*All archives* |  *Admin*

2017/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
カイトくんの飼い主さんからのメッセージです。
9月9日に無事保護されたカイトくんの飼い主さんからのメッセージです。(ぼくらはみんな生きているから引用しています。)

09104.jpg

カイトは8月30日午後6時ころ自宅付近で首輪が抜けて走り去ってしまいました。 この日はお散歩コースになっている公園でたくさん人が集まるお祭りが開催されていました。

走り去ったあとはこの公園を目指していたのかと思いますが目指した場所がいつもとは全く違う場所、そして、騒音、爆竹音、花火の音でいっぱいの場所に変わっていたため、カイトはパニックを起こしてしまったのではないかと思います。 さまざまな予期できない状況で、カイトにとってはより遠くに走らざるを得ない結果になってしまったのかなとも思います。

行方不明になって数日は目撃情報が全くなく、南へ向かったのか、はたまた北へむかったのか、西なのか東なのか・・・ 全くわからない状況に私たちの不安も募る一方でした。 周りは大きな公園や森、池、がたくさんありその中に身を潜めたら見つけることは不可能だとも思えました。

情報がポツポツと入り始めて、その周辺を捜索、ビラまき、している中、9月3日に大通りをはさんで東西に行ったり来たりするカイトが多数見かけられました。 こちらは自宅マンションから500メートル圏内。 マンションのすぐ下の通りを走っていたという目撃情報も寄せられました。

情報が動き始めたのが9月7日午前0時。 マンションエントランス前にカイトがいるのを夜間捜索に来てくださったボランティアの方が発見してくださいました。 名前を呼ぶと振り返り、そのまま走っていってしまいましたが、あれは間違いなく「カイト君だった!」と心強いお言葉に、カイトが自宅を発見したんだ!と思えるようになりました。

その後、カイトは毎晩、マンション内敷地に夜な夜な現れるようになりました。 毎晩、巡回に来られる警備員さんが防犯カメラでカイトの動きを見て下さり、どこからマンション構内に入り、どこから出て行ったという確実な情報を得ることができました。

そして、9月9日午後1時ころ、マンション内にカイトがいるというご連絡を頂きましたが、私が離れた場所にいたために現場に急行することができませんでした。 日中の目撃情報はほぼ皆無でしたので、家に帰りたいと思うカイトの気持ちが、
勇気を出してマンション構内に立ち入ることを後押ししたのだと思います。

この日は車のドアを開け放して置く作戦を考えていました。 午後7時ころ、自宅で夜の準備をしていると、カイトがマンション内にいるという住民の方からのお電話を頂き、慌てて外に飛び出し、言われた場所を目指しましたが、カイトの姿はなく、またすれ違ってしまったのかと思っていた矢先、「ワン!」というカイトの声が聞こえてきました。

声のする方向に走っていくと、そこにはカイトがいました! カイトはジャンプするように走り寄ってきました。 動きが大きいのでまず私が座り込み、手を伸ばすと近寄って、顔を舐めたりしました。 首輪をつけていなかったので、首根っこを掴んで、チョーカーを着けました。 付ける時も抵抗することもなく、身を任せてくれました。 無事保護です!

忘れられない光景です。

今回はカイトを命の危険にまで晒してしまい、大変反省しております。 首輪は私たちとカイトを結ぶ大事な接点です。 今後このようなことがないように万全の装備でカイトと生活したいと思います。

カイトの居ない我が家はポッカリと穴があいてしまい、それは誰にも埋めることのできないものでした。 もうこんな思いをするのは嫌です。 カイトが安心して、そして私たちも安心して暮らせるように、そのために必要な配慮をしっかりとしていきます。

今回の捜索は、カイトの保護主さまの団体「収容犬を救う会」、そしてその協力団体である「アニマルハートレスキュー」のボランティアの方々をはじめ、多くの方々の地道な活動が結実したものだと思います。 顔も知らない、お会いしたこともない方々が心よく、惜しみなく協力して下さり、ねぎらいの言葉までかけてくださいました。

小さな情報をコツコツと集めた結果、カイトの行動範囲や行動パターンが見えてきました。 私たちだけでは決してカイトに会えなかったと思います。

この場を借りまして厚く御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

また、カイトを私たちよりも長く育ててきてくださったカイトの元預りさまには、一番近いところで常に助けていただきました。
不安で押しつぶされそう私たちの気持ちを明るく、支えてくださいました。心より感謝しております。

今回は人の温かさに感謝するばかりの日々でした。

本来ならば、お世話になった方々、ご心配頂いただいた方々にお会いして直接お礼を申し上げるべきところかと思いますが、この場を借りまして、お礼を言わせていただきたいと思います。

ありがとうございました。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子: サン太

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR