*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
明日から3月
最近の私は、無理やり療養食や薬を口に入れたり、点滴針を刺したり、嫌なことばかりするのに、どうしてケンは少しも私を嫌いにならないんだろう。

帰宅するとベッドから起き上がって迎えてくれ、玄関方面に向かうと追ってくる。

080302.jpg

1日のほとんどは眠っていますが、起きている間はほぼずっと私のそばにくっついて横たわっており、立ち上がろうとすると膝に手を掛けて阻止を試みたりします。

本当に具合が悪い時は自分のベッドで眠りたいようですが、やや良い日は私の布団で眠ります。

そしてしばしば目をこらして、私の顔を長い事じっと見つめています。一緒にいるのを確かめたいみたいに、ずっと覚えていようとしてるみたいに。

2015111730.jpg

コチ丸逸走後18日間は退社後に給餌と投薬をしてから捜索に出かけ、毎日夜遅くまで猫たちだけで留守番させていました。

しばらくするとケンの症状は悪化し、若い子達も粗相などの行動や表情に明らかにストレスの兆候が出てきました。

今月に入ってからは捜索は休日と夫か私どちらかが在宅できる平日だけにしました。

2015091003.jpg

するとケンは容体はいくらか楽そうになり、若い子達の粗相やイタズラも止みました。

当たり前のことですが、そばにいて愛情をかけることは本当に大事なのだなあと思います。

ケンは回復はしないでしょう。でもできるだけ楽に、幸せな気持ちで最後まで過ごせるように手助けしてやりたいです。

私は仕事もしているので余計に今はケンと過ごす時間が大事でならず、いつも向き合って過ごしたい。

2015090907.jpg

でもやはりコチ丸のことを想い、今まで見聞きしてきた逸走保護犬猫たちの数々の悲惨な最期を想い、「今日元気でも明日轢かれてしまうかもしれない!今行かなきゃ!」という衝動も慢性化しています。

さっきチラシを渡さずにすれちがってしまった人が、今日ポスター貼りを切り上げた地域の人が、この後コチ丸を見るかもしれないと思うと、どうしても自分が体力を残してできる範囲を超えて歩いてしまいます。

2015090801.jpg

「忙しい忙しい」と文句を言っていた今までの日常が、今では夢みたいに安らかに思えます。

犬猫の、特に保護犬猫の飼い主さんにお願いです。「絶対大丈夫」はありません。どうか時々それを思い出し、危機感をリセットして暮らしてください。

201602291151056c2.jpg

それと水が帰ってきました。里親様のよんどころないご事情によるものです。

水はまったく悪くありません。疲れたでしょうにすべてを受け入れ、変わらず穏やかなすばらしい子です。

またどうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私も看病中、不思議に思ってました
辛い体で、意味の分からない
嫌なことばかりする私を
どうしてずっと優しく
許して愛してくれるんだろうと。
こんな綺麗で大きな信頼
貰ったことないと思いました。

お世話も勿論大変でしょうが
毎日涙出る思いで仕事出るのも
コチ丸ちゃんへの
居ても立っても居られない思いも
如何許りかと思います。
どうか、叶う限りでも
休養と寝食をとって
心身をお労り下さるよう
お祈りしています。

水ちゃん、ご縁が繋がらず
残念でしたが
どこで何をしていても
水ちゃんは宝物の子です、
絶対すぐまたご縁あると思います。
今は水ちゃんにちょっとだけ
甘えさせて貰って下さい。
水ちゃんはお母さんのお願いを
喜んで受け入れてくれる筈です。



プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR