FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
ウサギとブランケット
はじめは私がいる場所ではご飯を食べなかった柊。

今では私の後をリビングまでついて来て、控えめに入口付近でご飯待ちをするようになりました。

2018021301.jpg

用意の出来たお皿を持つ私を歓迎すると、いそいそと急ぎ足で一緒に保護部屋に帰ります。

そのままいつも彼女がご飯を食べるチェストの上にほいっと飛び上がって、私が目の前にご飯を置くのをワクワク見上げ、置くか置かないかのうちにお皿に顔を入れて熱心にハグハグ食べ始めます。

2018021302.jpg

今までの保護っ子達はリビングとの行き来を自由にしていましたが、柊はリビングには入れていません。

長女猫はるは元々ちょっと気難しくて、保護っ子の存在からストレスを受けやすいのですが、毎回ずっと我慢してもらっていました。

でも持病の状態がここのところ思わしくなく、できるだけ穏やかな気持で過させてやらなくてはならないので当面は仕方なく。

2018021305.jpg

リビングでは私が家事をしていても我が家の子達はなんとなく周りにいて、ちょっと話しかけたり、通りすがりに頭を撫でたりしてコミュニケーションを取れますが、そんな時柊はひとりです。

なので座り仕事は柊の部屋ですることにしました。

床にブランケットを敷いて、小さなテーブルでネットの作業をしたり、時にはちょっと横たわって休憩します。

2018021304.jpg

すると柊は私の脚に体の側面をくっつけてペタンと腹ばいになります。

背中の柔らかな黒い毛がピカピカで白い部分はふわふわです。

この姿勢は「撫でて~」です。

ゴーロゴーロと喉を鳴らして、頭をちょっと反らせて、気持良さそうに撫でられています。

2018021308.jpg

時々満足そうに私の顔を見上げたり、立ち上がって私のわき腹の横に移動したりします。

そしてついに顔の横にも寝そべってくれました!

猫は心を開いている相手ほど、その顔の近くで寛ぐと聞いたけどほんとかな♪

2018021307.jpg

私がうれしくてついニヤニヤ見つめるので居心地が悪かったらしく、すぐまた脚方面へ移動してしまったのですが。

あ~失敗!今度は見つめないぞ!

最近はボール遊びを覚えて、楽しげに転がしたり追いかけたりもしています。

2018021306.jpg

それと私のウサギのぬいぐるみを気に入って、抱きついてキックしまくったり、長い耳をカミカミしたりしています。

先日ぬいぐるみを床に置いたまま部屋の外に出て、しばらくしてから戻ってきたら、無い。

と思って探したら、柊のねぐらの中にありました。

2018021311.jpg

あら柊、連れ込んだのね。

けっこう大きくてそんなに軽くもないのですが、チェストの上までがんばって運んだのねえ。

すみっこの方で毛布を掛けて大事に隠してあったけど耳が出てたよ♪

2018021309.jpg

毛布の上で添い寝しているウサギと柊はやたらとかわいらしくて。

でもこのままだとあっという間にボロボロになるんだろうな。

仮母ちゃん、それけっこう大事にしてたんだけど、あきらめなきゃダメかしらねえ。やっぱり。

2018021310.jpg


2月22日(木)はニャーニャーニャーのねこの日。

友人がオーナーのネットショップがオープンします。

私もお手伝いをしています。

t_P2144209.jpg

ねこ首輪をメインにしたハンドメイドグッズのお店で、収益の一部を継続的に犬猫保護活動団体や個人に寄付していきます。

開店日以降はこのブログからもリンクしますので、もしよかったら覗いてみてください。




スポンサーサイト



橙だより
先日、橙の里親さんがメールをくださいました。

とてもうれしく楽しい内容で、これだけでブログ1回分になってしまうほどの力作です。

一部を、というかほぼ全部に近いのですが、橙を応援してくださった皆様にぜひご紹介させてください。

2018021001.jpg

「橙、元気です!

相変わらずご飯はもりもり食べるし、トイレも毎日2回出て、水もばっちり飲んでます。

場所にもヒトにもすっかり慣れている様子で、我が家の生活リズムも覚えているようです。

橙が家族になってまだ1ヶ月ちょっとしか経っていないことに違和感を覚えるくらい、普通に自然にうちにいます

毎日かわいいです!

オトナ2人コドモ1人の家族に橙が加わってくれたことで、家族内にいい意味でちょっとした「間」ができました。

2018021002.jpg

散歩の途中で1つだけ咲いている花を見つけたとか、日陰はまだまだ寒いけど日向にいると暖かさを感じるとか、そんな風に毎日の中で「ちょびっと立ち止まってニコっとできる何か」になってくれているように思います。

日中はリビングでもフリーになりました。

誤食されそうなモノは全て仕舞って、出しておかない方式です。

今までのところ、想定してなかったようないたずらは全くされていません。

橙、いいコです。

2018021004.jpg

ただ、1ヶ月を過ぎたころから、猫部屋の障子紙が破れるものだと気づかれてしまって。

爪とぎをするみたいにカリカリカリカリ。

一枠分ずつだんだん部屋の日当たりが良くなってきています。

でもこれは想定内♪

そのうち破れにくい障子紙に変えるつもりです。

2018021003.jpg

今では主人にも慣れて、仕事から帰ってくると「撫でてー♪」と挨拶するようになりました。

娘のことは、たぶん姉妹猫のように思っているみたい。

ほぼ警戒しておらず、遊ぼうコールは娘に発動することがほとんどです。

夕食のあと寝るまでの時間は、娘の定位置である座椅子に割り込んで並んで座り、うとうとのんびりするのが日課になっています。

2018021005.jpg

お腹すいたコールは私に。

「トイレ掃除してー」のお知らせも私にします。

毎日2回くらい、膝に乗せて撫で撫でマッサージブラッシングタイムを作っていて、その間はずっとゴロゴロナオナオ気持ちよさそうに、お腹も見せてくれます。

やや急な動きで触ろうとするとまだかわされたりもしますが、まだまだ1ヶ月ちょっとの付き合い。

これからずっと一緒なのだから、少しずつゆっくり不安を取り除いていきます。」

2018021008.jpg

こんなメールでした。

うれしいです。

ああ~!とってもうれしいです!

お嬢さんと橙が一つの座椅子に世にも愛らしくおさまっているところをちょくちょく想像してはニヤニヤ笑う仮母なのでした。


言い訳ふたつ
ブログアップの間が少し空いてしまいました。

理由は2つ。

2018020306.jpg

1つ目。友人がネットショップをもうすぐ開店するので、その準備を手伝っています。

ハンドメイドのねこ首輪をはじめとした猫モチーフのグッズショップです。

収益の一部を犬猫愛護団体や個人の方に継続的に寄付してくれることになったので、私もできることは全面的に手伝っていきます。

オープンの際にはまたご紹介しますので、もし気に入った商品があれば、ぜひご利用ください。

2018020312.jpg

もう1つの理由。

ここのところ柊の写真を撮れるチャンスが著しく減ったのです。

それはなぜか。

真下すぎるから~!

2018020305.jpg

大方は私の足にぴったりくっついているから、頭しか撮れないのです。

そして私の手にゴチンと頭突きして、ナデナデをおねだりします。

その間ずっとのどはゴーロゴーロゴーロ。

2018020308.jpg

でもここで調子にのって撫で回してはなりません。

まだ時々予想のつかないタイミングでパンチが飛んできますから。

ただ、そのパンチからは以前のような悲壮感は無くなりました。

どちらかというと「その撫で方(またはポイント)はちがう」というお叱りのような感じです。

2018020309.jpg

相変わらずねぐらの中だけは彼女の大事な場所らしく、手を入れたら依然としてパンチです。

この間、部屋のお掃除中のドサクサにまぎれて、またマコがねぐらの奥を占拠してしまいました。

2018020310.jpg

柊はまた出口付近に遠慮がちに入って小さくなっています。

かわいそうにー。まっててね。柊。

「まこ!だめよ。出なさい。」

2018020311.jpg

引っ張り出そうと手をつっこんだとたん恐い顔してパンチ!

まこがじゃありません。

柊が!

2018020313.jpg

なによ~。仮かあちゃん、柊のためにやったのに!

というわけでいつなんどきも、いかなる理由があっても、柊がねぐらにいる時はお邪魔禁止となっております。

現在までのところは。

2018020307.jpg

とはいえ、以前はねぐらの中なのにくつろいだ様子さえ見せてくれることはありませんでした。

今はこんな具合です。

のびのびごろーんとして見せてくれます。

2018020301.jpg

暗いので画像が汚くてすみません。

手術の時に剃った毛がまだ生え揃っていないピンクのお腹がやわらかそうです。

ここで触ったらパンチだけど。

2018020302.jpg

もう傷もまるで目立たなくなりました。

よかった。

さあ、寝顔披露までもう一息か!?

2018020304.jpg



ご支援のお願いです。

東日本大震災以降、人のいなくなった地域に未だ置き去りのままの犬猫の保護や給餌にCACD Natsumint隊さんが通い始めてもうすぐ8年。それぞれ家庭やお仕事を持ちながら、休日を返上しての8年です。

2017101401.jpg

動物は寒くても暑くてもお腹が空いても、人を恨んだりわが身の不幸を嘆いたりせずにただただ前を向いて今を生きていく。

そしてエンジンの音がすれば目を輝かせ、しっぽをふって人に駆け寄って行く。なんて気高くてきれいな魂なんだろう。

だからこそボランティアの方々もどんなに疲れていても応えに行かずにはいられないのです。

2017101402.jpg

7回目の凍える冬は雪深く、ただでさえ追いつめられている子達は必死で生き抜いています。

もしよかったらリストから1品、またはランチ代数日分を送ってあげてください。

詳細はこちらです。 → クリック


プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
ボランティアで犬猫の保護と譲渡をしています。

現在募集中の子:ポプラ

ハンドメイドねこ首輪 月猫堂
猫とのくらしを始めたい相談
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる