*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
ゆるぎないもの
今まで、動画を撮る習慣が無いというか、撮ること自体をまず思いつきませんでした、私。

みんなの写真はいっぱいありますが、動いてるやつがほとんどなかった!

2017072505.jpg
 
でも先日、パソコンの中に埋もれていたケンの動画を発見しまして。

やっぱり動いてるのはいいな。

ほんの短い、なんでもない毛づくろいの場面なのですが、小さな癖とか毛の感じ。声。

2017072504.jpg

ケンだ。

胸に小さな明かりが灯ったような想いで、うれしくなつかしく見ました。はい、それはもう何回も。

動画、撮っておくといいですよ。

って、言われなくてもふつうの人はもっと撮ってるか。

2017072507.jpg

ケンが私を喜ばせるためにカリカリをがんばって食べていたことは以前書きましたが、その話にはもう少し続きがあります。

ケンは我が家に来て8ヶ月目に一度大きく体調を崩してからは、カリカリはほぼ食べなくなって、濾した療養ウエットをシリンジで食べさせていました。

それでもケンの専用スポットであるキッチンカウンターのすみには、少しだけ腎臓サポートカリカリを入れたお皿を毎食置いていました。

そしてそれはいつも手付かずか、ほかの子が侵入してきて食べてるかで毎日が過ぎていきました。

2017072502.jpg

でもある日、ケンがキッチンに立つ私の背中をチョイチョイとするので振り向くと、カウンターの上で空のお皿に顔を入れて、カリカリを探す風なしぐさをしました。

あっ!と思って急いでカリカリを入れると、ケンはすぐに一粒口に入れました。

家に連れて来た時に口腔の状態があまりにひどかったからほとんどの歯は抜歯してしまったし、長いこと固形物を食べていなかったのもあってか、上手に噛めずに口からこぼれてしまいます。

2017072503.jpg

でも一生懸命一粒ずつ口に入れて噛むしぐさをして、そのたびに得意そうな満足そうな顔で私を見上げるので、胸がいっぱいになってしまって。

「えらいねえ。すごいねえ。」と何度もなでました。

その日から、毎日少しずつでも食べるようになり、私もうれしくて褒めまくり、こうして「応援すると食べる」図式が出来上がっていきました。

2017072501.jpg

一回に食べられるのは少量ですが、とてつもなくゆっくりで、でも私が応援つきでずっと見ていないと食べないのです。

その間つきっきりで延々褒めるのはけっこうな手間で、時間が無い時などは正直、困ったこともありました。

それでも、自分の意思で、自分の力で、噛んで食べることはものすごく重要だと思うので続けていたら、調子の良い時期は一日の必要量の半分くらいは食べられるまでに回復してくれました。

2017072511.jpg

ただやはり、それはそう長くは続かず、また少しずつ減っていきました。

そしてある時ようやく気付いたのです。

ケンは褒められたいわけじゃなかった。

ただ、私を喜ばせたくて、喜んでいる顔を確かめたくて食べてたんだ。

2017072512.jpg

最後の方は固形物を受け付けなくなり、食べたら吐いてしまうようになりました。

それでも彼は、いつも変わらずのんびりと機嫌よく、台をつたってよいしょっとカウンターに登り、「カリカリをお皿に入れて?」と私に催促しました。

そしてたとえほんの数粒でも元気に食べて見せてくれました。

固形物で吐くということがわかってきたので、もうカリカリはやめようとしていたのです。

2017072513.jpg

でも胸を張って食べる気満々。

「どうして入れないの?」と聞いているようなケンの顔を見ると、なんだかその気持を踏みにじるような、誇りを奪うような気がしてしまって、その後も数回はカリカリをお皿に入れました。

褒めるともう一粒食べちゃうから褒めなきゃいいのに、ケンの心意気に胸を揺さぶられて、褒めずにはいられませんでした。

「ケンはえらいねえ。ほんとにすごいねえ。」

2017072509.jpg

そしてもう一つ。

お皿を撤去してしまうのは、何かを諦めてしまうようで、寂しくて悲しくて即座には踏み切れない弱さがありました。

本当はケンの体にかかる負担を少しでも軽くするよう、感傷は排除しなくちゃいけない。

2017072506.jpg

撤去してからもカウンターでお皿を探すケンのおでこを撫でて、「ありがとうね。もういいんだよ。」と告げた時の胸の痛み。

ケンはただ穏やかな表情で私の言葉を聴いていました。

そしてその後はもうお皿を探しませんでした。

2017072508.jpg

本当のところはわかりません。

ケンが思っていたことは全然違うかもしれないし、人と猫がここまで気持を通じ合わせることなどありえないかもしれない。

でも私は、どうしてかな。ただ信じています。

20170730.jpg

うまく言えないけれど、魂の結びつき、絆みたいなものの存在を。

皆さんも既に手にしているかもしれないし、これから訪れるかもしれない。

そのたしかな、ゆるぎない何かを。

20170729.jpg



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
ケンちゃん、凄い頑張り屋さんでしたね。

私は少しドキドキしながら、ウチのコ達の生前の動画を時々見ます。
そして、まるで今、目の前に元気に戻ってきてくれていて
手を伸ばせば触れることができる、
声をかければ応えてくれるような錯覚に陥ります。
何ともうれしいような、懐かしいような、切ないような思いを伴って。

犬も猫も鳥もハムスターも、はたまた金魚さえも、話しかければこちらに応じ、
話さずとも気持ちが伝わっているのは、私も今までに何度も感じていました。

lohamakeguさんとケンちゃんとはすっかり魂と魂で通じ合っていたのですね。
うれしそうに喜んでいるlohamakeguさんのことがケンちゃんもうれしくて、
そして頑張る気力になっていたのでしょうね。
実際に会ったこともないケンちゃんの様子が、目に浮かんできます。

いつも思うのですが、
動物は大好きな飼い主さんと一緒にいることが一番幸せで、
たとえいくらかの負担になったとしても、本人(動物)の何かしようという気力が
驚くほどの頑張りにつながるのではないでしょうか。

No title
魂の結びつき、絶対あると思います。
私もうちの猫としっかり感じています。
種を超えて、暖かい気持ちは伝わるはずです。
No title
あいあいさん

ありがとうございます。ケン、とってもがんばりました。
ある日突然危ない状況になってから見事によみがえり、
その後私どもが覚悟していくまで2年半の年月をくれました。

ケンを捨てた人はバカです。この子のすばらしい資質が
わからなかったのでしょう。

お陰で私が出会えたことは感謝します。

動画たくさん撮っていらしたのですね。亡くなった子の
映像は本当にいとしくてなつかしくて、画面が発光
しているように見えますね。

淋しいではあるけれど、それだけの思い出と絆を
残してくれる動物たちには本当に、ありがとう、しか
ありませんね。

No title
スヌーさん

コメントありがとうございます。

本当に深く繋がれる子は全員ではなく、もちろんそうでないから
かわいくないとか劣っているとかではなく、たぶんこれもそれぞれの
個性のようなものだと思うのですが、そういう子と暮らせることは
幸運だと思います。

プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR