FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
常なけど、うれしかりけり。
北原白秋の「落葉松」という詩があります。

小学校の何年生だったかな。

2017112509.jpg

国語の授業で落合恵子さんの朗読を録音で聴き、「なんてきれいな詩なんだろう!」と深く胸に染みました。

落合さんの声や最後のフレーズを読み終わるときの静かな間合い、その後の美しい沈黙を今も覚えています。

一番最後の4行だけご紹介します。

2017112508.jpg

世の中よ、あはれなりけり。

常なけどうれしかりけり。

山川に山がはの音、

からまつにからまつのかぜ。

2017112510.jpg

大好きな公園のそばに引っ越して、休みの朝にコチ丸と木立の中を散歩するたびに、なんだかたびたびこの詩を思い出すようになりました。

世の中は味わい深いものだなあ。はかないけれどうれしいものだなあ。

2017112505.jpg

わが家に来てくれたり通り過ぎていってくれた子達の、今を精一杯生きている姿を見てきたせいもあるかもしれません。

人生のはかなさとうれしさを、それぞれの輝きでより一層きれいに彩ってくれたみんな。

ありがとうね。仮かあちゃん、みんなの幸せをいつも祈っているよ。

2017112504.jpg

そして精一杯というよりまだいっぱいいっぱいの橙(だいだい)ですが、それでもだいぶ慣れてきました。

お腹の調子も治り、食欲も出て、たくさん食べています。

引きこもりの時期を脱出して、徐々に家の中の探検調査を始め、ご飯の頃になると待ちきれずにキッチンの入口までやってきて、自分の分が用意されるのをソワソワ待っています。

2017112507.jpg

呼びかけるとお返事してくれることもあります。

それが長い。

「橙?」「にゃあ~あ~あ~あ~あ」

ドアの影からおずおずと出て来て、こちらを見あげて小さな声で。

2017112506.jpg

それはまるで、

「ご飯ちょうだい。まだこわいけどナデナデも。

でもダッコはちょっとこわいからあんまり好きじゃないの。

でもでもお膝はやぶさかではありません。

そのご飯はやくほしいな。大盛りでね?

だけどやっぱりリビングはまだちょっとこわいの~うぅ」

などの迷いやうったえが全部入っているように聞こえて、思わず笑ってしまいます。

2017112503.jpg

虫の処置やウィルスの検査も済んだので、様子を見ていられる間は保護部屋のドアは開放して、好きなように行き来できるようにしてあります。

みんなのいるリビングにちょくちょくやって来てこわごわ見て回っては、誰かのちょっとした動きや物音にびっくりして小走りにねぐらへ逃げて行く。

2017112511.jpg

今のところはこれををせっせとくりかえしていますね。

本人はドキドキで大変でしょうけど、今まで来た子達に比べるとその進化はむしろ早いくらい。

2017112501.jpg

もっと楽になる日は遠くない。

がんばれ橙!その日まで!

2017112502.jpg

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
ボランティアで犬猫の保護と譲渡をしています。

現在募集中の子:ポプラ

ハンドメイドねこ首輪 月猫堂
猫とのくらしを始めたい相談
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる