FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
少しずつ少しずつ
ポプラはおそらく人と暮らす経験をほぼしないまま外に放たれたのだろうと思います。

そのまま半年間ほどを過酷ながらも自由に暮らし、それをいきなり一般家庭に連れ込んでしまったものだから、まずトイレを教えるのがけっこう大変でした。

憶えたと思って油断していると、ある日からまた全然違う床の上に大きな水溜りを作り始めるといった具合でした。

2019041411.jpg

きっとめまぐるしい色んな変化にひどくとまどっていたんだろうな。

本当は賢い子なので、やがて失敗の回数は減っていき、今ではちゃんとシートのまん中にしています。

きまじめな表情でお行儀良く腰をおとして。

2019041409.jpg

それから散歩。 

KDPで菊池さんに教わったことを家の近くでも練習し始めました。

ポプラがどんな動きをするかまだよくわからないし、間違いなく力は強い。

コチ丸の捜索以来ポンコツ化した足腰の私ひとりでは何かあった時に対応しきれる自信がなかったので、当面の間は誰かしらに付き添ってもらえる時だけにしました。

2019041407.jpg

休みが合った日の家族はもちろん、ひろちゃんや菊池さんを介して知り合った貴久子さんも遠くから来て一緒に歩いてくれました。

短い距離からコツコツと。

最初はとにかく逃げられるのが恐くて緊張しました。

様々な捕獲方法をすべて失敗した末にやっと捕まえたポプラは、それらの経験が増えている分、次に逃げたら捕まえるのはさらに、いやいや、はるかに難しくなるから。

2019041405.jpg

もちろんポプラ自身もかなりの恐がりようでした。

首輪もリードも道も車も自転車も大人も子供も音もちょっとした一瞬の振動も、とにかくすべてが恐い。

私がちょっとつまづいたりしただけでもう大変。

2019041402.jpg

飛び上がってびっくりし、その辺の車の下やしっかりした固い枝が刺さりそうな植え込みなどに隠れようとして私を引きずる勢いで突進して行きます。

そうかと思うと車道にはいつくばってまるで動けないのを今度は私が引きずって。

2019041408.jpg

私の恐怖心がポプラにも伝わって、さらに動揺させていたのだと思います。

同行したコチ丸は、普段は穏やかで安定している子です。

でもその時は派手に鼻鳴きして、すれ違う知人にまで駆け寄って切々と何か訴えていました。

ヤキモチを焼いてるのか?と思ったのですが後からわかりました。

2019041403.jpg

コチ丸にも私の不安が伝わっていたのですね。

「かあちゃんが大変だ!助けてやっておくんなせえ!」と訴えていたのかな。

お恥ずかしい・・・

そんなこんなで、通常なら徒歩5分の公園に辿り着くまででもう互いに疲労困憊でした。

2019041404.jpg

家の中ではまだリラックスには遠いものの、わずかずつ変化し始めました。

見ている前でもご飯を食べるようになり、眠るようになり、撫でても逃げなくなっていきました。

我が家は人間が寝室に行くと犬も猫もなんとなくぞろぞろやって来て、みんな一つ所にかたまってキャンプみたいに眠ります。

2019041406.jpg

ポプラは引きこもりから卒業した後もはじめはひとりでリビングで眠るほうが楽そうでした。

でもある時からみんなの後について、おずおずと「あっ、あのー、自分もいいすか?いいすかね?」と寝室に入ってくるようになりました。

上目づかいでさささーっと。

おもしろかったなあ。

その晩から私の足元で眠るようになりました。

2019041401.jpg

それが自分からこちらに近づいてくれた初めてのアクションだったと思います。

きっと勇気が要ったよね。

そんな感じで一生懸命勇気を出して、少しずつ少しずつ前に進むポプラなのでした。

2019041410.jpg













スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
ボランティアで犬猫の保護と譲渡をしています。

現在募集中の子:ポプラ

ハンドメイドねこ首輪 月猫堂
猫とのくらしを始めたい相談
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる