FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2017/12
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
3年越しのおむかえ
昨日のクリスマスイブに橙をお届けしてきました。

向かう途中、橙は怖がってキャリーバッグの中で息をひそめていました。

でも時々「橙?」と呼ぶと小さな小さな声で「ね~~~~~う」と鳴いてくれます。

それはそれは心細そうな声で。

2017122510.jpg

新しいお家は文字通り新しくピカピカで、しばらく橙専用になるお部屋にはご家族の真心こもった努力と工夫の跡があちこちにありました。

休憩場所や隠れ場所、ご飯やトイレの配置、窓の脱走防止柵。

感謝でいっぱいです。

2017122505.jpg

隠れ場所のひとつにキャリーの口を近づけると、自分からその中に入りました。

不安でいっぱいの表情。

頭を撫でて、ちょっとだけだっこして、お礼とお別れを言いました。

2017122503.jpg

その晩のお母さんの報告メールの一部を転載します。

私、お母さんの文章がとても好きなのです。明るくてのびのびしていて。

橙がまだご飯を食べず、トイレもしていない、体調が悪くないといいんだけど。

という内容の後からです。

2017122504.jpg

「・・・、と思ったのですが、今、橙の部屋から鈴の音がします!

持ってきてくださったボール(橙はひとりでサッカーするのが大好きだったので愛用のボールを置いて来ました)で遊んでるのかな?

朝の早い主人と子供を寝かせ、家の中の明かりも消して、別室でこれを書いています。

みんながいなくなった気配でベッドから出て来てくれてるみたい。

2017122501.jpg

すごくうれしいー!!!!

うーれーしーいー!

遊んでくれてるなら体調は大丈夫なのかな。

様子を見に行きたいけどガマンしています。

この部屋を出たらその音で遊ぶのをやめてしまうかもしれないから。」

2017122508.jpg

私までうれしくなってニコニコしてしまいます。

もうひとつ、とても驚いたことがあります。

初期医療費とお心付けをいただきましたが、それはなんと10歳のお嬢さんが負担してくださったのです。

小柄で愛らしく、ふわふわのほっぺのお嬢さん。

両手で大事に大事に紅茶を運んできて、私に出してくださいました。

2017122507.jpg

お嬢さんが7歳の時に猫を飼いたいとお母さんにおねだりしたそうです。

でもお母さんは、あなたがもうちょっと大きくなって、責任というものを理解できるようになってから。という内容をやさしい言葉にして伝えました。

その時以来彼女は、お小遣いの中から猫ちゃん貯金を始めました。

コツコツと3年間続け、見事に今回の譲渡費用を貯めたのです。

2017122511.jpg

お別れはもちろん淋しいけれど、仮かあちゃんにはこれからの幸せなニャン生が見えるよ。橙。

最初はちょっと怖いかもしれないけど、幸せな毎日が待ってるよ。

そして橙も家族みんなを幸せにしてあげられるんだよ。

すごいよね。

2017122506.jpg

仮かあちゃんも幸せにしてもらったよ。

うちに来てくれてありがとうね。

けがも病気も無く、元気いっぱいでそこに在ってくれてありがとう。

2017122502.jpg


卒業おめでとう。橙。

ずっとずっと幸せに。


2017122509.jpg


スポンサーサイト



プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
ボランティアで犬猫の保護と譲渡をしています。

現在募集中の子:ポプラ

ハンドメイドねこ首輪 月猫堂
猫とのくらしを始めたい相談
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる