*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OUR HOMETOWN
横浜市の南端にある、コチ丸が昨年しばらくの間ねぐらにしていた地域にひさしぶりに散歩に行きました。

2017101307.jpg

住宅街や団地群から少しだけ奥まったところにぽっかり出現する、低い山と竹藪に囲まれた、まさに「里」みたいな小さな集落。

コチ丸を探しに通っている時から、ここに足を踏み入れるたびに絵本や物語の中に迷い込んだような不思議な気持になりました。

もしかして、後で来てみたら跡形もなく消えていて、あそこは夢の中の場所だったのかと驚くような。

2017101310.jpg

そして相変わらず訪ねる先々でいただくものが持ちきれなくなるという。

「あら~、元気?そこの畑でブルーベリーつんで行きなさいよ。最後のがまだついてるのよ。自然栽培だから甘くて味が濃いわよ。」

「来てくれるってわかってたら誰々さんも呼んでおけばよかった~。絶対喜ぶから。柿が取れたから持っていきなさい。じゃがいももあるわよ。はい、これちょっとだけど(山盛り)。」

2017101306.jpg

みなさん顔を見るなりこんな感じで何かくれるのです。

そしてかがんでコチ丸をなで、「ほんとによかったねー。また来てくれてありがとう。」と笑顔で言ってくれる。

これがまた来ずにいられようか。

2017101301.jpg

お昼ごはんはもちろん「カフェこやぎ」さんで自家栽培や地元の新鮮な野菜を生かしたおいしいご飯。

茗荷入りのお味噌汁、大豆とトマトのマリネ、山芋をハーブと炒めたもの、オクラの和え物、大根のお漬物、空芯菜の炒め物、モリンガソースの乗ったポークソテー・・・盛りだくさんひとつひとつの素材がすべておいしいのです。

あぁ、野菜!野菜ってなんておいしいのでしょう!

2017101303.jpg

お店のマスコット、やぎのメルちゃんもいるお庭のテーブルでいただきます。

コチ丸もまるで家にいる時のようなくつろぎぶり。

こやぎさんでは現在保護子猫の里親さん募集中です。詳しくはこちらまで。 → クリック

2017101305.jpg

これもご縁なのか、すぐ近くに我が家の卒業生のむーこ改めココちゃんが、暮らしています。

残念ながらこわがりな彼女はお家のどこかに隠れてしまって会えなかったのですが、お兄ちゃんのぐーちゃんがお相手してくれましたよ。

2017101311.jpg

堂々としておっとりやさしいぐーちゃん。

ココちゃんと同じHIVキャリアですが、2匹ともそんなこと忘れてしまうほど元気に幸せに暮らしています。

HIVは生涯発症しないケースもとても多く、実際にこのお宅の先代の2匹も発症せずに長生きしました。

キャリアを恐れずに迎えてくださる家族が増えることを願ってやみません。

2017101313.jpg

NATURAL DOG LIFE では捕獲隊長の亀井さんとコチ丸の心の友であるミルクちゃんママにも元気な顔を見てもらって、ここでもまた購入した商品の倍ほどのおみやげをいただいて。

コチ丸はあちこち回ってきたのでちょっと疲れ気味ではありましたが、それでもうれしそうにしっぽを振っておやつをもらっていました。

2017101312.jpg

1年ぶりでも緑濃い美しい景色はまったく変わっていませんでした。でも変わったこともありました。

コチ丸を庭で保護させてくださったお家。早朝や深夜の出入りにもイヤな顔ひとつ見せず、電気も水道もトイレも何でも使っていいからねと言ってくださったお家。

外飼いのコロちゃんのお皿に飼い主さんがご飯を毎日山盛りに入れてくださり、それをコロちゃんが快く分けてくれたからコチ丸はここに通うようになって、最終的に連れて帰ることができました。

2017101308.jpg

でも今回訪ねたお宅の庭からコロちゃんとコロちゃんのおうちは消えていました。

昨年の訪問の時ははしゃいで迎えてくれたコロちゃん。

コチ丸にやさしくしてくれて本当にありがとうね。安らかに。

カフェこやぎさんの美人(犬)四国犬アイちゃんもこの1年の間に亡くなっていました。

2017101302.jpg

そういえば今回会った人達もそれぞれ、少しだけ小さくなっていたり、足がちょっと悪くなったりしていました。

私もまた1年分歳をとった。でもまだまだだ。なんて人間がちっちゃいことか。

↓ほら、こんなにもちっちゃい。

2017101304.jpg

うまく言えないんだけど、私も1日1日を大事に重ねて、もっとやさしく強い心になって、なんの気負いも無くごく当たり前みたいに誰かに手を差し延べられるようになりたい。

コチ丸と私の心のホームタウンで、また初心にかえった秋の1日でした。

2017101309.jpg


ご支援のお願いです。

東日本大震災以降、人のいなくなった地域に未だ置き去りのままの犬猫の保護や給餌にCACD Natsumint隊さんが通い始めてもう7年目。それぞれ家庭やお仕事を持ちながら、休日を返上しての6年半です。

2017101401.jpg

動物は寒くても暑くてもお腹が空いても、人を恨んだりわが身の不幸を嘆いたりせずにただただ前を向いて今を生きていく。

そしてエンジンの音がすれば目を輝かせ、しっぽをふって人に駆け寄って行く。 なんて気高くてきれいな魂なんだろう。

だからこそボランティアの方々もどんなに疲れていても応えに行かずにはいられないのです。

2017101402.jpg

7回目の寒い寒い冬がやって来ます。もしよかったらリストから1品、またはランチ代2~3日分を送ってあげてください。

詳細はこちらです。 → クリック

スポンサーサイト
お姉さんブーム
このところしばらく、コチ丸がなんだかいつもうかない顔をしていました。

私の言うことも聞くには聞くのですが、なんとなくシブシブ感が漂います。

2017090612.jpg

どうしたんだろう。具合でも悪いのか。犬にも反抗期あったっけ?とか色々考えていました。

そんなある日のこと、散歩に行くためにスニーカーを履こうとかがんだ私の頬をコチ丸がすばやくペロッと舐めました。

「わははは!やめろー!」と笑ってから、はっとしました。 

こんな風に声を出して笑ったのはいつ以来だっただろう。

2017090605.jpg

私は勤め先を変わったばかり、そしてたまたま時を同じくして在宅の仕事が入ってしまい、どちらの仕事も信用を築かなくてはならない大事な時期なのに、うまくできないことだらけでへこみまくり、クタクタの毎日でした。

もちろん家族のいつものお世話はしていましたが、十分に向き合って交流する余裕がなかった。

2017090607.jpg

それどころか余裕がないことすら気付いていなかった。

様子がおかしいのは、うかない顔をしているのは、コチ丸じゃなくて私だ!

そう気付いたのです。

2017090606.jpg

私が笑ったのを見たら、コチ丸もたちまちマンガみたいに「ぱああ♪」と明るい笑顔になり、おでこを私にグイグイ押し付けてきました。

動物は本当に鏡ですね。とりわけ犬は。

こちらの内面をありありと映す鏡。

これは親子など人間同士にも言えることかもしれません。

2017090609.jpg

それ以来また元のコチ丸に戻りました。

あ、厳密に言うと違うかな。

散歩の時に「こっちは行きたくない」「こっちに行きたい」「まだ帰りたくない」などの意思を前よりもはっきりと踏ん張って表明するようになってきました。

まー、これは私にとってはあまり都合の良いことではないですが、ちゃんと折り合いはつけますし、踏ん張る顔がおもしろいのでついつい楽しく見てしまいます。

2017090613.jpg

それと空前のお姉さんブームがやってきました。

以前からほかのお宅の犬には寄って行きましたが、人に寄っていくことはまずありませんでした。

でも今はご近所の奥様方や、場合によっては初対面でも、その方が連れている犬を素通りでまっすぐ女性のもとへ!

2017090603.jpg

耳をぴたっと頭につけて、体をルンルン左右に揺らして、ニッコニコの踊る足取りで寄って行きます。

なんだかね、ある時を境に突如ブームが訪れたんですよねー。

公園で会う女性達が、皆さんとても優しくしてくださるので、それが彼の中で花開いたのでしょうね。

それにしても、なんだかより若い方へ、きれいな方へ、ほっそりした方へ近寄っていくような気がするのは私の思い違いでしょうか・・・

2017090610.jpg

犬が数頭、人もいて、屋外で和やかにワイワイしている時のコチ丸は一番楽しそうです。

誰と派手に遊ぶわけでもないけれど、ただその場でくつろいだり、群で歩いていくのがこのうえなく幸せそうです。

気温もちょうどよくなってきたし、一緒に秋の始まりを楽しみたいと思います。

皆様も良きお散歩シーズンをお過ごしください。

2017090608.jpg


コチの海岸物語
コチ丸は放浪中に何度か、地面に伏せの姿勢で前足をゆったりとクロスして投げ出し、海の景色と匂いを楽しんでいたそうです。

コチ丸の心のお友達に教えてもらいました。そしてコチ丸が帰ってきたら、海に連れて行くと約束を交わしました。

2016103108.jpg

でも気付けば、あら、もう10月も終わり。暖かい日はそう幾日も無いでしょう。

なので急遽決行することにしました。行き先は葉山・逗子・鎌倉方面。

10代終わりから20台半ばぐらいまではちょくちょく行ってたけど、その後は足が遠のいていて、もんのすごくひさしぶり!

2016103107.jpg

第三京浜から横横(横浜横須賀)道路でびゅーんと、平日は渋滞も無く、あっという間で快適でした。

コチ丸は以前からそうですが、水には全然つかりたがりません。足が濡れるのもイヤ。でもおでかけは大好き!

うれし~いぃ!

2016103101.jpg

一緒に来るのは初めての海ですが、君は確かに一人きりで何度も眺めてたんだね。

みなとみらいや磯子や金沢あたりでも目撃されてるしね。藤沢もあったな!

最初に見せてやるという、第一子が生まれた父親のような夢はかなわずちょっとくやしい。

2016103104.jpg

波打ち際に来ると尻尾が下がって笑顔が消え、ぼくはこれ以上進みませんと踏ん張るコチ丸。

でも、夫が変なことを思いつきました。自分が先に進んでからワザと情けない声で「コッちゃんたすけてー!」と叫ぶのです。

するとコッちゃんは「父上!」と駆け寄ってしまうのですねー。足が濡れても。

忠犬の健気な心をもて遊ぶ男・・・もちろんちゃんとやめさせました。はい。

2016103105.jpg

ロングリードにしてもどこにも遊びに行かず、仕方ないので私の方が離れると一生懸命ついてきてしまう・・・。

若干ブルーなコチ丸のちょっと先で、ジャックラッセルがボールを追いかけてガンガン泳ぎまくっては岸に上がって、ごろごろごろーっ!と砂の上を転げまわっている姿の対比が実に興味深い光景でした。

でもコチ丸なりに覗き込んだり、

2016103102.jpg

ウトウトしたり(鼻に砂が付いてるよ。)、

2016103106.jpg

鼻をひくひくうごかして潮の香りを嗅いだり、夕暮れの空を眺めたりして楽しんでくれているように見えました。

2016103111.jpg

それと私は思いがけずバッタリ、昔の友達に四半世紀ぶりの再会をして、本当にびっくり!なつかしかったー。

彼女たちや、他にも地元の人達とあちこちで言葉を交わして気づいたことがあります。

2016103109.jpg

コチ丸の生い立ちのことを聞かれた時、いつものように「保護犬とはこれこれこういう・・・」という説明をする必要がどこでも一切無かったこと。すぐに「あぁ、レスキューやってるのね。」と話が早い。

2016103110.jpg

たまたま私が話した人達がそうだっただけなのかもしれないけど、「レスキュー」という言葉がむこうからすらっと出てくるし、必要以上に「えらいのねー!」みたいなことも言われない。

ごくごく普通のこととして話がそのまま進んでいくのがすごく心地よかった。

2016103103.jpg

さすがKDPさん(神奈川愛護センターの殺処分ゼロ達成に大きく貢献した保護団体)のお膝元。

粋だね~。湘南。

やっぱり海は最高。また来ようね。

2016103112.jpg



ココニャン一家の2017年カレンダーが販売開始しました。365日それぞれが卒業生たちの笑顔になっています。

送料込2,000円。売り上げは愛護センター収容犬猫の医療費や備品代などに充てられます。

2016110102.jpg

ココニャンさんは通常なら諦められてしまうような重症の子も諦めず、強い信念を持って平等に医療にかけています。

センターの冬は底冷えがひどく、 老犬や病気の子には特に厳しいものです。

もし良かったら1冊、ご協力お願いします。

お申込はこちらから → ココニャンカレンダー


凱旋パレード
神社では本来は願い事ではなく日頃のお礼をするものだそうですが、ひっそりと木立に囲まれたその小さな神社で、私は毎日のように願い事をしていました。

コチ丸捜索大詰めの時期はほぼ毎日、広い横浜市北端の自宅から南端のこの地域に通って、張り込みや聞き込み、ポスター貼り、ビラ配り、ご近所へお侘びやお願いに回っていて、その際に立ち寄っていました。

2016100504.jpg

ただひとつだけ、無事でいてくれることだけを祈っていました。 そしてそれは叶えられました。

後から聞いたのですが、ここには山犬(狼)の神様が奉られているそうです。

そうか。コチ丸は自分が護ってもらえる場所をちゃんと選んで行ったのかもしれないね。

この前の週末、やっとお礼参りに行く事ができました。もちろんコチ丸も連れて。

それからお世話になったご近所のお宅を回って元気な顔を見ていただいたり、お気に入りと思われるスポットの数々を散歩しました。

ずっと自分のご飯を分けてくれていたやさしいワンちゃんにも再会できたし。

2016100505.jpg

すぐ近くに住むむーこ改めココちゃんにも会いに行きました~。

既に私のことは「誰?」という感じで近寄らせてはもらえなかったけど、それが今幸せな証拠。

代わりに先住のお兄ちゃん、幸せの703号室出身のぐーちゃんが堂々と同席してくださいましたよ。

2016100502.jpg

ぐーちゃん、とってもやさしいの。

私に警戒して部屋のすみっこにいるココちゃんのそばに何度も行って、やさしく励ましていました。

ありがとうね。ぐーちゃん。 愛すべきピンクのお鼻の君よ。

2016100503.jpg
 
捕獲から約3ヶ月、コチ丸が夕刻に景色を眺めてゆっくりしていたという情報がしばしばあった田んぼでは、もう金色の稲穂が頭をたれていました。

当時はまだ一面に水が満ちていて、背の低い苗が並んでいました。その間を小さなカモがすいすい泳いでいるのを穏やかに眺めていたそうです。

でも「カモがよちよち近づいて来たら逃げてたよ。コチ丸。」という情報もいただいたっけ。

隣に並んで、コチ丸が見ているのと同じ景色を眺めてみました。

2016100507.jpg

街中からちょっと進むといきなりその牧歌的な風景がぽっかり広がっているのです。なんだか現実感が無くて、いつか見た夢みたいなその地域は、すぐにでも住みたいくらい素敵な所です。

さらにコチ丸は、きっと本当に水が合うのでしょうね。表情がいつもより生き生きして、それはそれは楽しそうに歩いていました。

2016100506.jpg

お腹が空いたので、これもまた多大にお世話になったカフェこやぎさんでランチを。

ハルちゃんママをはじめご近所のなつかしい方々が入れ替わり立ち替わり会いに来てくださり、話が尽きませんでした。

2016100510.jpg

そして大恩人の捕獲隊長、亀井ご夫妻のお店ナチュラルドッグライフに行き、そこでもなつかしい方々に迎えていただきました。

大勢の人に会ったコチ丸、最後はさすがにちょっと疲れたみたいで、彼の心の友であるミルクちゃんママの足を枕にうとうと。

あちこちでコチ丸に、そして人間にまでいただきものをして、最終的には持って行った量の倍のお土産を手に家路につくという。

何しに行ったんだ???

2016100511.jpg

改めて心底思いました。この日会えた人達だけでなく、捜索に参加、応援してくださったすべての方々に。

私だけの力では到底成し得ませんでした。

驚くほどたくさんの方が、しかもその大半はコチ丸に会ったことすらないのに、差しのべてくださった温かい手。

それが集まってコチ丸は戻ってくる事ができました。

2016100508.jpg

今この足元で、ぐうぐう眠っているのんきな寝顔を眺められるのは、みなさんひとりひとりのおかげです。

コチ丸はおそらく生まれた時からずっと、可愛がられたことなどない生い立ちを持つ子です。

でもこの半年ほどで、そんなの全部取り戻すくらい、あるいはそれ以上のお気持ちをみなさんからいただきました。

助けてくださって、本当にありがとうございました。

2016100509.jpg




来る10月8日(土)はCAFE OREOにてPEACE TAILSの譲渡会です。

2016100501.jpg

保護後に妊娠が発覚したぶん子が無事に出産した4兄弟の子犬もデビュー予定です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → PEACE TAILS


太陽と北風
我が家の猫のうち2匹は腎不全。食欲はほとんど無いので、日に6回くらいに分けて濾したウエットの療養食をシリンジで強制的に給餌します。

最初はそれで嫌われて、全然そばに来てくれなくなってしまってとても悲しかったので、色々考えて試して、現在は部屋を決めて行っています。

するとイヤなことをされるのはその部屋だけと理解したようで、そこ以外のかあちゃんは好き♪に戻りました。よかったー。

2016090308.jpg

ケンは比較的やりやすいのですが、長女はるは抵抗がはげしくて、その度にこちらもクタクタになります。

そしてキッチンで準備を始めるともう勘付いて見えないところに隠れてしまいます。

でもはるは、愛すべきことに、呼んだらついお返事してしまうのです。

またはイヤ過ぎてつい独り言の文句を言ってしまう。

なのでせっかく隠れてもすぐ見つかってしまうのでした。

2016090307.jpg

コチ丸は穏やかな毎日を過ごしています。

最初の頃は私が出かける時は鳴いて追って来ましたが、今はあっさりリビングで見送ってくれます。

寝ころがったままの時もある!それはどうなのよ!

でも帰って来た時はとても喜んで踊ってくれるので、一緒に踊ります。

制止したらすぐにおりこうにすることもできるけど、普段どちらかというとポーカーフェイスなコチ丸が「わーい」とハジけることはそんなに多くないし、私もその姿を見るのが本当にうれしいのであえて彼の気が済むまで。意外と短いけど。

ひとしきりはしゃいだらにっこり笑いながら「うーん」と大きく伸びをして、そのまま腰を落として伏せになり、しばらくしっぽを振って笑顔で見上げてくれます。

2016090304.jpg

そしてコチ丸、意外とやきもち焼きです。

猫の強制給餌は私が床に正座の形で座り、脚の間に後ろ向きに猫をお座りさせてするのですが、それが始まるとすっとんで来て私の横にぴったりくっついてお座り、一生懸命首を突っ込んだり私の顔をなめてジャマをします。

「その子だけにかかりきりにならないで、ボクもかまって~」

強制給餌は猫の抵抗の勢いで部屋中飛び散ったウエットフードだらけになったりして気を抜けないのです。

従って私もコチ丸まで相手してあげられないのですが、気持ち的にはうれしい。

しかしながら残念ではございますが、させないようにしました。

2016090305.jpg

そういえばやめさせるには別の方法もありました。

現在我が家は外食はほぼ無くほとんど全部自炊です。

要領の悪い私はけっこう時間がかかり、また時間だけじゃなく、気が付くと思いのほか集中していた!ということがしょっちゅうです。

いっぺんに何品も平行して大量に作ったり、ストック分とか考えながら、いろいろあるのよ主婦は。けっこう必死です。

2016090302.jpg

するとコチ丸は、暑いし床も濡れていたりするキッチンにやって来て、私の足元にぺたっと寝そべります。

ジャマだし危ないよ。

他の時はそんなことしないのに、この時だけはくっつきたがります。

私があまりにキッチンワールドに集中しているので淋しくなるのかな。

2016090306.jpg

そんな時はコチ丸の前にちょっと座って「コチ丸はいい犬。大好き。」ということをごく短く、でも気持ちを込めて話します。

するとわかるんですねー。はっきりと理解した、満足した表情になります。

そして追い払ったりしなくても離れた涼しい場所に戻って行って、また好きなようにくつろぎ始めます。

いろんな性格の子がいて、それぞれに合った方法がありますが、コチ丸の場合はこんな日常です。

なんだか「太陽と北風」 のお話を思い出しました。

2016090303.jpg


来る9月19日(月・祝)15時から横浜市内でPEACE TAILS のパックウォーク譲渡会があります。

室内会場ではなかなか見ることの出来ない、保護犬たちの普段の姿にふれあうことができます。(歩きながら犬の様子を見たり、もちろん落ち着いて面会する時間も設けます。)

先住犬がいる場合は相性も見やすいので出来る限りお連れください。

2016090301.jpg

一般参加者さん(自分の犬と一緒に保護犬たちとパックウォークをしてみたいという方)も大歓迎です。

散歩の仕方や犬の心理の読み方を知りたいという方、また、日ごろお散歩に悩んでいるという方にとっては、目から鱗のヒント満載の1時間となるかもしれません。

お申込はこちらから。 →  PEACE TAILS

プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。