ幸せだったけどその反面「私は今まで何やってたんだろう。」という思いがいつも胸の奥にありました。

日々努力を重ねながら一生懸命生きて、何かを極めたり成し遂げている人を見ると特に、その気持ちは強くなりました。

2015073005.jpg

人生の密度も重みもまるで違う。それをただうらやましがりながらこのまま死ぬまで暮らしていいのか自分???

そんな風にあせったり、それでもグータラな私はまだ何もせず、彼らが味わうような充実感や幸福感を得ることは無かったし、これからも無いだろうと思っていました。だって私は特別な才能が無いからと。

2015073008.jpg

何か大きな事件や事故などが起こるたびに「悔いなく生きなきゃ。」「悔いなく生きよう。」と思い、またすぐ忘れ・・・の繰り返し。

でもボランティアを始めてからはいつのまにかそのループからさよならできたみたいです。

2015092706.jpg

規模は小さくとも、自分にとっての精一杯を「今度」じゃなく「今」やるだけで充分だったんだなあ。人と比べる必要なんて無いし、才能がどうたらとかそんな話じゃ全然なかったんだ。

「まあまあ悔いなく生きれたかな。」そんな風に思って1年を締めくくれるなんて、私にはそれで十分です。

今までそう思えたことなんて無かったから。

2015092402.jpg

私のやり方だと、残念ながらこれ以上スピードを上げたり手を広げたりはできそうもありません。

過労死か破産のどっちかになっちゃう。もしくはその両方。

来年もこの質素で手作りチックな小さい場所でモタモタと、でも自分が納得のいく保護と譲渡をしたいと思います。

2015121508.jpg

そしてもしも、このブログを読んで「私もやってみよう」という方が一人でもいらっしゃったら、それよりうれしいことはありません。

1年に1頭だってすごいんですよ。100人いたら100頭!!なんてすごいんだ!

2015120820.jpg

今年も読んでくださってありがとうございました。

大方の人はきっと笑顔の下に、哀しみや責任や償いたい事なんかをそれぞれ抱きながら生きていると思います。

みんな1年間がんばりましたね。本当におつかれさまでした。

来年の今頃も、みんなが「良い年だったねぇ。」と言えますように。

2015120809.jpg


ネット断食
週末断食とかデトックス断食とか、または化粧断食とかいろいろありますが、私この2週間ほどネット断食をしてみました。メールチェック、メッセンジャーを使うことはしましたが、それ以外はほとんど見ませんでした。

そして自分がいかにネットに依存していたかを実感しましたね。もちろんボランティアをしている限り必要なので、これからも続けますが。

t_NEC_2128.jpg

私は器用と思われがちですが、とにかく不器用でグズです。特にネット上の作業には相当な時間を取られます。動物たちのために何かしたくてやっているのに、その間我が家にいる動物たちはほったらかし。なんだか本末転倒です。

そして他の「やること」もできないから「やることリスト」はどんどん長くなり、何て言うんだろ、その時すぐにやれることが無かったとしても、いつもいつも「やることリスト」をチェックして、どうにかひとつでも消せないかと焦り、常に何かに追い立てられるような状態が続いている感じでした。

睡眠時間は足りず、会社でもいつでもずっと眠い。家の中は荒れますし、疲れてちゃんとご飯も作れない。そうじも減る。身体に不調が出てくる。このだめだめループの中で無理やりふんばり続けても良い方へ行く事は何もないだろうと判断したので、この際、生活態度を見直して改めることにしました。

t_DVC00033.jpg

仕事は休めませんから毎日行きましたが、整体で腰を整え、自分で調理した野菜や発酵食品や玄米など中心の食事をし、ふだんできない片づけや壊れた物の修理などをし、腎臓の悪いケンを丁寧に看て、他の子たちともたくさん遊び、湯船のお風呂に入ってストレッチをし、睡眠は少なくとも6時間以上に増やしました。

それだけでしたが、ずっとガッチガチだった首と背中あたりの感じがずいぶんすっきりしました。カユカユだった肌もずいぶん良くなりました。いつもずーんと重かった胃も軽くなりました。今後も睡眠だけはちゃんと採るように工夫しなくては。

結局、自分を追い立てているのは他の誰でもなく自分だっていう事なのね。時には手を抜いたり、人に助けを求めたり、弱音を吐いたり、とりあえずその日は全部ほっぽらかしてとにかく寝たりとかした方がいい。

逆にやる事やる事の間に挟んでいるちょっとした無駄な時間を全部省いて用事をフルスピードで一気に終らせるとか。1日はどうしたって24時間より増えてくれることは無いんだから、うまくメリハリをつけ、調節をするしか無いですよねー。

103006.jpg

目の前に命の灯を見せつけられている最前線のボランティアの方は、もっとずっと計り知れないご苦労をされていると思います。365日まった無しで続き、その上、時には的の外れたバッシングや邪魔ををされたりする。それでも穏やかな表情で淡々と生きておられる方に何人もお会いしました。

私は彼ら彼女らの足元にも及ばない、ちっぽけなダメ人間で、時々このようにダウンします。預かり再開したらおそらくまたリズムは麻痺していくでしょう。でもそうしたらまた充電して、本当にわずかばかりですがお手伝いを続けていきたいと思います。

というわけで、たぶんもう少ししたら新しい子が我が家に来ることでしょう。またよろしくお願いします。

101501.jpg


PEACE TAILS の次回の譲渡会は8月29日(土)14時~17時です。 

場所は横浜市都筑区のCafe Oreoです。

おいしく安全なおやつでおなじみのなびすこずさんが、満を持してオープンされたばかりのそのカフェは、緑あふれる広大な公園の隣。美容と健康に良い厳選素材で丁寧に作られたおいしいお料理とドリンク。イギリスアンティーク調の店内は居心地良く過ごせます。もちろん犬も来店OK。

2015072704.jpg

譲渡会の最中は飲食のご提供はありませんが、ぜひご来場ください。今すぐには飼えないという方も、ボランティア志望の方も、保護動物・保護活動がどんな感じなのかを見てみるだけ、ご相談だけのご来場も歓迎です。

参加予定の犬猫はPEACE TAILS のウエブサイトをご覧ください。→  こちら

お待ちしています♪


プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。