*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリムあらためポチ丸の近況と秋田犬たち
グリムあらためポチ丸の近況です。 この間は丹沢にハイキングに連れて行ってもらいました。

びっくり症は相変わらずで、トイレの後にケリケリっとしたら落ち葉の山に足を突っ込んで、その感触に飛び上がってびっくりしていたそうです。 一目散に逃げようとして、腰まで抜かして這いつくばっていたと。

102201.jpg

74頭崩壊現場出身の子達はどの子もほとんど例外なく恐がりです。 生まれてからずっとひどい環境に監禁されていたのだから、一朝一夕には治らないでしょう。

恐がりの子はちょっとしたきっかけでパニックになり、必死で逃げてしまうようです。 私が知っている限りでもこの現場だけで4頭脱走し、その内2頭は見つける前に事故で亡くなってしまいました。

102202.jpg
レインコート初体験。固まっ・・・

リードや首輪、ドアや窓の開閉など、どれほど気をつけてもやりすぎではありません。 保護犬はダブルリードがよりリスクが少ないです。 事故は他人事ではないと私は思っています。

t_unnamed[1] (4)


さて、現場といえば秋田犬たちの現場、そこには中型犬も多くいるそうです。 良かったらその子達がどんなにかわいいかを親ブログで見てみてください。

t_o0480064013104899151[1]

こんな荒れた場所でほとんどの子が繋がれっぱなしですが、性格はブレずに人懐こくて素直。 見た目はザ・雑種という感じであまり花が無いかもしれない。 でもご飯もろくに食べられていないのに、なお安定して良い子だなんて。

102205.jpg
「待ってた~🎵」笑顔でお出迎え。 でもそこは車道。 危ないです。

そんな生まれ持った健やかな宝物を持つ子と暮らしたら、本当に良かったと思う日がきっと来ますよ。

102206.jpg

医療費やフード代がいつでも不足しています。 里親さん・一時預かりさんも募集中です。 拡散や口コミだって協力のひとつです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。



スポンサーサイト
ハンモックカフェとドッグラン~グリム近況その2
毎日暑いですね。グリムあらためポチ丸は、山中湖に連れて行ってもらったそうです。ハンモックカフェとドッグラン。

t_081301.jpg

ロングリードとハーネスも買ってもらいました。とっても楽しそうに笑ってます。

t_081309.jpg

その時にポチ丸がハンモックカフェで出会った方がこのブログをわざわざ探して、以下のコメントをくださいました。

t_081304.jpg

「はじめまして。先週遊びに行った山中湖畔のカフェで、ポチ丸くんと交流させて頂いたトイプ2頭の母です。ポチ丸くんのなんともいえない魅力に引き寄せられて、お母さんともいろいろお話しさせて頂きました。

うちのジョイくんも元保護犬で、うちのコになって4年になります。 大事な大事な息子です。ポチ丸くんの雰囲気がうちに来たばかりの頃を思い出す感じもあり、胸がキュンとなりました。

ポチ丸くんのお母さんはワンズ交流写真を撮っていらしたので、ブログとかあるのかなと名前で検索したところこちらにスグ出会いました。そしてココニャンさんのブログも遡って拝見しました…。

ポチ丸くん、優しいご家族の中で、本当に味わい深い可愛いさを発散してて、すてきな出会いでした! 」

t_081310.jpg

コメントありがとうございました。本当にうれしかったです。ポチ丸が大切にしていただいて幸せなのもうれしいし、その幸せなポチ丸を見て、また誰かが保護犬たちの存在に関心を持って下さる過程をひとつ見ることができて。

口コミもボランティア活動です。こうやって少しずつでもいいから、たくさんの灯りが保護動物を照らすようになっていくといいな。 上のコメントにも出てきましたが、ココニャンさんのブログはこちらです。

「ココニャン一家の縁結び」
http://ameblo.jp/coconyanikkanoenmusubi/

ある行政施設の保護犬のお世話や引き出し活動をしています。グリムと同じおうち出身の子もいます。以下の子たちはそのほんの一部です。


t_081306.jpg
アルフィくん

081312.jpg
りゅうせいくん


t_081308.jpg
シンバくん


t_081311.jpg
なごみちゃん&ももちゃん


みんなすごくかわいいでしょう♪ 勝手な理由で捨てられてエアコンも無い部屋の狭い檻の中にいるのに人間大好きなまま、素直で明るいままでいる、強くて気高い心を持った子たちです。 

週に2回、お散歩ボランティアもあります。よかったらぜひリンクを覗いてみてください。 えーえーそりゃもう、ぜひぜひぜひ・・・




唐揚げ効果!? グリム近況です。
グリムあらためポチマルの里親様はちょっとしたエピソードや写真などををちょくちょく送ってくださいます。それをつなげてひとつにまとめてみました。

題して「唐揚げ効果」(命名里親様)。

072903.jpg

その日は鶏の唐揚げが献立でした。私が鶏肉とキャベツを切り始めたらポチマルは私の横にお座りして、じぃっと見上げ続けていました。 

そして私がちょっとだけはずした隙に、後ろ足で立ち上がり、アゴをテーブルにのせてお肉とキャベツを見つめていたそうです。揚げた唐揚げをお仏壇にお供えしておいたら、そこにも伸び上がってアゴをのせて見つめていたそうです…

2回とも目撃したのが息子だったので、次からは駄目って教えてねって言っておきました。その後ポチマルにはゆでた胸肉とキャベツを少しだけあげたら、喜んでばくばく食べていました。

072907.jpg

唐揚げはもちろん食べさせてないです。でも、唐揚げの日からなぜかポチマルは大胆になっていったのです。

まず1階全体がリラックス出来る場所になったらしく、嫌いで入りたがらなかった自分用の部屋にも自ら入り、寝場所の一つにするようになりました。さらに翌日からリビングに置いてあるハウスも寝場所の一つになりました。

072905.jpg

それまではハウスに入るのを凄く嫌がり、「ハウス」と言うと逃げ出し、リードを引いて連れて行っても無理やりじゃないと入りませんでした。

なので、1週間ほど冷却期間をおいたのち、おやつをハウスであげるようにしていたのですが、それでも毎回1回目は入るのを嫌がっていました。

なのに…あの日から、家族の誰かがリビングで何か食べ始めると、近くに来てお座りして、じっとみつめてアピールしたのちに、ハウスに入って、おやつ待ちをするように!!

072906.jpg

ご飯後やお水の交換でポチマルのお皿を運んでいるといそいそとついてきたり、そのお皿を置くとおかわりが入っていないか確認しに行ったりしています。 時には走って。

何かを食べている夢をみるようになったらしく、眠りながらクチャペチャ音をたてて口を動かしたりしています。ご飯やおやつをほしいとか、散歩に行きたいとアピールするようにもなりました。

072908.jpg

先日、夜の散歩中に近所で花火大会が始まり、その爆音に驚いて、いつもならもっと歩きたくて帰りたがらない家路をその日は大急ぎ、超早足で帰りました。 そして家に入った後はこわごわ窓の外を偵察していました。

072901.jpg

それともうひとつ、ある晩夜道で突然腰を抜かし、飛び退って逃げようとしました。 誰もいないし、理由がわからなくて困ったのですが、よくよく見たら低い位置に貼ってあった議員さんのポスターでした。

かわいそうでしたが笑ってしまいました。確かにこんなにでっかく引き伸ばされた顔で、しかも熱いメッセージを伝えようとするわざとらしい表情!! そりゃ怖いよね~って思いました。

072904.jpg

こんな感じのお便りです。

家族の風景が目に浮かんで楽しくなってしまいます。グリムは我が家にいる時は食べ物には全然執着がありませんでした。それなりにリラックスはしてくれていましたが、でもやはりなにか遠慮がちで、ここが仮の家であるということをどこかで理解していた気がするのです。

でも本当のおうちに行って、きっと安心して食欲が出たのかな。写真を見ても幸せなのが伝わってきますね。

里親様、いつも本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

072902.jpg

グリムの仲間たちが愛護センターの檻の中で新しい飼い主さんを待っています。 良い子ばかりです。 よかったら以下もご覧ください。

http://ameblo.jp/coconyanikkanoenmusubi/



グリム改めぽちまるです!
グリムをお届けしてきました。あ、新しい名前はぽちまるです。

071203.jpg

空気の良い場所にある広いおうちで、ご夫妻と大学生のお姉さん、中学生のお兄さんがいるご家庭です。

初めてお問い合わせをくださった時からグリムをご希望されるお気持ちが大変強かった、暖かくて仲の良いご家族です。

朝の到着。暑くなる前にすぐにお散歩レッスンへ出発です。くまこ先生のアドバイスを受けながら、お母さんお父さんとグリム、がんばります。

071201.jpg

家に戻ったらグリム、さっさとリビングに横たわってお姉さんのそばで寛いでました!そしてそのうちすやすや・・・到着間もなくでもうこんなに馴染んでる! お姉さんは素直で優しい本当に素敵な女の子でした。 寄り添っている姿は初対面なのに波長がぴったりに見えました。 きっと親友になるんじゃないかな。

071202.jpg

お母さんからメッセージをいただきました。

「もう昔っから我が家にいて当たり前の家族という気がして、違和感を全く感じません。
 これからお互いに、いっぱい、いっぱい喜び合っていきたいと思います。
 グリムに沢山の愛情をかけて頂いて、ありがとうございました。」

071204.jpg

まだ駆け出しぴよぴよの私にとって、子猫3匹が同時進行だったこともあり、預かりと里親さん探しは一言で言うと、心身ともに過酷でした。

ただね、やってみてわかったんですよ。

例えば災害のつらいニュースが流れた時などに、「後悔無いように一日一日を大切に生きなくては。」と思います。でも正直、その後にそうしていたかというと、たぶん私はしていなかった。

だけどあくまでも私の場合の話ですが、この預かりの期間中はそれができた気がするのです。

預かりと飼い主は立場が違います。それをわきまえて犬に接する必要があるし、それでもその子を大好きな気持ちは同じです。そして言い方は極端ですが、その大好きな子との別れを目標に進んでいかなくてはなりません。

その子の命と一生の行方を預かるのだから失敗は許されない、自分の大好きな子を絶対に幸せな場所に送り出すというはっきりしたゴールがあり、何度つまづいても立ち上がってそこに向かって力を尽くす、そして一緒に過ごせる短い日々を精一杯愛しむ毎日でした。

071206.jpg

気づいたらその一日一日が全部大事な宝物になって心の中に残っていました。 けっこうしんどかったはずなのに、楽しかったことしか覚えてないよ。グリム。

そしてこれは私ひとりででき得たことではなく、一緒にがんばってくれた家族、応援してくれた人達、いつも私のお手本のボランティア先輩の皆さん、それぞれの子の里親様達あってのことです。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

残るは2号と3号、里親さんは決まっていますが、卒業はもう少し先になりますのでまた様子をお届けする予定です。

2ヶ月半ぶりにお散歩が無い夕方は、ここのところ一番の夕焼け空でした。

071207.jpg



グリムと天使
台風一過は猛暑でしたね。 そしてグリムの里親さんが決まりました。決まるまでにはいろいろあったのですが、とうとう終の住みかを得たグリム。 お引越しはもうすぐです。

071103.jpg

グリムは私たち家族にとって初めての預かり犬です。正直言うとうちに来てからすぐに、里子に出したくない気持ちが強くなってしまい、毎日揺れていました。

でもうちは経済的に余裕がある方ではないので、面倒を見られる数は限られています。つまりグリムを残すということは、そこで次に預かるための空室は無くなるということになります。

071104.jpg

私が時々お手伝いをしている動物愛護センターや関連のネットワークには預かり場所が必要な犬猫がたくさんいます。 なので、「預かる→家庭犬として人に慣らし、しつけをする→里親さんを見つけて譲渡」とする方がより多くの犬猫を助けることができるのですねー。もちろんサイクルは早いほど理想的。

私は性格にちょっと感傷的すぎる部分があり、常々それがボランティアをするのに邪魔だと思ってきました。はっきり言って感傷なんてなんの役にもたたない。自分の気持ちが無駄に苦しい上に必要な事の進行が滞る。グリムをなかなか募集開始できなかったのもそのせいと言えます。

もっと良い意味でいろんなことを割り切って、淡々と進める必要がある。そのためにハートをもっと鍛えなくてはといつもいつも思ってきました。 

071107.jpg

昨日ちょっと不思議なことがありました。 台風が近づいてきたのでグリムの夕方のお散歩をいつもより早めに出かけました。 それでももうけっこう風が出てきていたせいか、周りにほかの人の姿は無く、貸切のような森の散歩道を歩いていました。前々日に1号が卒業し、近日中にグリムの卒業を控えて、なんだか淋しい気持ちでした。

すると向かいからラブラドールとテリア系ミックスの2頭を連れた女性がやってきました。そしてグリムを見るとぱっと笑顔になって「その子、保護犬ですか?」と聞いてきました。そのまま少しお話すると、ご自身は歴代8頭の保護犬を引き取られ、看取ってこられたそうです。

「だからもうね、死ぬのも恐くない。よく死んじゃうの悲しいから飼いたくないって言う人いるけど、そんなのもったいないわね。犬と暮らすって毎日たくさんの宝物をもらってることだし、冷たいコンクリートの上じゃなくてみんなおうちで抱っこして幸せに看取ってやりたいわよね。」とおっしゃいました。

071105.jpg

50歳台後半ぐらいかな。ショートカットでおしゃれで、きれいに陽に焼けた上品な美人で、心の強さと優しさ、生きてることを楽しんでる感で顔がぱあっと輝いて見える方でした。

そしてグリムが近々卒業すると言ったら、まっすぐに私を見て「最初に預かった子を里子に出す踏ん切りをつけられるかどうかでその人のその後の生き方が決まるって言いますよ。」とおっしゃり、笑顔で去って行かれました。

071102.jpg

お名前も伺わずにお別れしたのですが、毎日朝晩お散歩しているのに今まで一度も会ったことがない。周りに誰もいない嵐の森に忽然と現れて今の私にとても必要な言葉をくれた女性。また会いたいな。ああ~連絡先を聞いておけばよかった。でももしかしたらダメな私に一度だけ喝を入れに来てくれた天使だったのかもしれないなとかちらっと思ったのでした。



プロフィール

lohamakegu

Author:lohamakegu
犬猫の預かりと里親探しボランティアをしています。

現在募集中の子:今はいません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。