*All archives* |  *Admin*

2017/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
お引越
まずお詫びから。サン太のお届けの日、私はカメラの持参を忘れました。

もうお迎えが来るのにサン太は私の手をすり抜けて部屋のどこかに隠れ、ちょっと前に無理やりシリンジで給餌したハルがその復讐にキャットタワーのてっぺんにわざわざ登ってから辺り一面に派手に吐いて、呆然としているところにピンポンが鳴ったからです。

でもまあとにかくなんだかんだで命からがら里親さん宅にたどりつきました。

2016122801.jpg

エントランスまで来てくださったお母さんはおっとりと控えめ、ほっそりしてかわいらしいけれど、お話すると飾らないお人柄で懐の深さも感じられる方です。

小学生の息子さんたち2人は猫のおもちゃをたくさん並べて出迎えてくれました。

でもさすがのやんちゃ坊主サン太も初めての場所はやはり怖いようで、急いでソファの下に潜ってしまい、呼んでも出てきません。

2016122605.jpg

息子さんたちは本当に心待ちにしてくれていたので、サン太の姿を見たくてソファを覗き込んで、おもちゃで遊びに誘おうとしました。

でもお兄さんはちゃんと気付いて弟さんに伝えました。

2016123102.jpg

「震えてるよ。」

2人はサン太のそばから離れ、お母さんに「マンガ(だったかな?)の本を読んでいい?」と断わってから並んで読み始めました。

お見合い以来毎日サン太のことを話しながらずっと待っていてくれ、すぐにでもだっこしたい、一緒に遊びたい、まだ小学生の2人がその気持をぐっとこらえて、サン太が少しでも安心できるようにしてくれたのです。

2016122612.jpg

もちろん最初はどんな猫もそうなること、慣れるにしたがって元気になっていくことを話し、そうしたらたくさん遊んでねとお願いしました。

お兄さんは「1日中でも余裕で遊べる!」と答えてくれました。

そしてお父さん!

2017010304.jpg

お仕事の都合で後からのご帰宅でしたが、リビングに超がつく笑顔で飛び込んでいらして、バシッと決まったスリーピースのスーツ姿のまま這いつくばってソファの下を覗いたかと思うと「サン太くん、いや、でも待てよ、サン太くんて呼ぶと自分の名前はサン太じゃなくてサン太君だと思っちゃうよなーっ。」とかかわいいことを息子さんたちとワイワイ話してめちゃめちゃ盛り上がっていました。

2017010307.jpg

その様子はまるで友達同士か兄弟のようで、見ているこちらも笑顔が止まらなくなってしまうのでした。

みんなの表情は、なんて言うんでしょう。それを見たら「もう質問とかお願いとかいいや。」と思ってしまうような笑顔でした。

「もうそれだけでいいや、十分。」って。

2016123110.jpg

ご家族は最近まで先代の猫ちゃんと暮らしていましたが、急な病気で亡くされています。

お見合いの時、お父さんに「どんな性質(あまえんぼとかツンデレとか)の子が理想ですか?」とお尋ねしたら「元気ならなんでもいいです。」とお答えになりました。

言葉がシンプルなので解釈はいろいろできると思いますが、その「なんでもいい」は「どっちでもいい」とか「どうでもいい」とは違いました。

2017010910.jpg

私には「健康でさえいてくれたらどんな性格の子でも喜んで受け入れてずっと大事にする」という意味に伝わりました。

例えば赤ちゃんができた夫婦が、最初はいろいろ理想を思うけど、色々な事件や事故や人々の経験を見聞きするにつれ、最終的には「元気で産まれてさえくれたら何もいらない」と思うような、そんなニュアンスで。

2017010308.jpg

「2番目の子はしあわせ」と言いますね。

家族が先代の子に関して悔やんでいたこと、してやりたかったことをみんなしてもらえて大切に大切にされるから。

2017010309.jpg

数日後のご報告では、もうご飯も平らげ、ボールで遊び始めているそうです。

もともと大らかな子なので慣れるスピードは早いはず。

お気に入りのおもちゃと一緒に大切に飾られていた先代猫ちゃんの写真にも「よろしく頼むね」と挨拶して来ました。

まずは半月ほどのトライアル期間。結果はもう少し先です。

2017022001.jpg




ニャンニャンの日からPEACETAILS猫祭りです!

写真展、譲渡会、ねりまねこさんトークイベントの3本立てです。
詳細、お申込はこちらへ → クリック

2017021402.jpg

スポンサーサイト
やめなさい。まちなさい。いいかげんにしなさい。
出てしまった、広告・・・

ということは1カ月放置したということ。 あら~・・・

2017021101.jpg

ケンは普通に生活できていますが、朝が来るたびに少しずつ悪くなっているのがわかります。

でも今以上にできることは無いし、この子はもう推定17~8歳だし。

これからもただ、できる限り快適に楽に過ごさせてやるだけです。

お気に入りの日なたのベッドをふかふかに保ってやったり、大好きな木のブラシでマッサージしてやったり、そんな小さなふつうのことで。

2017021111.jpg

サン太は逆に朝がくるたびにどんどん成長して、体重は今や2kg目前。まるまるっちい感じが取れて、男前になってきています。

連れて来たばかりの時の毛の汚れもすっかり無くなりました。

里親様募集にはたくさんのご応募をいただき、本当にありがとうございました。

どのご家族もあまたの募集記事からサン太を見つけ、話し合って、真剣な気持ちでお申し出くださったことに心より御礼申し上げます。

2017021107.jpg

我が家は猫はあまりお風呂に入れませんが、サン太はやんちゃでご飯に足をつっこんじゃったりしてやや汚れてきており、お見合いの前でもあったので入れてみました。

2017021108.jpg

そしたら、あら、なんかちっちゃい。

猫ってみんなそうですけど、濡れるとほんとに細くてびっくりします。

2017021109.jpg

なんか猫というよりねずみ???

2017021110.jpg

遊び盛りも真っ盛りのこの男の子は、毎日家中を疾走し、他の猫や時にはコチ丸のご飯まで食べようとし、キャットタワーのてっぺんまで楽々登り、おもちゃなど見せようものならエンドレスの体力で遊び倒します。

もうね、私の方がもたないのよ。

一緒に走り回らなくて済むように、長ーい棒の先にテープでくっつけて稼動範囲を広くした猫じゃらしを座ったまま振ります。

途中で何度かうつらうつらしたりします。そして夫かマコに押し付ける。バトンタッチします。

2017021105.jpg

なのでこの子には一緒に遊んでくれる若い力が必要です。

そんなわけで新しいお家は2人の息子さんがいるご家族に決まりました。

三男坊として兄弟のように過ごしていただけたらと願っています。

2017021106.jpg

このブログを書いている間にも家中の犬猫にちょっかいを出して怒られています。

我が家は一番若いマコが5歳、年上の2匹は健康ではなく、コチ丸と水はどちらも穏やかなので、数は多いものの騒々しくはありません。

でもサン太が来てくれたらとたんに家の空気が明るい光をはらんで動き出しました。 

2017021102.jpg

あちこちでイタズラしては隠れているところを這いつくばって引っ張り出し、そのまま仰向けになって胸元に乗せると、たちまちゴロゴロ言い始めて寝ちゃったり。

高い所に置いてあったはずのティッシュがどういうわけか細く裂かれて床中埋め尽くしていたり。

2017021103.jpg

明日の夜からはもう「やめなさーい!」「待ちなさーい!」「いいかげんにしなさーい!」と叫ぶことはないんだねぇ。

毎日君をせっせとグルーミングしているマコもきっとしばらくの間は君の姿を探すでしょう。

でもねサン太、

こうやって人が少し淋しい気持ちで書いてる視界の隅で、遠慮の欠片もなく水のご飯を横取りするのはやめなさい。

2017021104.jpg



今週の土曜日、2月18日はPEACETAILS名物、パックウォーク譲渡会ですよ~。
詳細、お申込はこちらへ → クリック

2017021401.jpg


そして2月最終週は猫祭り。写真展、譲渡会、ねりまねこさんトークイベントの3本立てです。
詳細、お申込はこちらへ → クリック

2017021402.jpg




プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR