FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2014/12
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
メイの卒業と今年のまとめ
うちの次男坊、マコはまだほんの小さな時に捨てられて、ひとりぼっちで勇敢に生きていました。でも雨宿りの仕方もわからなくてびしょ濡れで歩いていたり、木に登って降りられなくなったりしていたそうです。

ずっと気になっていた老夫婦が、ある日マコを保護しました。でもご夫妻はお歳を召されていて、マコの面倒を最後まで見られないかもしれない。本当にかわいくてかわいくて手離したくはなかったけれど、マコの幸せをよく考えて断腸の思いで私達に託されました。今でもやりとりしています。 先日は高級卵をくださいました~。 早速写真を撮りました。

t_unnamed[1] (6)

今年は逆に私が保護主になり、里親さんたちを持つことになりました。 仔猫の1号2号3号、犬のグリムがそれぞれ巣立って行き、元気な便りを受けるうれしさを知りました。

そして今年最後の卒業はメイ。新しいおうちに到着後の1枚。この緊張みなぎる顔。

t_NEC_2923.jpg

それと対照的ななごみのビッグスマイル。カメラ目線。

t_NEC_2925.jpg

でもメイは緊張しながらも初日からご家族のいるリビングの座布団でずっと寝そべっていたそうです。我が家に来た時は半月以上別室の穴倉に引きこもっていたのですから大きな成長です。

2番目のお嬢さんと一緒に散歩も問題なくできました。もう少し慣れたらだんだんリラックスできるようになるでしょう。最近ははなごみがメイを誘いに行って、仲良くお散歩に出かけているそうですよ。

里親さんは2頭の安全のために室内を整備したり、ご飯の工夫やお散歩の練習など、お忙しい中少しずつがんばってくださっています。その内2頭の様子をお便りいただけたらご紹介させてください。

t_unnamed[1] (5)

メイは本当に良い子でした。同じ犬74頭崩壊現場出身のグリムもとっても良い子でしたが、グリムは恐がりではあるものの、それと同時に明るくて人懐っこい子でした。

t_unnamed[1]gu

メイはただただ恐がりで人見知りで、でも少しずつ白い花が咲くみたいに心を開いてくれる様を毎日見るのは何にも変えがたい喜びでした。

女の子らしくほっそりしていて控えめで、でもその反面、夜中にふと目覚めるといつの間にか私達の掛け布団の上に乗って眠っていたり、くつろいでいる時、こちらの腕の中に静かに鼻先を入れてきて甘える姿、たっぷりお散歩した後はご飯を待ちきれず、お皿を運ぶ私にスキップしてついてくる様子は例えようもなくかわいかった。

t_DVC00111.jpg

メイに出会えて、一緒に暮らせて、仮かあちゃんとっても幸せでした。 ありがとうね、メイ。

ずっと大好きです。 ずっとずっと幸せに。

里親さんはメイとなごみの2頭との生活リズムが整うまで本当に大変だと思いますが、2頭一緒の受け入れをお申し出くださったことを心より感謝しております。2頭をどうぞよろしくお願いします。

t_DVC00084.jpg

今年はいろいろなご縁に恵まれた、大切な年になりました。動物の幸せのために動くというのはつらいこともありますが、どうせやらずにはいられないのだから楽しく明るくやりたいものです。

彼らと一緒にいると、自分もこの世に生きているという感が何倍も輝きを増す。それが何より好きなところです。それを知ることができて本当に良かったな。1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。



スポンサーサイト



プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
ボランティアで犬猫の保護と譲渡をしています。

現在募集中の子:ポプラ

ハンドメイドねこ首輪 月猫堂
猫とのくらしを始めたい相談
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる