*All archives* |  *Admin*

2015/08
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PEACE TAILS 譲渡会 @ CAFE OREO
ずっと雨ばかりで洗濯物が乾かない~・・・ そんな中、今日は久々に予定の無い日曜日でした。 むーこがいなくなって、1ヶ月半でたちまち物置のようにちらかった保護部屋をお片づけしておりました。 

そうです!次の保護っ子が来るから♪ 次の週末にはご紹介できると思います。

2015083004.jpg

さて、昨日は恒例、 PEACE TAILSの譲渡会でした。今回はいつものDO ONE GOOD PARKさんではなく単独で、ホームグラウンド、横浜のCAFE OREOさんでの開催となりました。

このボード、チョークで描かれてるの!すごい!!

2015083002.jpg

今回はカフェでの開催だけに、ご来場の皆様にワンドリンクのサービスがあり、犬猫に囲まれながら店内でゆっくりしていただくという特典付きでした。

2015083005.jpg

時々小雨がパラつく中、たくさんの皆様にご来場いただき、心より感謝申し上げます。
 
今回は犬は5頭と数を抑え、その分、猫が参加しましたー!

2015083006.jpg

右からおこわ、おかゆ、おこげのごはんず。5ヶ月。

2015083012.jpg

無邪気に遊んだり、眠ったり、堂々としてました。

2015083015.jpg

2015083007.jpg

碁石。推定7~8ヶ月。始めての場所、人がたくさん、仔猫にまとわりつかれてもじっとガマン。めちゃくちゃ良い子です。 よくがんばったね。ほんっとうにえらかった!

2015083003.jpg

にょっき。推定9ヶ月。元気いっぱい。素直で天真爛漫。人が大好きです。

2015083001.jpg

寧々。推定4ヶ月。ちっちゃかったのが、どんどん大きくなり、いまや10kg超えとか。威風堂々です。まだまだ大きくなるよ!

2015083011.jpg

ペペ。推定3歳。食べるの大好き、運動大好き、強く明るくたくましいご家族向き?

2015083016.jpg

2015083013.jpg

ロック。6歳。甘えんぼで人が大好き。真っ白すぎて写真が神々しく光輝きます!

2015083008.jpg

2015083009.jpg

ブッチーニ。推定4歳。右がブルー、左がこげ茶のきれいなバイアイ。レスキュー時からは見違えるように生き生きした子になりました。

2015083010.jpg

今回の顔ぶれはこんな感じでしたが、また新しい子が仲間入り予定です。どんどん出たり入ったりしていきますのでいずれ動物を迎えることもお考えの方も、ぜひ時々チェックしてみてください。

こちらは応援隊のみなさん。

2015083014.jpg

次回の譲渡会も決定しております。

日時:9月13日(日)12:00-16:00
場所:Do One Good PARK@ココカラリオーネ 
(横浜市西区高島2-18-1 横浜そごう2階屋外広場・はまテラス)

参加犬猫たちの詳細はこちらをご覧ください。 → こちら

今すぐではなく、いずれ動物と同居をお考えの方、ボランティアとして参加したいという方、まだわからないけど興味があるという方もぜひ遊びに来てください。




スポンサーサイト
むーこ、改め ココちゃんです。
むーこファンの皆様お待たせいたしました。本当のおうちに行ってから、早くも1ヶ月半が過ぎました。

とてもかわいがっていただいて、驚くべきスピードでお家にもご家族にも先住のぐーちゃんにも馴れてきています。

里親さんからお便りが届きましたのでご紹介しますね。

2015082303.jpg

「我が家に来てから長らく時間が経過してしまいましたが、むーこの名前決まりました!むーこ改め『ココ』と命名させていただきました。

私はお目々がキレイな水色なので『そら(空)』か『すい(水)』が良かったのですが、夫と母から何か変だよ~と反対を受けまして…(ρ_;)

夫がミルクたっぷりのココア色っぽい毛色だからココア(略してココ)がイイとのことで母も賛成し決定となりました(^_^)

むーこ自身まだ自分の名前…という認識は薄い反応ですが、たくさん名前を呼んで慣れてもらえたら…と思っています(*^^*)

2015082302.jpg

ご飯もよく食べ、よく遊び、最近ではお布団で一緒に寝転がったり、トイレに付いて来てくれたりしてくれるようになりました!とても頑張って歩みよってくれています(*^^*) 爪とぎも立派にするようになったんですよ! 

ぐーともすっかり打ち解けて、予想通り一緒に廊下を疾走しています(笑)

t_2015082002.jpg

正直なところ私は特に何もしていないのです。

ぐーには、『可愛い妹ができるよ。これから家族になるから仲良くしてあげてね。女の子だから優しくしてあげてね』と言い聞かせ、ココには『ぐーちゃんは優しい良いお兄ちゃんだから恐くないよ。安心だよ。これから家族だから皆で仲良くしていこうね』と言い聞かせたぐらいです。

あとは2匹同じ部屋で居るときに、一緒におやつを与えたことぐらいです(^^)v

何より一番は、ぐーがフレンドリー気質でココに優しかったことが功を奏したように思います。

t_2015082001.jpg

ココはもう別室にいることはあまり無く、ほとんどの時間をリビングで一緒に過ごしています。

以前ブログにもあったように、朝はご機嫌がとても良く、私が目を覚ますとすぐさま起きた気配を察知して、一緒の布団の上でゴロゴロしてくれます^^

まだ夜、川の字で寝るまでは至らないのですが…冬になったら夢の猫団子が見れたら嬉しいです(*^^*)

2015082301.jpg

本当にとても良い子です!出逢わせてくださり本当にありがとうございましたm(_ _)m

ぜひまた遊びに来て下さい^^ まだまだ残暑が続く日々かと思いますが、くれぐれもお体に気をつけて益々のご活躍をお祈りしております。

t_2015082003.jpg



さて、PEACE TAILS の次回の譲渡会は明日!

8月29日(土)14時~17時、場所は横浜市都筑区のCafe Oreoです。

おいしく安全なおやつでおなじみのなびすこずさんが、満を持してオープンされたばかりのそのカフェは、緑あふれる広大な公園の隣。美容と健康に良い厳選素材で丁寧に作られたおいしいお料理とドリンク。イギリスアンティーク調の店内は居心地良く過ごせます。もちろん犬も来店OK。

2015082304.jpg

譲渡会の最中は飲食のご提供はありませんが、ぜひご来場ください。今すぐには飼えないという方も、ボランティア志望の方も、保護動物・保護活動がどんな感じなのかを見てみるだけ、ご相談だけのご来場も歓迎です。

参加予定の犬猫はPEACE TAILS のウエブサイトをご覧ください。→  こちら

お待ちしています♪


小道と犬
この2週間弱の充電期間中、ネットはほとんどしていませんでしたが、会社は特にお盆休みも無いので行っていました。自分のデスクのPCで、マイクロソフトのウエブサイト無料壁紙の中から「小道」シリーズというのをダウンロードしました。

森や草原や花畑などのきれいな景色が、8種類ぐらい入っていて、一定の時間ごとにローテーションで回っていくのですが、どれも画面の手前から長い小道が奥にずっと続いています。仕事はもちろんまじめにしてますよ!でも合間にこの壁紙を目にするたびに、そこを犬と歩くことを想っていました。

071102.jpg

壁紙には犬シリーズや猫シリーズもあったのですが、どういうわけか私には、この「小道」シリーズが一番、動物と共にいることをイメージさせてくれるのです。

想像の中の私と犬は深く繋がった気持ちで穏やかに歩いています。実際の私はリードを持つと、たいていの子にはすぐリーダーシップを奪われるダメダメ人間ですけどね・・・

・・・でも、これから上手になるのよっ!

2015081906.jpg

さて、ひさしぶりのメイとなごみです。里親さんからお便りいただきました。

2015081901.jpg

「毎日暑いですね。我が家では無事6月早々にエアコンを設置し、快適な毎日を送っています。

ここまで暑いとエアコン様々ですね。 出かける時にもエアコンをつけて行ってるのでメイとなごみともに快適そうにお留守番してくれます。

2頭は相性がとてもいいのか、いまだにけんかひとつせず仲良く暮らしていて嬉しいです。

2015081903.jpg

なごみは今も毎週薬用シャンプーしています。メイは少しずつ慣れ、今では次女の布団で一緒に寝たりしています。

家族全員夏バテせずにこの暑い夏を乗りきりたいです。ではまた。」

2015081902.jpg

2番目のお嬢さんが家族で一番犬達と仲良しです。お嬢さんに両側からぴったりくっついて昼寝をしているなごみとメイ。

今年は酷暑でしたから、おばあちゃん犬のなごみの体調が気になっていましたが、大切にしていただいてとっても元気そうで、皮膚の調子も良さそうです。

2015081905.jpg

センターにいた頃から人が大好きでいつもそばにいたかった、それが叶って良かったね。なごみ。 

怖がりのメイも信頼できる家族のもとでリラックスできるようになったんだねえ。ほんとに良かったね。

それにしてもお姉ちゃん、起きたら身体バキバキでしょうね。寝返りもうてやしない。かわいがってくださってありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。



PEACE TAILS の次回の譲渡会は8月29日(土)14時~17時です。 

場所は横浜市都筑区のCafe Oreoです。

おいしく安全なおやつでおなじみのなびすこずさんが、満を持してオープンされたばかりのそのカフェは、緑あふれる広大な公園の隣。美容と健康に良い厳選素材で丁寧に作られたおいしいお料理とドリンク。イギリスアンティーク調の店内は居心地良く過ごせます。もちろん犬も来店OK。

2015072701.jpg

譲渡会の最中は飲食のご提供はありませんが、ぜひご来場ください。今すぐには飼えないという方も、ボランティア志望の方も、保護動物・保護活動がどんな感じなのかを見てみるだけ、ご相談だけのご来場も歓迎です。

参加予定の犬猫はPEACE TAILS のウエブサイトをご覧ください。→  こちら

お待ちしています♪


,
ネット断食
週末断食とかデトックス断食とか、または化粧断食とかいろいろありますが、私この2週間ほどネット断食をしてみました。メールチェック、メッセンジャーを使うことはしましたが、それ以外はほとんど見ませんでした。

そして自分がいかにネットに依存していたかを実感しましたね。もちろんボランティアをしている限り必要なので、これからも続けますが。

t_NEC_2128.jpg

私は器用と思われがちですが、とにかく不器用でグズです。特にネット上の作業には相当な時間を取られます。動物たちのために何かしたくてやっているのに、その間我が家にいる動物たちはほったらかし。なんだか本末転倒です。

そして他の「やること」もできないから「やることリスト」はどんどん長くなり、何て言うんだろ、その時すぐにやれることが無かったとしても、いつもいつも「やることリスト」をチェックして、どうにかひとつでも消せないかと焦り、常に何かに追い立てられるような状態が続いている感じでした。

睡眠時間は足りず、会社でもいつでもずっと眠い。家の中は荒れますし、疲れてちゃんとご飯も作れない。そうじも減る。身体に不調が出てくる。このだめだめループの中で無理やりふんばり続けても良い方へ行く事は何もないだろうと判断したので、この際、生活態度を見直して改めることにしました。

t_DVC00033.jpg

仕事は休めませんから毎日行きましたが、整体で腰を整え、自分で調理した野菜や発酵食品や玄米など中心の食事をし、ふだんできない片づけや壊れた物の修理などをし、腎臓の悪いケンを丁寧に看て、他の子たちともたくさん遊び、湯船のお風呂に入ってストレッチをし、睡眠は少なくとも6時間以上に増やしました。

それだけでしたが、ずっとガッチガチだった首と背中あたりの感じがずいぶんすっきりしました。カユカユだった肌もずいぶん良くなりました。いつもずーんと重かった胃も軽くなりました。今後も睡眠だけはちゃんと採るように工夫しなくては。

結局、自分を追い立てているのは他の誰でもなく自分だっていう事なのね。時には手を抜いたり、人に助けを求めたり、弱音を吐いたり、とりあえずその日は全部ほっぽらかしてとにかく寝たりとかした方がいい。

逆にやる事やる事の間に挟んでいるちょっとした無駄な時間を全部省いて用事をフルスピードで一気に終らせるとか。1日はどうしたって24時間より増えてくれることは無いんだから、うまくメリハリをつけ、調節をするしか無いですよねー。

103006.jpg

目の前に命の灯を見せつけられている最前線のボランティアの方は、もっとずっと計り知れないご苦労をされていると思います。365日まった無しで続き、その上、時には的の外れたバッシングや邪魔ををされたりする。それでも穏やかな表情で淡々と生きておられる方に何人もお会いしました。

私は彼ら彼女らの足元にも及ばない、ちっぽけなダメ人間で、時々このようにダウンします。預かり再開したらおそらくまたリズムは麻痺していくでしょう。でもそうしたらまた充電して、本当にわずかばかりですがお手伝いを続けていきたいと思います。

というわけで、たぶんもう少ししたら新しい子が我が家に来ることでしょう。またよろしくお願いします。

101501.jpg


PEACE TAILS の次回の譲渡会は8月29日(土)14時~17時です。 

場所は横浜市都筑区のCafe Oreoです。

おいしく安全なおやつでおなじみのなびすこずさんが、満を持してオープンされたばかりのそのカフェは、緑あふれる広大な公園の隣。美容と健康に良い厳選素材で丁寧に作られたおいしいお料理とドリンク。イギリスアンティーク調の店内は居心地良く過ごせます。もちろん犬も来店OK。

2015072704.jpg

譲渡会の最中は飲食のご提供はありませんが、ぜひご来場ください。今すぐには飼えないという方も、ボランティア志望の方も、保護動物・保護活動がどんな感じなのかを見てみるだけ、ご相談だけのご来場も歓迎です。

参加予定の犬猫はPEACE TAILS のウエブサイトをご覧ください。→  こちら

お待ちしています♪


ちょっとだけお休みします。
1週間~10日ほどネットを休みます。

ちょっと腰を痛めまして、胃腸炎と慢性じんましんにもなりまして、あらまぁってことで。

t_unnamed[1] (3)

もっとずっとがんばっている方がたくさんいらっしゃるので誠に恐縮ではありますが、人にはそれぞれキャパがあり、私にしてはこの半年程ちょっと無理しすぎたかなという感じです。歳もね、アレですし。

ここでふんばり続けてぶっ倒れても面倒なだけなので、ここらでいったん色々休んで調整しよう思います。おおごとにしないように先手を打つわけです。

幸か不幸か付き合いの長い不調ばかりで、対処の仕方はある程度わかっているので、今の時点なら長くても10日もあれば十分だと思います。来週末ぐらいには復帰していることでしょう。

まだまだ暑いので皆様も身体にお気をつけくださいね。



やっとひと息
旧の暦で言えば、もう残暑なのでしょうけど、この連日の猛暑はどう考えてもバリバリ現役の「暑中」・・・この2週間程はボランティア関係の予定が集中というか密集し、超ハードスケジュールでした。

2015080608.jpg

短期非公式でスーパーかわいいナポリンも預かってたし。毎日睡眠時間は長くても4時間。有意義な経験ばかりで頭は充実しましたが、さすがに体はまいりました。でもようやくバタバタも落ち着いてきました。

このブログもなんだかここのとこ社会派ブログみたいになってますし、ここらでほっと一息、和みが必要な感じ。ということで、里親様たちがくださった暑中見舞いのお便り、ほんの一部ですがご紹介させてください。

2015080605.jpg

まずはあずきちゃん(元1号)

「暑中お見舞い申し上げます。我が家に来て2度めの夏。ゴロゴロ甘え上手で家族に可愛がられっかり家族の一員となったあずき。ちょっと面倒な性格のクッキーに比べあずきは何事も素直でストレートな性格のようです。

相変わらず抱っこは拒否!でも自分からお膝に乗るのは大好き。そしておしゃべりで食いしん坊なとっても可愛い子です。

2015080601.jpg

現在の体重は5キロ。小顔なので小さく見えますが結構ムチムチで一回り大きく見えるクッキーとほぼ同じ。もうすぐ超えちゃうかも(笑)

先日、ワクチン接種をして来ました。異常もなく健やかに成長しておりますのでどうぞご安心下さい。今年は特に酷暑で辛い夏ですがどうぞご家族皆さまお身体お大事にされて良い夏をお過ごし下さいませ。」

2015080602.jpg

そして憩くんとララちゃん(元憩と航)

「こんにちは、お久しぶりです。憩とララが来て、4ヶ月が経ちました。もう月日がわからなくなるくらい家族となりました。

まず、憩ですが、名前は結局、憩としました。( ^ω^ )彼は、初めからウチの子のように違和感なく過ごしています。食いしん坊でイタズラ好きで、いや、イタズラでなく好奇心旺盛です。シンプルなおもちゃが好きで、いろいろ噛み切ったり舐めたりして目がはなせません。しまい込んでいた小さな物を引っ張り出し遊んでいます。

甘えん坊で、ララを可愛がっていると走ってやってきて主張。ゴロンゴロンかまって攻撃します。抱っこも、爪切りもお手入れもさせてくれます。

2015080604.jpg

ララは、憩に比べて、センシティブな子だなあと思っていました。前にメールした後、やはりトイレに問題があり、私たちも色々悩みましたが、今はララ専用の砂なしトイレを用意して、上手くいっています。

食欲旺盛なので食べさせ過ぎに気をつけています。ただ、最近ごはんにちょっと主張が多くなってきて、いろいろ種類を変えています。

はじめ、ララの憩をいつも気にしている様子から、ちょっと心配していましたが、憩の遊び攻撃にもちゃんと負けていない強さにびっくり。追いかけっこでも取っ組み合いでも、普段のしとやかさからは一変して、暴れん坊の兄に立ち向かいます。精神的にも私たちが思ってたより強い子だなあと。

私たちが居る時は、常に傍にいます。ほとんどストーカー状態。可愛くて仕方ありません。フワフワの毛を夫がいつも手入れしていて、シツコイニャと嫌がられたりしていますが。この一ヶ月で本当に近くなりました。

2015080606.jpg

はじめ怖がっていたドライヤーや掃除機の音など、今は全く平気で、順応性の高さがすごいなあと。人間の生活に合わせてくれる猫たちに感謝。

夜、私たちはとても早く寝るのですが、猫たちに「寝るよー」と呼ぶとターとやって来て、ベッドの上へ。最近IKEAで購入したドールベッドを二段にして寝室に置いています。

家族となった猫たちにいつも、来てくれてありがとう、ウチに来て良かったのか聞いています。また猫たちの様子をメールさせてください。暑いのでお身体に気をつけて。」

2015080603.jpg

ポチ丸くん(元グリム)やディノくんとコスタくん(元2号と3号)の里親さんたちも、ちょっとした微笑ましい出来事や写真などをちょくちょく寄せてくださいます。

卒業生達の幸せな便りはいつも安心と笑顔と支えと励みと・・・他にもそれはそれはたくさんの良いパワーをくれます。

いつも本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

2015080607.jpg


それとお知らせ。 PEACE TAILS の次回の譲渡会は8月29日(土)14時~17時です。 

場所は横浜市都筑区のCafe Oreoです。

2015072704.jpg

おいしく安全なおやつでおなじみのなびすこずさんが、満を持してオープンされたばかりのそのカフェは、緑あふれる広大な公園の隣にあります。

お料理やドリンクは美容と健康に良い厳選素材で丁寧に作られており、イギリスアンティーク調のテイストでまとめられた店内は居心地良く過ごせます。もちろん犬も来店OKのすてきなお店です。

2015072701.jpg

譲渡会の最中は飲食のご提供はありませんが、ぜひご来場ください。

今すぐには飼えないという方も、ボランティア志望の方も、保護動物・保護活動がどんな感じなのかを見るだけのご来場も大歓迎です。

参加予定の犬猫はPEACE TAILS のウエブサイトをご覧ください。→  こちら

2015072712.jpg

カフェは本当におすすめです。知人だからとか関係なく。もしお時間があったらぜひ訪ねてみてください。都内からも近いですよ。

家族でちょっとドライブして、隣の広い広い公園で散策やお昼寝などを楽しみ、その行き帰りにおいしいご飯やスイーツで最高の休日♪

なんなら近所の私がお伴します♪ あ、不要? はい。失礼しました。


さくらの里 山科さん - 高齢者と伴侶動物の光と影(後編)
高齢者と伴侶動物の光と影、昨日の影に続き、本日は光についてです。

PURUSUNちゃんと一緒に横須賀の老人ホーム「さくらの里 山科」さんの見学に行って来ました。

2015080232.jpg

なぜ老人ホームか。ご存知の方も多いと思いますが、こちらは犬猫と同居できる老人ホームなのです。このブログに時折遊びに来てくださるYopiさんが教えてくださいました。

4階建て横長~~!のビル。2階~4階が居住空間です。入居者の方々はそれぞれ個室を持ち、その個室10室で1つのユニットが成り立っています。

ユニットごとに広いリビングダイニングとトイレ・浴室があり、専属のスタッフさん達がいらっしゃいます。1フロアに4つのユニットが位置しており、それぞれのユニットが1つの家(家族)のような形をとっています。

2015080219.jpg

そして2階は動物ユニットのフロアです。エレベーターを降りると、まずこのしっかりしたゲート。犬ユニットが2つ、猫ユニットが2つ。それぞれのユニットに4頭前後の犬と猫が同居しています。

犬猫たちはユニット内でフリーにされていて、リビングダイニング、廊下、入居者の個室も出入り自由です。

2015080233.jpg

犬猫たちは主にボランティア団体ちばわんさんを介してやって来る保護動物です。また、一人暮らしの高齢者が亡くなった場合などに残された子を受け入れることもあります。

さらに入居者が自分の子を同伴することもできるのです。その入居者の方が亡くなったとしても、その後もホームでほかの入居者さんにかわいがられて終生暮らすことができます。

2015080227.jpg

犬猫たちはもちろん医療行為を施されて清潔に保たれ、犬は毎日散歩に連れて行ってもらい、ドッグランもあります。

そこでちばわんさんが一般の方向けに譲渡会なども行っています。猫のためにはおもちゃやキャットタワーなどがあちこちに設置されています。

2015080229.jpg

ユニット内はお部屋も廊下も広々と清潔で、動物に関連する匂いなどもまったくありません。床材は滑りにくいもの(高齢者と動物が暮らし易い設備は意外と似ているんですよ。とのこと)。

あちこちに新鮮な水が置かれ、犬猫たちは満ち足りた表情で暮らしています。

2015080221.jpg

入居者と犬猫の両方のお世話をするので、スタッフさんたちのご負担はやはり若干大きくはなりますが、他のフロアよりも増員されていますし、ボランティアさんの協力もあります。

そして元々犬猫が好きで、このシステムの考え方に賛同し、あえて犬猫ユニットでの勤務を熱心に希望した方々が配属されているそうです。

スタッフさんたちの様子や、各ユニットの雰囲気が生き生きと明るく穏やかであることからもそれが伝わってきました。

スタッフのための託児所も配備されています。ホーム全体でのイベントも盛んで、この日は流し素麺大会が開催中でしたよ♪

2015080223.jpg


私のブログはあくまで個人の小さなもので、影響力も大して無いため、最初は「ちょっとだけ見学させてくれないかな。」とダメもとでお願いしてみました。

ところが、理事長の若山さん直々に丁寧な心のこもったお返事をくださり、当日もお話を伺うことができました。館内のご案内までしていただき、感謝に堪えません。

2015080230.jpg

私の勉強不足で稚拙な質問にもひとつひとつ誠実にご回答くださいました。回答の中で何度か出てきた「その時にケースバイケースで一番良い方法を見つける」という言葉がとても印象に残りました。

規則にこだわったり、前例が無いとか言って融通の利かないお役所仕事とは違う、その柔軟で前向きな姿勢に感銘を受けました。

2015080220.jpg

若山さんが動物たちと暮らせるシステムを導入されたきっかけのひとつにこんな出来事がありました。

ひとりのおじいさんが犬と暮らしていたのですが、身体が衰えてホームへの入居を余儀なくされました。犬をとてもかわいがっていて、家族として暮らしていたので、当然強く抵抗しました。

でもケースワーカーの説得についに折れて入居することになり、犬は保健所に連れて行かれました。おじいさんは大きく気落ちされ、それに伴うように体調も悪化し、後悔の中で亡くなりました。

2015080231.jpg

私達動物ボランティアは何かあるとついつい動物愛護側から物を見てしまうのですが、このホームの考え方はもっと広いものでした。

若山さんご自身も3頭の犬とお暮らしですし、動物の保護にはもちろん力を入れたい。ただ、老人ホームですから中心にあるのはもちろん老人福祉。

「人が歳をとってホームに入ることになっても、できる限り今までと同じ生活をして、毎日を楽しんで過ごして欲しい。」

この身上をベースに、動物を愛する人は動物と暮らし続ける、旅行が好きな人にはツアーを組む、ショッピング好きな人は買い物に行く日を設けたり外商を呼ぶなど、細やかなサポートを提供されています。

2015080226.jpg

動物ユニットを始めて良かったと思うエピソードは何ですか?との質問に対してのお答えのひとつをご紹介します。

やはり一人暮らしのおじいさんのお話です。身体に不調があり、独居は限界であり、緊急を要す状態です。市のケースワーカーが通って説得を続けていましたが、どうしても了承してくれません。

同居しているダルメシアンがやはり病気で、どうしても置いて行きたくないというのです。

2015080222.jpg

そこでケースワーカーが、さくらの里 山科さんのシステムを見つけ、ようやく入居に至りました。もちろんダルメシアンも一緒です。しばらくすると、ダルメシアンは病気が悪化し、危ない状態になりました。

おじいさんはその子の傍らで時間を過ごし、毎晩一緒に眠ることができました。最期の時間を大切に共に過ごして、数日後に犬は亡くなりました。

そしてその後しばらくしておじいさんも亡くなりました。でもおじいさんは自分の大切な家族をきちんと看取れたことで悔いが無く、幸せに安らかに息を引き取られたそうです。

2015080224.jpg

動物の家族をお持ちの方は同じ不安がいつも胸にあるかと思います。こんなホームがもっと増えてほしい!と思うでしょ?

実際、この「さくらの里 山科」さんは今までもたくさんのメディアに取り上げられています。でも、福祉業界内からの反応は驚くほど薄いそうです。

それはやはり、人手不足=予算不足などによるものが大きいと思われます。たどっていけば行政の力不足、というよりそもそも力を入れているのか???

2015080225.jpg

ほとんどの人は毎日を一生懸命生きていると思います。晩年こそご褒美があってもいいはず。それなのに歳をとるほど人生がつらくなっていく日本の現状はおかしいですよね。

老人が無責任に動物を置き去りにすることを責めるのは簡単です。でもそうなってしまうのは社会的な原因も大きい。

ずっとがんばってきたみんなの人生の最後には孤独ではなく安らぎがあってほしいものです。 そしてそんな社会に少しずつでも変えていくには私達ひとりひとりが、願うだけでなく、行動しなくてはならないと思いました。

若山さんをはじめとしてスタッフの皆さん、取材へのあたたかなご協力をどうもありがとうございました。

2015080228.jpg



ココニャン一家のチャリティーTシャツ、注文受付中です。売り上げは保護動物の医療費に充てられます。

2015080234.png

ココニャンさんはどんな子でも、多くの人が諦めるような重度な状態の子でもあきらめない。だから医療費がとてもかかってしまいます。

5色6サイズ。もし良かったら1枚ご協力をお願いいたします。 → こちら


高齢者と伴侶動物の光と影(前編)
偶然が重なり、この週末の2日間で「高齢者と動物」の光と影を垣間見ました。正に対極に位置する状況。それを2回に分けて書きます。今日は影についてです。

2015080205.jpg

独り暮らしのお年寄りが人知れず亡くなり、同居していた多数の犬たちがその後相当な日数が経ってから発見され、ある動物愛護センターに収容されました。

正確な日数は不明ですが、部屋には数頭の死体があり、糞が30cmの高さで堆積していたそうです。

2015080206.jpg

当然全員ガリガリで全身糞まみれです。 入院中の子もいます。センターのケージの中で、立ち上がれないほど衰弱している子もいます。

大半の子は収容から数日経過してご飯を食べられるようになったら、少なくとも見た目は元気にしています。でもとにかく汚くて臭すぎる。

2015080212.jpg

そこで有志でシャンプー大会となりました。センターにはこの子達以外の収容動物もいます。なのでお散歩部隊、シャンプー部隊と人数が必要でした。

幸い呼びかけに大して多くの方が手を挙げてくださり、残念ながらお断りをしなくてはならないほどだったようです。

2015080207.jpg

ベテラン精鋭達の中、雑用係程度にお役にたてればと行ってまいりました。実際はそれよりはるかに役に立たずでしたが。

多頭崩壊や、ブリーダー崩壊出身の子達に会うたびにつくづく思いますが、どの子も本当に本当に良い子なのです。いわゆる飼い易い子。どこでも触れますし、シャンプーも静かにさせてくれます。吠えない。足元によちよち寄ってきます。

2015080217.jpg

でもそれは長い長い間、ガマンしたりあきらめたりするしかなかったことが心身に染み付いているものと思われます。

2015080218.jpg

まだ表情はうつろで、眼に光がありませんが少なくとも清潔になりました。 

2015080216.jpg

毎日普通にご飯を食べて、きれいなお水を飲んで、やわらかい清潔な寝床に眠れて、撫でてもらえる場所に行って欲しいです。

2015080213.jpg

また、センターにはこの子達以外にも収容されている犬猫が多数います。この子達も同じように、様々な理由、大概は人間の身勝手な理由でここにやってきました。

2015080210.jpg

冷房の無い犬舎で繋がれて、週に1度か2度、30分~1時間だけ屋外に出られるだけの毎日を送っています。それでもこんなに健やかな眼差しで喜んで迎えてくれる。

2015080203.jpg

一言申し上げます。

「動物は物じゃねえ。」

2015080201.jpg

動物はかわいいだけじゃない。一緒に生活することは大変です。言うことを聞いてくれるとは限らないし、トイレは失敗するし、こちらが忙しかろうが具合が悪かろうが「遊べ遊べ」としつこくとねだるし、散歩は行かないといけないし、夜は遊びたくてもご飯あげに帰らなきゃいけないし、病気になったらびっくりするほど病院代が高いし、介護もしなくてはいけない。痛み苦しむさまを見守らなくてはならない。数え上げたらキリが無い。

2015080204.jpg

こうしてブログを書いている間も机の上にも下にも相手にしろと見つめる犬と猫がワラワラいて集中もできないしね。

2015080214.jpg

それでも何があっても一緒に生きて、彼らより長く生きて、最期を看取ってやる設計と覚悟ができないなら家に連れて帰ってはいけない。もう一度この辛い場所に引きずり戻すことだけはしてはいけない。

かわいいとか淋しいとかかわいそうとか、一時の感情で即決せず、とにかく一回立ち止まって頭を冷やして考えよう。

2015080211.jpg

どの子も良い子です。顔を見たら伝わるでしょう?こんな扱いを受けていても人間が大好きです。覚悟と準備ができたら、どうか迎えてあげてください。

しつこいですが、苦労はある。でもその100倍の幸せを家族にくれるでしょう。

里親さん、預かりさん募集中です。募集の詳細は親ブログをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。→ こちら  

2015080215.jpg

そして、今ココニャンさんは「皆様のご支援で金儲けをしている」とネット上で中傷されているようです。動物を飼養された方なら、その医療費の高さはご存知と思います。そして、ココニャンさんの身上は「どの子にも公平にチャンスをあげたい」のです。

ちょっとした怪我や病気だけでなく、諦められてしまうような重症の子もみんな。ひとつの愛護センターの中の子みんなです。次から次へと入ってきます。愛護センターにいるのに愛護じゃないから、放っておけなくてココニャンさんたちが病院に連れて行くのです。

2015080209.jpg

チャリティーTシャツにご協力いただけたらとてもありがたいです。どうぞよろしくお願いします。→ こちら


プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。