FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
きれいな心
保護っ子を新しいご家族のもとへ無事に送り届けた後は、まず保護部屋の窓を開け放って掃除です。

リビングに移動していたハンガーラックなども元の場所に戻して、トイレや食器も全部片付けて、急いでその子がいた気配を消し去ります。

後に残るのは元通りのガランとした納戸。

2018040903.jpg

「あなたはすごいわねー。別れるのが淋しいから私は絶対できないわ。」と言われることがあります。

別れは淋しい。それは当たり前。だれだってそうですね。

でも一歩ひいた目線でこうは考えられないかな?

私の最重要事項はあの子達が生涯幸せに暮らすことであって、私が淋しい思いをしないことじゃない。

2018040906.jpg

それに相手は元気で幸せに生きているし、時折幸せ便りだってくれる。

淋しさは時が経てば確実に薄れる。

なにより彼らの幸せのスタートをサポートできたことは自分だけの勲章になって、胸の奥でずっと光を放っています。

この勲章の重みと輝きは手にした人だけが感じられる。

もしも何かしたくて、でも始められずに迷っているのであれば、ぜひ一歩、近づいてみてください。

2018040909.jpg

柊は出発の前々日からは、私の布団に上ってきて短時間ではあるけれど添い寝するようになりました。

本当によくがんばってここまできたねえ。卒業の準備ができたね。

とか言ってたら当日はやられた。

というより私が未熟なばっかりに、つい気配を出してしまって、まあ~部屋中逃げる逃げる。

2018040911.jpg

お迎えにいらしてくださった里親さんをしばらくお待たせしての捕獲劇です。

でもね、押し入れに逃げ込んで奥にはりつきながら必死の反撃をしていた柊でしたが、最後に私が膝を正して「柊、がんばれ。行こう。」と静かに言った時、彼女がそれをたしかに理解したことを感じました。

こんなことは一度もなくて、病院の時も苦労したし、今回も大暴れと多少のひっかき傷を覚悟していたのですが。

静かにだっこされてまるで抵抗せずにキャリーに入ってくれました。

拍子抜けすると同時に、仮かあちゃん、誇らしさで胸がいっぱいになったよ。柊。

2018040905.jpg

里親さんのお家の窓やリビングと廊下の境などには奥様お手製のワイヤーネットの柵が設置されていました。

頑丈に作られた柵をしっかりと取り付けてあって、小柄でかわいらしい女性ひとりがほんの数日間で仕上げたものとは信じられない、それは素晴らしい出来栄えなのです。

なんてたのもしい!

2018040902.jpg

柊のために新調してくださった天井まであるキャットタワーも!

柊、キャットタワー大好きだけど、いつも独り占めできなかったもんね。喜ぶだろうな。

先代の猫ちゃんたちの写真にはおやつやアートフラワーなどをお供えして、今も共に過ごしていらっしゃいます。

私もご挨拶して「新入りをよろしく頼むね」とお願いしました。

2018040907.jpg

柊はさっきの神妙な覚悟もどこへやら、車の中では文句言いっぱなし。

お部屋に入って隠れ場所のクロゼットでキャリーから出した時も「にゃー!にゃー!にゃーーあーー!!」

最後の「にゃーーあーー!」の言い方が、たとえば女の子が男の子にいじめられて言う「も、やーだー!」みたいなイントネーションで。

かわいかったなあ。

2018040910.jpg

私がありがとうとさよならを言う間もずっと大きな声で鳴いて聞いてもくれないんだから。

でもわかってます。

うちに来た時の鳴き声と全然ちがう。

確かに恐がってはいるけど、その度合いが全然ちがう。

2018040904.jpg

柊、最後のおうちだよ。

最後のもうひとがんばり。

その後はもう安心と幸せばっかり。

いつか天国に行くまでずーっとだよ!

2018040912.jpg

帰り道にふと寄ったタリーズコーヒーでまたあの本に出会えました。

以前にもこの記事で書いたけど、もう6~7回は買った本です。でもその度に誰かにあげたくなってしまう。

この本はほぼ絶版に近い状態なので、置いている店はもうほとんど無いのですが、どういうわけか私は縁があって、手離しても次の一冊に必ずめぐり合うのです。

2018040913.jpg

主人公の猫ちゃんの生き方が私のあこがれです。

こんな風に、ただきれいな心で生きたいです。

そういえばこの子も、まるで柊みたいな黒白のハチワレだったね。

外で生き抜くための武装を解いた柊は、素直でやさしい、きれいなきれいな心の女の子でした。

2018040908.jpg

出会った時、駆け寄ってきてくれてありがとう。

名前を読んだらかならずお返事してくれてありがとう。

膝の上で喉を鳴らして、優しい重みでうとうとしてくれてありがとう。

2018040411.jpg

柊が来てくれて、本当に楽しい3ヶ月半でした。

卒業おめでとう、柊。

ずっとずっと幸せに。

2018040901.jpg








スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
秘密 様
橙の部屋にはケージはありません。その家や部屋のつくり、その子の性格にもよるので一概には言えませんが、個室が用意できるならケージはなくてもいけると思います。でもあれば便利なのでひとつ持っておくといいと思います。

来客時や何かの工事などで人が出入りする時などに入れておける場所があると安心ですね。ドアだけだと外部の人は家人ほどは気をつけて開閉しませんし、引越業者さんの出入りなどで開放されて脱走というパターンはとても多いので。

専用部屋があってもケージを開放して置いておくと、猫たちは中に入って昼寝したりしています。ネット状なのでハンモックなどもつるしやすくて人気です。

きっと閉塞間=安心みたいな感じで落ち着くのだと思います。ケージに限らず押入れの一部に空間を作ってベッドを置くとか、大きめのキャリーやダンボールを穴倉のようにして、人の目にさらされず、自分からも人が見えずに安心して休める場所を作ってあげると良いと思います。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
秘密 様

そうですね。猫のケージはトイレなども入れる場合がありますし、犬のようにクレートトレーニングなどできないので、広めでロフトつきをお薦めします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 柊さん
秘密2 様

良かった!とてもうれしいです。
条件はもちろん大切ではありますが、やはりなんといってもお人柄です。

その毛色、私は残念ながら縁が無いのですが、とても好きで惹かれます。人懐こくやさしい子が多いのですよね(^-^)

猫の魅力をお楽しみくださいね♪
プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
ボランティアで犬猫の保護と譲渡をしています。

現在募集中の子:ポプラ

ハンドメイドねこ首輪 月猫堂
猫とのくらしを始めたい相談
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる