*All archives* |  *Admin*

2014/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
メイちゃん参上
メイちゃんです。 グリムと同じ74頭崩壊現場から我が家にやってきました。

恐がりだったグリムの10倍ぐらい恐がりです。 でも恐くても吠えたり暴れたりせず、静かに静かにじっと耐えるのです。 健気な女の子。推定4歳。健康状態には問題ありません。

こちらはまだ現場にいた時の写真。 恐くて耳が・・・

093001.jpg

全く吠えないし、クレートでいい子にお留守番できます。多頭崩壊の家から来ただけあって、他の犬の同居もOK。猫も大丈夫です。お散歩も全然引かずに1歩下がって上手に歩けます。

ただ、まだ色んなものが恐くて、震えてしまったり、しり込みして動けなくなってしまったりします。 4歳までお散歩はおろか、室内から出してもらったことさえ無かったのですから無理もないのです。 しばらくは人馴れ、世間馴れの練習をしてから里親さん募集を開始する予定です。

093002.jpg

きのうのお散歩ではまだまだキンチョーMAX。 メイの恐いものなんか笑い飛ばして明るくリードしてくださる里親さんを探そうね、メイ。 まずは皆様お見知りおきを。


おなじみカモノハシ チョコラブのモーフィーも里親さん募集中ですよ。 毎日の様子はももたろの家族探しをご覧ください。

093003.jpg


それと、先日里親さん募集した仔猫たち。 左の茶トラの男の子は里親さんが決まりました。 ご協力ありがとうございました。 

091708.jpg

右のキジトラ女の子は引き続き募集中です。とっても元気な美人ちゃん。生後6~7週ぐらい。 動物病院で預かっているので手厚い医療行為の上でお渡しできますし、今後もきっと力になってくれるのが大きな利点ですね。 

091707.jpg

仔猫をご希望の方はこのブログのコメント欄から「管理者だけに表示を許可する」にチェック印を入れた上で、エクセルのファイルを受け取れるeメールアドレスをお知らせください。 折り返し詳細をご連絡させていただきます。


どの子もどうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト
ファーマーズマーケットと譲渡会
空が高くなって涼しくなって、お散歩とおでかけの季節ですね! 青山のファーマーズマーケットと恵比寿のマルシェをご存知ですか? 青山は国連ビル前でほぼ毎週土日、恵比寿はガーデンプレイスの広場で月2回ぐらいの日曜に開かれています。

t_092106.jpg

どちらも有機野菜や果物、ハーブ、手作りジャムやソース、ドライフルーツ、ナッツ、パンや焼き菓子、はちみつ、お茶やコーヒー、花、雑貨や工芸品など生産者さんたちが丹精込めて作った商品がぎっしり並んだテントがこれまたぎっしり並び、各国料理を食べられるバンもさらに並び、世にも楽しい青空市です。

t_092105.jpg

t_092103.jpg

私は大好きで、時々覗きに行ってはエコバッグぱんぱんにして帰って来ます。 新鮮でお値段も手頃、種類も豊富で珍しいものもたくさんあるし、その上身体に良いものばかりって言ったらこれが行かずにいられようか。

t_092104.jpg

その一画にDo One Good PARKというスペースがあります。その日によって違う保護団体が場所を借りて動物の譲渡会をしています。

t_092102.jpg

最近少しだけですがお手伝いを始めたアニマル・ハート・レスキューも来月そちらに参加することになりました。

t_092101.jpg

10月5日(日) YEBISUマルシェ にて 11:00~16:00
(YEBISUマルシェサテライト会場(時計広場下)


10月18日(土) 青山ファーマーズマーケット にて 11:00~16:00

↓ 地図はこちらです。
http://doonegood.jp/park/index.html#schedule

秋の一日、お散歩がてらご家族でぜひ遊びにいらしてください。


090201.jpg

チョコラブのモーフィーも人との暮らしに慣れる練習がんばってますよ! 毎日の日記はこちらです。

ももたろの家族探し

決して長くはない大型犬の寿命。 その内12年間もずっと元飼い主にひどい扱いを受けていたのにこの健やかな表情。 強く気高いハートのモーフィー、引き続き里親さん募集中です。 どうぞよろしくお願いいたします。



迷子犬のご協力お願いです。
追記2

9/27夕方、保護されました!

ご協力ありがとうございました!



追記

(9/26追記情報)

9/25 10:00頃 辰巳台西小学校前の信号のある交差点を弁天池の方角に歩いていく似た犬を見た。

9/26 朝(時間不明)市原市古市場(地名)で目撃。

9/26 17:00頃 市原市古市場→若宮を移動するラッキーを発見、追跡するも大多喜ガス菊間供給所、ガスタンクのある行き止まりで見失ったとのこと。その際ラッキーは歩き方が変で、車道上に飛び出したりしていたとのこと。おそらく車に接触したか何かで怪我をしている可能性が高いようです。


(9/28追記情報)

9/27 15:00頃 千葉市緑区の古市場交差点付近、ラーメンとん太とラーメン吟家の間の路地を旧道に向かってトボトボ歩いていた。

もしも上記の目撃情報がすべて本当にラッキーであれば、移動しているのはほんの3km四方ぐらいの範囲です。 引き続き目撃情報の提供にご協力くださいますようお願い申し上げます




迷子犬の情報提供ご協力のお願いです。

ラッキーは元の飼い主に粗末に扱われたあげく、「殺してくれてかまわない」との言葉付きで飼育放棄され、動物愛護センター(保健所)に送られました。 

それでも明るく人懐っこいままのラッキー。 里親が見つかって新しい生活を始めて間もないところでした。

目撃情報は大きな助けになります。 些細なことでもけっこうです。 お近くの方がいらっしゃいましたら、どうか以下のメールアドレスまでご協力をお願い申し上げます。


シナモン

名前 ラッキー (オス)

体重 15kgぐらい(柴犬より一回りほど大きい感じ)

毛色 黒っぽい茶色で手足の先は白 元々は長毛ですが、カットしてあります。

性格 おとなしい、人懐こい

9月25日の朝7時頃、千葉県市原市大厩(おおまや)の自宅から逃げてしまいました。

お近くの方、情報など聞かれた際は、些細なことでもけっこうですので是非お寄せくださいますようお願い申し上げます。

連絡先 marikokonyan@gmail.com



老猫ケンの近況。そして秋田犬特集。
追記

記事中の秋田犬たちは交渉に入ったため、一旦募集を停止するとのことです。ご協力、誠にありがとうございました。



いつのまにかすっかり秋ですね。 我が家のケンの病状は悪いなりに落ち着いています。 元気はまるで無いですが、幸い痛みなども無いようで、ただただ眠り、たまに気持ち良さそうに日向ぼっこしたり甘えたりして過ごしています。

ご飯は隣についてせっせと応援すると申し訳程度に二口三口食べてくれるので、間を置いてそれをひたすら繰り返し、どうにかこうにか量を積み重ねる毎日です。

先日2度目の血液検査を受けたところ、正常ではないものの、数値もだいぶ改善されていました。 いつでもまた悪くなる可能性はある病気だそうなので継続的に注意が必要ですが、とりあえず小康状態を保っています。

091701.jpg


はい、では本日は秋田犬特集です! とあるところに犬捨て場のような場所があります。 犬をこっそり捨てに来る人がおり、秋田犬達が繋がれたままずっと放置されています。 人懐こい良い子ばかりだそうです。

ボランティアさんが通ってご飯やお水の世話をしてくれていますが、十分なケアは困難な状況です。 そんな過酷な環境でこの子たちは暑い夏をがんばって乗り越えてきました。 これからは寒い冬が来ます。 痩せてきていますが、今日も顔を上げて前を向いて生きています。

091703.jpg

秋田犬は簡単に飼養できる犬種ではありません。 従って引き取り先がなかなか決まらないのですが、もしも大型犬ご経験者、もしくは必要な知識を持ち、これから一緒にトレーニングしたい方などはお近くにいらっしゃいませんか? 預かりでもありがたいです。

091704.jpg

秋田犬が懐いてくれたら本当にかわいいですよ。 子供のようなモフモフの笑顔を見ると胸がいっぱいになります。 詳細はこちらの親ブログをご覧ください。 どうぞよろしくお願いします。

黒い彗星ガイル「坊やだからさ」

091702.jpg


そしてモーフィー。 一見ちゃんとした家庭。でも実はその庭の陽も差さない隅っこで12年間、ほとんど放っておかれていました。 今は心あるご近所の方に預かられて終の住みかを探しています。

091705.jpg

人とのコミュニケーションに慣れていないので、預かりさんはまだご苦労されていますが、天性のゆるぎない明るさと素直さで少しずつ成長しているモーフィー。 そんな毎日の日記はこちらです。

ももたろの家族探し

大型犬の寿命は長いとは言えません。これからは今までの分を取り戻すぐらい愛されて暮らして欲しいです。

091706.jpg


さらに。お世話になっている川崎市高津区の動物病院で保護している仔猫の兄弟。茶トラが男の子、キジが女の子です。どちらもかなりの美形です。 きれいに白が入った、同じ模様の色違い。

091707.jpg

まだミルク飲みですが、近く離乳します。なにしろ預かっているのが動物病院なので、手厚いケアの上でお渡しできるのがお勧めです。 このコンビをご希望の方がいらっしゃいましたら、本ブログのコメント欄から「管理者にだけ表示を許可する」にチェック印を入れた上でご連絡ください。

091708.jpg

口コミだけでもとてもありがたいです。 どの子もどうかよろしくお願いいたします。

2号3号近況とお知らせです。
2号と3号の里親ご夫妻の奥様は心優しい方で、思いやりに満ちた短いメールをちょくちょくくださいます。 仔猫達はいつもご夫妻に笑いとエネルギーをくれますとのこと、写真も送っていただいたのでご覧ください。

2号の新しい名前はディノ。 やんちゃで人懐っこい2号は引越し当日からばくばくご飯を食べ、おもちゃで遊んでもらっていました。

091006.jpg

3号はコスタ。 最初の数日はすみっこに隠れてばかりいたそうですが、ご飯トイレは問題なく、今では先住猫ムーちゃんの後をついて歩いているようです。年上の猫にくっついているのがうちにいる時から好きなんだよね3号は。

091005.jpg

でも時々ちょっとしつこくしちゃうのよねー。 先住のムーちゃんは静かで優しい子なので、たまにイラっとしながらもしつこい3号を我慢してくれているみたいです。

091008.jpg

静かな場所にある緑の気配いっぱいのおうちで、2匹とも元気にやっています。 ディノとコスタ、よかったね。 あまりムーちゃんに迷惑をかけないように、仲良く暮らすんだよ♪

091007.jpg


さて、いくつかお知らせです。

まず、8月末より捜索ご協力をお願いしていたカイトくん。 スーパームーンが昇っていく9月9日19時頃、無事保護に至りました。ご協力や応援、誠にありがとうございました。

09104.jpg


それと先日ご紹介の記事を書きましたチョコラブのモーフィー、里親さん大募集中です!
(写真右端。 ちなみに左の黒い子以外の子もみんな里親さん募集中です。)

091003.jpg

12年間もひどい環境におかれてきたのにとっても良い子です。今は預かりさんのもとで家庭犬としてのトレーニングをがんばっていますよ。モーフィーはなんと日記も書いているんです! よかったらぜひご覧ください。
 ↓
ももたろの家族探し


それから犬猫の譲渡会があります。詳細はこちら。
 ↓
ココニャン一家の縁結び

グリムが育った74頭崩壊現場の子たちも7~8頭やって来る予定です。 みんなとってもいい子ですよ。 他の犬や猫とも上手に同居できる子ばかりです。 代表でご紹介。 マヤちゃん。 かわいい女の子。

091009.jpg

猫もたくさん来ますが、今日は来られない子の中からもご紹介。寝ろネロくん。 かわいい~この顔! 眠そうだからつい。

091001.jpg

おりこうローレちゃん。 この子は絶対きれいな三毛になりますよ。

091002.jpg

詳細は預かりさんブログからご覧ください。
 ↓
ReadLead


さらにもう一組ご紹介。 ロクな写真が撮れなかったのですが、お世話になっている動物病院の預かりっこです。

091010.jpg

茶トラが男の子、キジは女の子。 まだミルク飲みですが、なにしろ預かり先が動物病院ですので手厚いケアをしてからお渡し可能です。 

この子たちに関してはこのブログのコメント欄から「管理者にだけ表示を許可する」にチェック印を入れた上でご連絡ください。

どうぞよろしくお願いします。


カイトくんの飼い主さんからのメッセージです。
9月9日に無事保護されたカイトくんの飼い主さんからのメッセージです。(ぼくらはみんな生きているから引用しています。)

09104.jpg

カイトは8月30日午後6時ころ自宅付近で首輪が抜けて走り去ってしまいました。 この日はお散歩コースになっている公園でたくさん人が集まるお祭りが開催されていました。

走り去ったあとはこの公園を目指していたのかと思いますが目指した場所がいつもとは全く違う場所、そして、騒音、爆竹音、花火の音でいっぱいの場所に変わっていたため、カイトはパニックを起こしてしまったのではないかと思います。 さまざまな予期できない状況で、カイトにとってはより遠くに走らざるを得ない結果になってしまったのかなとも思います。

行方不明になって数日は目撃情報が全くなく、南へ向かったのか、はたまた北へむかったのか、西なのか東なのか・・・ 全くわからない状況に私たちの不安も募る一方でした。 周りは大きな公園や森、池、がたくさんありその中に身を潜めたら見つけることは不可能だとも思えました。

情報がポツポツと入り始めて、その周辺を捜索、ビラまき、している中、9月3日に大通りをはさんで東西に行ったり来たりするカイトが多数見かけられました。 こちらは自宅マンションから500メートル圏内。 マンションのすぐ下の通りを走っていたという目撃情報も寄せられました。

情報が動き始めたのが9月7日午前0時。 マンションエントランス前にカイトがいるのを夜間捜索に来てくださったボランティアの方が発見してくださいました。 名前を呼ぶと振り返り、そのまま走っていってしまいましたが、あれは間違いなく「カイト君だった!」と心強いお言葉に、カイトが自宅を発見したんだ!と思えるようになりました。

その後、カイトは毎晩、マンション内敷地に夜な夜な現れるようになりました。 毎晩、巡回に来られる警備員さんが防犯カメラでカイトの動きを見て下さり、どこからマンション構内に入り、どこから出て行ったという確実な情報を得ることができました。

そして、9月9日午後1時ころ、マンション内にカイトがいるというご連絡を頂きましたが、私が離れた場所にいたために現場に急行することができませんでした。 日中の目撃情報はほぼ皆無でしたので、家に帰りたいと思うカイトの気持ちが、
勇気を出してマンション構内に立ち入ることを後押ししたのだと思います。

この日は車のドアを開け放して置く作戦を考えていました。 午後7時ころ、自宅で夜の準備をしていると、カイトがマンション内にいるという住民の方からのお電話を頂き、慌てて外に飛び出し、言われた場所を目指しましたが、カイトの姿はなく、またすれ違ってしまったのかと思っていた矢先、「ワン!」というカイトの声が聞こえてきました。

声のする方向に走っていくと、そこにはカイトがいました! カイトはジャンプするように走り寄ってきました。 動きが大きいのでまず私が座り込み、手を伸ばすと近寄って、顔を舐めたりしました。 首輪をつけていなかったので、首根っこを掴んで、チョーカーを着けました。 付ける時も抵抗することもなく、身を任せてくれました。 無事保護です!

忘れられない光景です。

今回はカイトを命の危険にまで晒してしまい、大変反省しております。 首輪は私たちとカイトを結ぶ大事な接点です。 今後このようなことがないように万全の装備でカイトと生活したいと思います。

カイトの居ない我が家はポッカリと穴があいてしまい、それは誰にも埋めることのできないものでした。 もうこんな思いをするのは嫌です。 カイトが安心して、そして私たちも安心して暮らせるように、そのために必要な配慮をしっかりとしていきます。

今回の捜索は、カイトの保護主さまの団体「収容犬を救う会」、そしてその協力団体である「アニマルハートレスキュー」のボランティアの方々をはじめ、多くの方々の地道な活動が結実したものだと思います。 顔も知らない、お会いしたこともない方々が心よく、惜しみなく協力して下さり、ねぎらいの言葉までかけてくださいました。

小さな情報をコツコツと集めた結果、カイトの行動範囲や行動パターンが見えてきました。 私たちだけでは決してカイトに会えなかったと思います。

この場を借りまして厚く御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

また、カイトを私たちよりも長く育ててきてくださったカイトの元預りさまには、一番近いところで常に助けていただきました。
不安で押しつぶされそう私たちの気持ちを明るく、支えてくださいました。心より感謝しております。

今回は人の温かさに感謝するばかりの日々でした。

本来ならば、お世話になった方々、ご心配頂いただいた方々にお会いして直接お礼を申し上げるべきところかと思いますが、この場を借りまして、お礼を言わせていただきたいと思います。

ありがとうございました。


応援したい子がいます。
どんな子だってみんな幸せになってほしい。 でも今、特に応援したい犬がいます!
じゃーん。 モーフィーです! かわいい~!! 12歳のラブラドールレトリバーです。
 
090201.jpg

モーフィーは12年間もの間、とてもじゃないけど適切とは思われない飼い方をされてきました。 今の時点では諸事情により詳細を割愛させていただきますが、さらにこの度飼い主家族の転居に伴い、飼育放棄されることになりました。

かねてよりモーフィーのことを心配していたご近所の方がいらっしゃり、いつしかお散歩に連れ出してあげるようになりました。 そしてついに覚悟を持って預かることを決め、モーフィーをたくさん愛してくれる里親さんを探すことにしたのです。

090203.jpg

大型犬の寿命は長くありません。 なのにモーフィーはもう12年もの月日を生きてしまった。 モーフィーは自分がされてきたことや置かれていた環境がどういうものだったかとか、他のお家の犬たちがどんな風に大切にされているのかなんてわかりません。 生まれて間もなくからずっとそこしか知らないのですから。

だからきっとそこはモーフィーにとってはやっぱり大切なお家で、大好きな飼い主さんだったんじゃないかなと思います。 そのゆるぎない天性の明るさと無垢な魂でモーフィーなりにハッピーに暮らしてきたんだよねきっと。 だって見てください。 輝く眼差しとぴっかぴかの笑顔。

090202.jpg

12年間。 私ならとっくにやさぐれてますね。 でもモーフィーは素直で優しいまま、人が大好きなまま、まるでパピーみたいな瞳を持つおじいちゃんになりました。 なんて強くてしなやかな、気高い心を持っているんだろう。

この先どれぐらい生きられるかはわかりません。でもまだまだ健康で元気。余生は今までの時間を取り戻すように眼一杯かわいがられて暮らしてほしいです。 色々な経験をして、いっぱい褒められたり撫でてもらったりして、大好きな人間と寄り添って暮らしてほしいです。

090205.jpg

ただ今、屋外→屋内飼育への切り替えやお散歩のトレーニングをがんばっていますよ。 以下はプロフィールです。

★年齢 12歳

★性別 オス・去勢済み(おじいちゃんです)

★犬種 ラブラドールレトリバー(チョコラブ君です♪)

★体重 32kg

★健康 
  ・フィラリア陰性、血液検査問題なし 
  ・レントゲンでは問題ありませんでしたが、後ろ足に僅かに違和感あり(経過観察中)
  ・耳が若干遠くなってきているようです


連絡先および本家の保護ブログはこちらです。 
(ブログは保護主さんではなく、別のボランティアさんが作成しています。)

ももたろの家族探し

まだ保護されて間もないため情報が少ないですが、近くもっと増えていくと思います。

090204.jpg

大型犬の看取りを考慮に入れての受け入れは並大抵の覚悟ではできないことです。 でもこんな良い子と暮らしたら、きっと人間の方が救われる思いをすることがたくさんあるはず。

きっと良いご縁が見つかる。がんばれモーフィー。保護主さん。サポートする皆さん。



プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子: サン太

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR