*All archives* |  *Admin*

2016/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
力の満ちるランチ
コチ丸の捜索用ポスターは、逸走当初は自宅や捜索現場のコンビニなどで印刷・コピーをしていました。

私は機械音痴なので、けっこうミスプリントが出ます。

貼る段階でも突風などで変なところにテープがくっついて使い物にならなくしてしまうこともありました。

実は私、このボツポスターも全部捨てずに持っています。

2016042513.jpg

バカバカしい話なのですけど、捨てたらなんだか戻って来てくれないような気がして。

なので無事に戻るまではおまじないのような気持ちで全部保管しておくことにしました。

ポスターを剥がす時も正直その都度胸が痛みます。ずっと掲示されていたポスターは日焼けや雨風でほとんど原型を留めておらず、びっしりカビが生えていたりして、さすがに保管はできないし。

2016042515.jpg

でもたとえば、美化に気をつかっているであろうおしゃれな場所なのに、たくさんのポスターを貼ったまま残しておいてくれている町に出くわすこともあります。

それも貼ってからずいぶん経っているのにきれいな状態で。もしかしたら時々表面を拭いてくれてたりしたんじゃないかな。

そんな時は地域の方々の心意気が心底ありがたくて、胸の中で誰にともなく「ありがとうございました。」と頭を下げています。

180度で。道場を退出する時みたいに。

2016042504.jpg

もう晴れていたら汗ばむほどのお天気の住宅街は、よく手入れされた新緑や花々であふれていて疲れが和らぎます。

その反面まだ治療中だったコチ丸のフィラリア、ノミダニや寄生虫、食べられる物や水も傷みやすい季節になっているということもいつも頭を占めています。

2016042502.jpg

朝公園で食べるおにぎりのエネルギー分ぐらいすぐに歩いてしまうので、その内電池が切れてきます。充電しないともうひとがんばりできない。

コチ丸捜索とケンの医療のため、いつもは必死で節約していますが、たまには心のガソリンも要ります。

カフェで過ごす時間に眼の無い私は、目の前にあったカフェらしき店に入ってみることにしました。

2016042516.jpg

窓際の席からはもう夏みたいな雲がぽっかりうかんだ青空が見え、グラスの水がテーブルにゆらゆら揺れる影を落として、自分だけのつかの間の場所でこんな風にぼんやりできるのはなんて贅沢なんだろう。

そして、カフェだと思い込んでいたお店は実は本格的なビストロで、コストパフォーマンスの高いランチコースは前菜盛り合わせもサラダもメインも丁寧な説明つき。

そしてどれもこれもびっくりするようなおいしさでした。

2016042512.jpg

新鮮でおいしい物をゆっくり食べると本当に力がふつふつと満ちてくるものなんだなあとすごくはっきり感じました。

そういえばここのところずっと、楽しんで食事したことなんてなかったなあ。

umenoyaさん、ありがとう。心にも身体にも沁みる、明日からもまたがんばろうと思えるご飯でした。

2016042507.jpg

本日のトリはむーこ改めココちゃんです。ココちゃんの里親さんは捜索に親身にご協力くださっていて、間近で目撃されたこともあるのです。すごい確率です。

そして不思議といつも私が気合いを入れるべきタイミングに写真を送ってくださいます。

2016042506.jpg

先住のぐーちゃんも共にエイズキャリアですが、2匹ともとっても元気で仲良し。ふんわり優しい里親さんが大切に慈しんでくださっているおかげです。

ぐーちゃんは私の尊敬する ハハさんの703号室からこのお家にやって来たことが後から判明し、互いに驚いて喜び合ったエピソードがあります。これもまたすごい確率。

2016042505.jpg

703号室といえば、卒業猫達の一匹にさんきゅう君という子がいました。雨の中びしょぬれだった、でも太陽の子。

その子の記事の中でハハさんが1枚の写真につけたセリフとそのかわいい顔が、なぜだか最近たびたび頭に浮かびます。

それはシンプルだけどとても必要で、正しく尊い、こんな言葉。

「明るく生きる!」 

2016042509.jpg


スポンサーサイト
週末の偶然
1ヶ月ブログを更新しないと広告が出てしまうのですね。

まず、熊本や大分で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。わずかばかりですができる限りの支援を続けていきます。

それから励ましのコメントを本当にありがとうございます。おひとりずつにお返事せず申し訳ありません。

2015111612.jpg

このところのコチ丸目撃情報では、以前のように広範囲の移動はしていないように見えます。

コチ丸は早朝によく動いているので、私はできる限り始発で捜索に行きます。

2015110307.jpg

朝にとても弱いので、4時とかに起きるのはつらいですが、夜明け前~夜明けの色は本当に美しいし、道にも車や人がまるでいなくて、まるで世界一人占めみたいな気分が味わえます。

ひとりで生き抜いているコチ丸の気持ちもなんだか見えるように思える時があります。

2015100511.jpg

先週末は団地群からスタートしました。まず小さな公園のベンチでおにぎりを食べて、ほうじ茶を飲み、その後しばらく座っていました。

あたりに立ち込める静かな蒼い空気の中からコチ丸が出てきてくれるような気がちょっとだけしたから。

もちろんそんなにうまく事が運ぶはずも無く、いつものように勘のコンパスで歩き始め、ポスターの地域を広げて行きます。

それにしてもなんでいつも坂ばっかりなのコチ丸。 

2015100508.jpg

お昼すぎまでひたすら歩いたらまた電車に乗って川崎方面に行き、コチ丸が出現する可能性が薄くなった地域に貼ってあるポスター剥がしをします。

これは貼るよりさらに大変な作業です。どこに貼ってあるかわからないので、その地域のすべての道を歩かなくてはなりません。「丁目」ひとつだけでも十分キツい。

捜索でも剥がし作業でも、1回行くとその後数日は足腰ガタガタでまともに歩けないから連日は行けなくて、なかなかはかどりません。

2015093003.jpg

コチ丸は時折、「ここは来ないだろ」と思って貼った地点でそんなに時間をおかずに目撃されることがある。

今回は5日前の最新目撃地点からスタートし、港南区と栄区をまたいで歩いて行きましたが、コース上の2ヶ所の地点で私がそこを通過した1~2時間ぐらい後に目撃情報がありました。

もちろんただの偶然かもしれない。でももしかしたら足跡かポスターの匂いを嗅ぎつけて「あれ?なんかなつかしい匂いかも。」と確かめに来てくれたのかなあ。コチ丸。

2015092706.jpg

ニアミスの無念さと、同じ道を辿ってくれたという小さく明かりが灯るような気持ちが入り混じる思いがします。

だったらいっそのこと苦労して歩いたりしないでにどこかでじっとしてたら来るのか???

あるいはそのままずっと歩き続けて家まで帰ったらついてくるのか???

となりますが、そうはいかないんだな。どちらも何度も失敗しています。

2015092209.jpg

なぜか何にも意図せず動いた時にしか起きないんですよね。じゃあやっぱり偶然か。

いずれにしても、現地まで出向き、足を使って動くことは不可欠なのだと実感した週末でした。

効率の良し悪しはポイントじゃない。成功率1%でも、その1が真に必要な1かもしれないのだから見送るわけにはいかない。

2015092410.jpg

100回失敗してもその後にただ1度の成功がありますように。

どうか無事で。

どうかその後もずっと健やかな一生を。

コチ丸が辿り着く場所がどこだとしても。

2015092411.jpg


プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR