FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2017/12
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
その後、そしてこれから。
橙は順調に新しいおうちになじんでいます。順調というより順調以上です。

ご家族は猫と暮らすのは初めてですが、橙が少しでもプレッシャーを感じず、過ごしやすいよう、心を砕いてくださっているからです。

少し前にいただいたメールから、また一部をご紹介します。

2017123011.jpg

「朝ごはんをあげた後から、橙の部屋とリビングの境の引き戸を10センチくらい開けておきました。

すると午前中、リビングで娘がひとりでいた時にちらっと顔を覗かせたそうです。

もしかして、誰もいないと思ったのかもしれません

夕ごはんの時間には娘が手からあげてみたいと言ったので、『1粒だけね』と念を押して許可しました。

『ご飯だよ』と口元に差し出すと、手から直接食べてくれたそうです!

その後は橙がリラックスできるよう、定位置にお皿を置いておいてあげたとのこと。

2017123010.jpg

さらにその後、今度はヒトの夕飯の支度にかかり、娘と二人でキッチンに立っているときに再び顔を覗かせました。

このときは普通に生活音がしていますし、いることがわかっていての行動!

嬉しかったですー!

素早く写真を撮って、あとは娘とふたりでニンマリしながら頑張ってしらんかおしました!」

2017123001.jpg

どうですか?

こちらもニンマリしてしまいますよね♪

誤解を得ないようにお伝えすると、

「一般的に、猫が早く慣れてくれるには、こちらからわーっとせまらず、基本的にはしらんかおをしているほうがいい。向こうが少しずつ寄ってくるようになってからじょじょに応えてあげてください。」

とお願いしてあります。

この時点からさらに数日経っていますが、橙はもうリビングのカーテンにじゃれついて遊んだりしているそうです。

ご家族は毎日の進化をとても楽しんでいらして、本当にうれしく思います。

2017123002.jpg

そして名前は橙のままにしてくださるとのこと。

これもうれしいな。

もちろん名前はご家族の好きなものをつけていただくのが絶対に一番です。

でも愛着のある名前をそのまま使っていただけることは、保護主というよりただの私として、やっぱりとてもうれしかった。

2017123007.jpg

さて、その後私は数年ぶりに発熱して寝込みましたよ。すぐに復帰しましたが。

寝てはいられない理由があるからです。

2017123008.jpg

橙の保護譲渡は一時復帰、その後はまた休養期間に戻るつもりでした。

でも橙を保護してそんなに経っていないある日、コチ丸の夜の散歩中に1匹の猫に出会ってしまいました。

今回はここまでです。

またここで切るか!ですよね・・・

2017123006.jpg

今年もこのブログを読んでくださってありがとうございました。

今年は大親友ケンとのお別れがありました。 

今も毎日胸の中で話しかけています。

きっとずっとでしょう。

おおらかで心優しく勇敢だったケンに恥じない生き方をしたいと思っています。

2017123005.jpg

皆さんもそれぞれいろいろあったでしょう。

今年も1年がんばりましたね。

来る来年が皆さんにとって幸せに満ちた年になりますように。

2017123003.jpg


スポンサーサイト



プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
ボランティアで犬猫の保護と譲渡をしています。

現在募集中の子:ポプラ

ハンドメイドねこ首輪 月猫堂
猫とのくらしを始めたい相談
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる