*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その素敵な子は誰?
いつの頃からだったでしょう。コチ丸は散歩中に前方からやってくる人や自転車にビクつかなくなりました。

よっぽど動きが激しいとか、急に飛び出してきた場合は別ですが、普通に歩いたり走ったりして来るものに対しては、特に怖がることもなく淡々と通り過ぎたり、避けて進むようになりました。

2015110317.jpg

家に来た当初は尻尾を脚の間に入れておどおどして、小さなことにもいちいちびっくりして飛び上がっていました。

それに比べると、今はずいぶんリラックスして散歩を楽しめるようになりました。私がウィンドブレーカーを羽織ると目を輝かせて立ち上がります。

我が家の散歩コースは広い池のある公園や緑道などを通る緑あふれる癒しコースで、私達が主に散歩する早朝と夜は特にとても静かです。

気分的には最高なのですが、コチ丸にはストレスの免疫がつかない?と思い、譲渡会に出るようになってからは、夜の散歩コースに駅前を入れました。

2015110318.jpg

広い道路と騒がしい車、行き交う人や自転車。ただ歩いたり、時には座らせて「お父さんを待ってる仲良し家族」風にしばらくそこにいたりしました(極度に怖がってパニックになったりしては危険なので、犬の状態や互いの信頼関係など、時期やタイミングをしっかり吟味することが必要です)。

それともう一つ、徹底したことがあります。散歩コース云々よりはるかに重要なことです。

2015110319.jpg

それは出掛ける前にコチ丸でなく自分が気持ちを落ち着かせることでした。言っても人間です。イライラしたり頭にくることも在ります。また、ヘコんだり心配事で頭がいっぱいになっていることもあります。

でも散歩の時だけはそれを一旦どこかへ追いやって、平らな気持ちで前を向いて、コチ丸と「今」を歩くのを楽しむことを心がけました。

犬って本当にびっくりするほど人間の心理状態が伝染してしまうから。そしてこちらが安定した気持ちで胸を張ってリードを持つと犬も自動的に安定していくものなんですね~。

2015110314.jpg

シーザー・ミランという著名な犬の研究者かつトレーナーがいます。彼が言いました。「問題のある犬などいないのです。問題のある飼い主がいるだけ。」

これは本当に説得力のある言葉です。誰かが思っている「困った犬」の原因は飼い主であるその人自身の中にある可能性が非常に高いということです。

犬をただ可愛がる。ただ言うことを聞かせる。コマンドを教える。そういったバラバラの断片ではなく、たったひとつの心構えが万能であり全てにつながっていると言っていいと思います。

2015110313.jpg

自分のやり方が適切ではなかったことを知るのはショックですし、それを矯正するのは、頭では十分にわかっていても意外と難しい。

私の場合はガンコな心身がなかなか言うことをきいてくれない~!

でも、愛情、責任、覚悟。言葉にすると重いですが、要は「その犬が大好きで、人と犬として、かつ家族として、最期まで共に生きたい。」という気持ちがあれば、最終的にはがんばれるんじゃないかな。

2015110320.jpg

そしてがんばれた人とその犬の一生はより一層楽しい日々で埋まることでしょう。

途中だって楽しいですよ。一緒にひとつひとつ乗り越えていくより楽しいことがあろうか♪ひとつ乗り越えるたびに互いの絆が深まるのもはっきり感じられる。

それによって得られるたとえようもなく満たされた温かい気持ち。あぁ、人生ってすばらしいなぁなどと大それたことさえ思ってしまう。

2015110315.jpg

なんてね。エラそうに書きましたが、私自身がまだ全然できていないピヨピヨで、修行の道は果てしなく長いのでした。

ただ本当に恵まれていることに私の周辺には、まっすぐな美しい志と豊かな経験を持つ先輩達がたくさんいて、見習ったり相談したりができます。

これはボランティアを始めて得られた、宝物の一つですね。

2015110316.jpg

さて、コチ丸は前回の譲渡会から成長が加速度を増しています。好奇心や遊び心が出てきているようです。

そういえば昨晩、ふと見るとコチ丸がリビングから玄関に通じるドアに向かって佇んでいました。夫が帰って来たのかな?と思ったのですが違いました。

2015110321.jpg

玄関側が暗かったので、ドアにはまっているガラスに反射してコチ丸の姿がきれいに映っていました。

コチ丸はそれに向かって、微笑のような優しい表情で、ちょっと頭を下げ、尻尾をゆっくりと左右に振りながら一歩一歩歩み寄っていました。恐がったり威嚇したりはせずに。

穏やかで友好的で、近寄ってみたいような雰囲気の犬だったんでしょうね。ドアの向こうの子は。

その素敵な犬が君自身だよ。コチ丸。

自分の素敵さを知らないところがさらに素敵なコチ丸は、ただ今クッションを上手に両前足で挟んで、それにアゴを載せてお昼寝中でございます。

今週末は譲渡会に参加です。

2015110322.jpg



PEACE TAILS 譲渡会、次回の予定は以下の通りです。

11月8日(日)12時~16時 
Do One Good PARK@ココカラリオーネはまテラス(横浜そごう2F)

2015061701.jpg

今すぐには飼えないという方も、ボランティア志望の方も、保護動物・保護活動がどんな感じなのかを見てみるだけ、ご相談だけのご来場も歓迎です。

参加予定の犬猫はPEACE TAILS のウエブサイトをご覧ください。→  こちら

お待ちしています♪


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

もう…
コチ丸くん可愛すぎ、いいこすぎ、お茶目さん。
犬って本当に飼い主のことをよく見てますよね。
よく感じでもいるんでしょうね。
飼い主、頑張らねば…。
反面教師
本当に犬は飼い主の鏡です。

我が家にも、穏やかな柴犬くんが居ます。が私に似てか?おっとりタイプです(--;

吠えないんです・・・(知らない人にも)
フレンドリーなんです・・・(裏山のタヌキにも・・・)

コチ丸くんは、今週末の譲渡会でも、きっと人気集中ですね。

会いに行きたいですね~~~  

頑張ってるね。と直接YELL!をおくりたいです(^^)//

貴女にも!!!
No title
びおうさん
動物との暮らしは毎日が勉強で毎日感動です。
コチ丸は本当に顔が変わりました。
「まじめ~」な感じから茶目っ気が出てきました。
もっともっと変わっていくでしょう。
No title
ryu-papaさん
ワンちゃんもいるのですね!
柴とおっとりはあまり結びつかないので、
きっとryu-papaさんはゆったり安定した方
なのでしょう。
たくさんの方が会いにきてくださるのは
本当にうれしいくてありがたいです。
プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。