*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
高齢者と伴侶動物の光と影(前編)
偶然が重なり、この週末の2日間で「高齢者と動物」の光と影を垣間見ました。正に対極に位置する状況。それを2回に分けて書きます。今日は影についてです。

2015080205.jpg

独り暮らしのお年寄りが人知れず亡くなり、同居していた多数の犬たちがその後相当な日数が経ってから発見され、ある動物愛護センターに収容されました。

正確な日数は不明ですが、部屋には数頭の死体があり、糞が30cmの高さで堆積していたそうです。

2015080206.jpg

当然全員ガリガリで全身糞まみれです。 入院中の子もいます。センターのケージの中で、立ち上がれないほど衰弱している子もいます。

大半の子は収容から数日経過してご飯を食べられるようになったら、少なくとも見た目は元気にしています。でもとにかく汚くて臭すぎる。

2015080212.jpg

そこで有志でシャンプー大会となりました。センターにはこの子達以外の収容動物もいます。なのでお散歩部隊、シャンプー部隊と人数が必要でした。

幸い呼びかけに大して多くの方が手を挙げてくださり、残念ながらお断りをしなくてはならないほどだったようです。

2015080207.jpg

ベテラン精鋭達の中、雑用係程度にお役にたてればと行ってまいりました。実際はそれよりはるかに役に立たずでしたが。

多頭崩壊や、ブリーダー崩壊出身の子達に会うたびにつくづく思いますが、どの子も本当に本当に良い子なのです。いわゆる飼い易い子。どこでも触れますし、シャンプーも静かにさせてくれます。吠えない。足元によちよち寄ってきます。

2015080217.jpg

でもそれは長い長い間、ガマンしたりあきらめたりするしかなかったことが心身に染み付いているものと思われます。

2015080218.jpg

まだ表情はうつろで、眼に光がありませんが少なくとも清潔になりました。 

2015080216.jpg

毎日普通にご飯を食べて、きれいなお水を飲んで、やわらかい清潔な寝床に眠れて、撫でてもらえる場所に行って欲しいです。

2015080213.jpg

また、センターにはこの子達以外にも収容されている犬猫が多数います。この子達も同じように、様々な理由、大概は人間の身勝手な理由でここにやってきました。

2015080210.jpg

冷房の無い犬舎で繋がれて、週に1度か2度、30分~1時間だけ屋外に出られるだけの毎日を送っています。それでもこんなに健やかな眼差しで喜んで迎えてくれる。

2015080203.jpg

一言申し上げます。

「動物は物じゃねえ。」

2015080201.jpg

動物はかわいいだけじゃない。一緒に生活することは大変です。言うことを聞いてくれるとは限らないし、トイレは失敗するし、こちらが忙しかろうが具合が悪かろうが「遊べ遊べ」としつこくとねだるし、散歩は行かないといけないし、夜は遊びたくてもご飯あげに帰らなきゃいけないし、病気になったらびっくりするほど病院代が高いし、介護もしなくてはいけない。痛み苦しむさまを見守らなくてはならない。数え上げたらキリが無い。

2015080204.jpg

こうしてブログを書いている間も机の上にも下にも相手にしろと見つめる犬と猫がワラワラいて集中もできないしね。

2015080214.jpg

それでも何があっても一緒に生きて、彼らより長く生きて、最期を看取ってやる設計と覚悟ができないなら家に連れて帰ってはいけない。もう一度この辛い場所に引きずり戻すことだけはしてはいけない。

かわいいとか淋しいとかかわいそうとか、一時の感情で即決せず、とにかく一回立ち止まって頭を冷やして考えよう。

2015080211.jpg

どの子も良い子です。顔を見たら伝わるでしょう?こんな扱いを受けていても人間が大好きです。覚悟と準備ができたら、どうか迎えてあげてください。

しつこいですが、苦労はある。でもその100倍の幸せを家族にくれるでしょう。

里親さん、預かりさん募集中です。募集の詳細は親ブログをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。→ こちら  

2015080215.jpg

そして、今ココニャンさんは「皆様のご支援で金儲けをしている」とネット上で中傷されているようです。動物を飼養された方なら、その医療費の高さはご存知と思います。そして、ココニャンさんの身上は「どの子にも公平にチャンスをあげたい」のです。

ちょっとした怪我や病気だけでなく、諦められてしまうような重症の子もみんな。ひとつの愛護センターの中の子みんなです。次から次へと入ってきます。愛護センターにいるのに愛護じゃないから、放っておけなくてココニャンさんたちが病院に連れて行くのです。

2015080209.jpg

チャリティーTシャツにご協力いただけたらとてもありがたいです。どうぞよろしくお願いします。→ こちら


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

当たり前じゃないですか?
非常に下品かつ失礼な文章内容でで申し訳ございません。ただ書かずにはいられません、、、「皆様のご支援で金儲けをしている」?「はあっ?」て感じです。当たり前じゃないですか?ご自身やご家族の生活していく資金の他に動物たちに投資するお金が必要なのですから。そのためにも、たくさんお金を集めてたくさんの動物に行き渡れば最高じゃないですか!何も行動もしない、ネットでしか抽象できないアホどもはほっておきましょう!内容が不適切でしたら速攻削除をお願い致します。
とらさん、こんばんは。要は支援金で私腹を肥やしているという意味です。
実際にそれをやっている人は存在しますが、関係者以外の方は本物と偽者を
見分けるのは難しいですから信じてしまうこともありますよね。
手伝ってくれなくていいですが、せめてジャマはしないでいただきたいものです。
プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR