FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
柊の里親さん募集を開始します。
3月17日追記

里親さん募集をいったん停止いたします。


柊は私が保護/預かりした中では、人との暮らしにおそらく一番慣れていない子でした。

クリスマスイブにやって来て、それから約3ヶ月。

自分の猫生に突然降ってきた大きな変化を受け入れようと、一生懸命がんばってきてくれました。

2018031306.jpg

人の傍らにいることを好きになり、家の中に人の気配を感じると鳴いて呼びかけてきます。

最近は押入がお気に入りで、よく中で寝ていますが、「柊~♪」と呼ぶと「にゃーん」とお返事して出てきてくれます。

その時のちょっと急いで顔をのぞかせてくれる感じがなんとも健気でかわいいのです。

2018030311.jpg

頭で私の手をそっと押して「撫でてほしい」とおねだりし、撫でられながらこちらをうれしそうに見あげたり、遊びの誘いにも応えてくれるようになりました。

そういえばいつのまにかパンチも全然されなくなったなあ。

2018031305.jpg

部屋中逃げまどって悲しい声で鳴いていた子が、3ヶ月でこれだけ進歩できました。

でもこれはまだまだ序章。

若い柊の伸びしろは無限大です。

本当のお家に行ったら、もっともっと伸びるはず。

2018031304.jpg

柊は器用な方ではないし臆病なのに、次のご飯もお水も保証などない凍える寒さのお外でたったひとり生きてきました。

毎日さぞ気を張り続けてきたことでしょう。

そしてまた今、人との生活に慣れようと毎日がんばってくれています。

2018031308.jpg

新しいお家に行ったら、またちょっと後戻りしてからもう一回がんばりなおさなくてはなりません。

お膝に乗ってきてくれるまで3年かかったという子もいます。

柊はお膝は2ヶ月半でしたが、家族ではまだ私にしか慣れていません。

2018031307.jpg

家のどこでも、家族の誰とでも本当にリラックスできるようになるには、平均的な子より少し時間がかかるだろうと思います。

でも臆病で用心深いからこそ、さまざまな危険があるお外で生きてこられた。

もう日なたでお腹を見せてぐうぐう眠っていいんだと理解するには、そりゃ時間がかかるよね。

2018031309.jpg

ただ、私の見てきた限りでは、犬猫たちはどこかでちゃんとわかっているようなのです。

今いる保護宅は仮の場所で、最後に行く所が本当のお家だということを。

もうがんばらなくていい場所になることを。

2018031311.jpg

だから卒業生たちはみんな、我が家にいる時の倍のスピードで本当のお家と家族に慣れていきました。

動物との人生にはきっと完成形など無く、本当の答えは最期のお別れの時にわかるのでしょう。

答えを急ぎ、「なつかない」という理由で手離すことは、後に手にできるはずのかけがえのない宝を自ら捨てることだと私は考えます。

2018031310.jpg

シャイな彼女のすべてを笑って受け止め、その成長を長い目で見守ってくださる大らかな「家族」のご応募をお待ちしています。

里親募集サイトでも公開しますが、このブログからも応募を受け付けます。

2018031303.jpg

コメント欄の「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れた上でメールアドレスをお知らせください。

折り返し応募用アンケートをお送りします。

募集用データは以下です。どうぞよろしくお願いします。

2018031301.jpg

仮名 : 柊
性別 : メス
年齢 : 1歳~1歳半(医師推定)
体重 : 3.5kg

・白血病・エイズ陰性
・避妊手術済み
・3種ワクチン接種済み
・駆虫済み。
・血液検査異常なし。

性格 : 恐がり 健気
チャームポイント: よく動く美しいしっぽ、桜色の鼻、顔も体も目も丸いところ

2018031302.jpg









スポンサーサイト



柊のジャンプ!
家に来たばかりの時の柊は、自分の身に何が起きたのかわけがわからず、不安で不安でずっと鳴いていました。

でも鳴き声はいつのまにか小さくなり、時々になり、今ではお腹がすいた時とだれかと一緒にいたい時ぐらいになりました。

2018030301.jpg

マコとはなかなかうちとけませんでしたが、どうやら食べ物や場所を奪ったりする相手ではないことを理解したらしく(ほんとはたまに奪う)、最近は一緒に過ごせるようになりました。

この子は1匹飼い向きかな~とはじめは思っていましたが、どっちでもいけそうです。

2018030308.jpg

マコが保護部屋に入っていくと、柊はほふく前進でするするっと進んで、マコのアゴの下に自分の頭をなかば強引にさし入れます。

「なめてなめて~♪」です。

2018030309.jpg

マコはお兄ちゃんですからちゃんとなめてあげます。

でもだんだんそれが甘噛みに変っていき、互いに手足も出はじめて、結局最後はポカスカやっています。

2018030307.jpg

今までマコが面倒をみていたのは仔猫か仔猫に近いサイズの子達ばかりだったのですが、柊は女の子の中ではどちらかというと大柄なので、マコも仔猫相手ほど手加減はしていません。

なので二匹がとっくみあっているさまはちょっとばかり痛そうで危なっかしかったりもします。

2018030305.jpg

コチ丸にも相変わらずまとわりついて嫌がられていますが、人間も好きになった分気持が分散されたのでしょうね。

前ほどしつこくはなくなって、その代わり私の方にやってきてくれます。

たいてい体のどこかしら一部を私にくっつけて寝そべっていますが、ダッコはまだできないんだな~。

2018030306.jpg

手足が宙に浮くのがダメみたいです。

でもだったらお膝はどーお?と抱き上げて乗せてみました。

持ち上げて膝に乗せるまでの数秒は動揺してバタつきますが、乗ってしまったら、あれ?

2018030302.jpg

ゴロゴロ言い始めて、そのままフセの姿勢でずっと乗っているではありませんか!

頭や背中を撫でてやると、時折機嫌の良い表情で振り返って私の顔を見上げます。

やった!

いけたよ!

2018030312.jpg

この間なんて、自分からジャンプして乗ってきたんです~!

その時はそのまま反対側にすぐ飛び降りてしまったけれど。

「素通りかい!」と思わずつっこんでしまったのは言うまでもありません。

2018030303.jpg

でもすごい。

すごいね柊♪

仮母ちゃん、ちょっと感動しちゃったよ。

2018030311.jpg



友人がオーナーの手づくり猫首輪ショップ月猫堂。

このブログの読者の方もご購入くださったとのこと、本当にありがとうございました!

早く収益を出して寄付をすべく、日夜ちくちく努めています♪

これからもどうぞよろしくお願いします。






プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
ボランティアで犬猫の保護と譲渡をしています。

現在募集中の子:ポプラ

ハンドメイドねこ首輪 月猫堂
猫とのくらしを始めたい相談
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる