*All archives* |  *Admin*

2016/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
犬の尊厳、人の尊厳
先日すれ違った、勢いよく自転車を飛ばしていた小学生。

後ろから「気をつけて行きなさいよー!」と叫んだお母さんに返した一言がなんだかすごく気に入ってしまって。

2016091402.jpg

「気をつけて行くかも~!」

あなたの希望はわかった。そうした方がいいこともわかる。だけど約束はできないな~。の意味を含んだ上で先方が怒れずに笑ってしまうという絶妙な言い回し。

うまい。

話は変わります。

2016091401.jpg

夫とコチ丸と隣駅まで足をのばしたある夕方、1組の飼い主と犬が私達の前を通り過ぎました。

飼い主は中年の男性。早足でどんどん歩きながら携帯電話で誰かと会話していました。

犬は小さなトイプードル。そのスピードについて行けず、ほとんど首を吊られたような格好で一生懸命小走りに前進していました。

男性は話に夢中だからなのか犬の方をまるで振り向きませんでしたが、急に立ち止まりました。

でも変わらず犬には一瞥もくれないまま話を続けています。

2016091404.jpg

犬は、それまでガマンしていたのでしょうね。ちょうどそこにあった植え込みで急いでウンチの体制に入りました。

でも用が済む前に男性はまた歩き出したのです。

犬は当然排泄したものをお尻からこぼしながらまた必死で小走りします。

2016091403.jpg

私は思わず「ひどい!」と大声を出してしまいました。

となりを見るとそこにいたはずの夫はおらず、すでに男性に追いついて肩を掴んで振り向かせ、点々と落ちている排泄物を指差していました。

男性はしぶしぶといった感じでそこまで戻って片付けましたが、その間も電話は切らずに話し続け、片付け終わってもまだ話しながら行ってしまいました。

私達が本当にしてほしい事は片付けなんかじゃなくて、もっと大事なことだった。

2016091407.jpg

あー、なんで! 

なんで私達二人とも「電話中の人には話しかけてはいけません」という子供の頃だかいつだかの教えを無意識にバカみたいに守ってしまったんだろう。

かまわず言えばよかった。

「その子の尊厳を守ってやってください。」って。

そして、その子が自分の家族になった縁を、今日も一緒にいられる幸せを想い、散歩中ぐらい電話を切って、手をつなぐように会話をするように歩けってんだこのバカ。って。

あら、私ったら行儀が悪い。

216091405.jpg

バカの頭に「お」をつけるのを忘れたざます。

相手が犬でも人間でも、その尊厳を思い図れないってことは、ご本人もきっと尊厳などお持ちではないのでしょうね。

でももしかしたら男性のご両親に何かあったとか、緊急の知らせで頭が真っ白だったのかもしれませんね。

今度会っても同じようにしていたらその時は話しかけてお願いしてみます。

もちろん先ほどの罵倒は心の声であって、実際はもっと平和的にお行儀よくする・・・

かも~。

2016091406.jpg



スポンサーサイト
太陽と北風
我が家の猫のうち2匹は腎不全。食欲はほとんど無いので、日に6回くらいに分けて濾したウエットの療養食をシリンジで強制的に給餌します。

最初はそれで嫌われて、全然そばに来てくれなくなってしまってとても悲しかったので、色々考えて試して、現在は部屋を決めて行っています。

するとイヤなことをされるのはその部屋だけと理解したようで、そこ以外のかあちゃんは好き♪に戻りました。よかったー。

2016090308.jpg

ケンは比較的やりやすいのですが、長女はるは抵抗がはげしくて、その度にこちらもクタクタになります。

そしてキッチンで準備を始めるともう勘付いて見えないところに隠れてしまいます。

でもはるは、愛すべきことに、呼んだらついお返事してしまうのです。

またはイヤ過ぎてつい独り言の文句を言ってしまう。

なのでせっかく隠れてもすぐ見つかってしまうのでした。

2016090307.jpg

コチ丸は穏やかな毎日を過ごしています。

最初の頃は私が出かける時は鳴いて追って来ましたが、今はあっさりリビングで見送ってくれます。

寝ころがったままの時もある!それはどうなのよ!

でも帰って来た時はとても喜んで踊ってくれるので、一緒に踊ります。

制止したらすぐにおりこうにすることもできるけど、普段どちらかというとポーカーフェイスなコチ丸が「わーい」とハジけることはそんなに多くないし、私もその姿を見るのが本当にうれしいのであえて彼の気が済むまで。意外と短いけど。

ひとしきりはしゃいだらにっこり笑いながら「うーん」と大きく伸びをして、そのまま腰を落として伏せになり、しばらくしっぽを振って笑顔で見上げてくれます。

2016090304.jpg

そしてコチ丸、意外とやきもち焼きです。

猫の強制給餌は私が床に正座の形で座り、脚の間に後ろ向きに猫をお座りさせてするのですが、それが始まるとすっとんで来て私の横にぴったりくっついてお座り、一生懸命首を突っ込んだり私の顔をなめてジャマをします。

「その子だけにかかりきりにならないで、ボクもかまって~」

強制給餌は猫の抵抗の勢いで部屋中飛び散ったウエットフードだらけになったりして気を抜けないのです。

従って私もコチ丸まで相手してあげられないのですが、気持ち的にはうれしい。

しかしながら残念ではございますが、させないようにしました。

2016090305.jpg

そういえばやめさせるには別の方法もありました。

現在我が家は外食はほぼ無くほとんど全部自炊です。

要領の悪い私はけっこう時間がかかり、また時間だけじゃなく、気が付くと思いのほか集中していた!ということがしょっちゅうです。

いっぺんに何品も平行して大量に作ったり、ストック分とか考えながら、いろいろあるのよ主婦は。けっこう必死です。

2016090302.jpg

するとコチ丸は、暑いし床も濡れていたりするキッチンにやって来て、私の足元にぺたっと寝そべります。

ジャマだし危ないよ。

他の時はそんなことしないのに、この時だけはくっつきたがります。

私があまりにキッチンワールドに集中しているので淋しくなるのかな。

2016090306.jpg

そんな時はコチ丸の前にちょっと座って「コチ丸はいい犬。大好き。」ということをごく短く、でも気持ちを込めて話します。

するとわかるんですねー。はっきりと理解した、満足した表情になります。

そして追い払ったりしなくても離れた涼しい場所に戻って行って、また好きなようにくつろぎ始めます。

いろんな性格の子がいて、それぞれに合った方法がありますが、コチ丸の場合はこんな日常です。

なんだか「太陽と北風」 のお話を思い出しました。

2016090303.jpg


来る9月19日(月・祝)15時から横浜市内でPEACE TAILS のパックウォーク譲渡会があります。

室内会場ではなかなか見ることの出来ない、保護犬たちの普段の姿にふれあうことができます。(歩きながら犬の様子を見たり、もちろん落ち着いて面会する時間も設けます。)

先住犬がいる場合は相性も見やすいので出来る限りお連れください。

2016090301.jpg

一般参加者さん(自分の犬と一緒に保護犬たちとパックウォークをしてみたいという方)も大歓迎です。

散歩の仕方や犬の心理の読み方を知りたいという方、また、日ごろお散歩に悩んでいるという方にとっては、目から鱗のヒント満載の1時間となるかもしれません。

お申込はこちらから。 →  PEACE TAILS

プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR